「頑張って、ミスターキム」第124話最終回

いよいよ、最後のレビューになりました・・・な124話です。

ミスターキム124話
ミスターキム124話
ミスターキム124話
ミスターキム124話
ミスターキム124話
ミスターキム124話
ミスターキム124話
ミスターキム124話
ミスターキム124話
ミスターキム124話
ミスターキム124話
ミスターキム124話
124-13.jpg
124-14.jpg
ミスターキム124話
ミスターキム124話

【第124話あらすじ】
ホギョンからウギョンが外国へ行くと聞いたテピョンは衝撃を受ける。ヘスクはアメリカへ戻るというゴヌクに衝撃を受るが、テピョンはゴヌクについていくようにと言う。ウギョンの携帯を子供たちから受け取ったテピョンは携帯にメッセージを残す。ゴヌクが去り、ウギョンが去り1年の月日が流れた。テピョンは夢だった入居掃除の事務所を立ち上げ、ギョンスル一家に祝福され、ホギョンとも親しく過ごしていた。ヘスク夫婦はゴヌクの元へ旅立つ前に、テピョンにあいさつに訪れる。帰国したウギョンだがテピョンへの気持ちは整理できず、テピョンに返したウギョンの携帯にテピョンからのメッセージが入っていると聞き揺れる。そんなふたりの思いを知ったホギョンと子供たちは偶然を装って桜のもとふたりを再会させる。そして、ふたりはまた並んで歩きだす・・・

本当に、本当に終わっちゃいましたね。
一晩たってレビューを書きつつ、思いだし泣きできそう

テピョンはウギョンが外国へ行くと聞いて、いてもたってもいられず外に出ると、
家の前の公園には同じくゴヌクが海外へ行くと聞いて落ち込んだヘスクが。
ヘスクに「今、本当にオンマが必要なのはゴヌクさんだ。
うちの子供たちが僕が必要なように。だからついていくべき
」って。
テピョンだって、やっと会えたオンマなのにね

ウギョンはテピョンからもらった携帯を子供たちに託したんだけど、
テピョンは会えないのはわかってて、ウギョンの家へ。
ウギョンは聞くはずないのに、携帯に留守電を残して。
ウギョンが韓国を発った後もウギョンの携帯に留守電を残したテピョン。
そんなテピョンの思いを知ったヒレはホギョンに相談しました。
帰国したウギョンがまだ、テピョンを思ってるって気づいたホギョンも
なんとかふたりをって思ってて。

サングクもウギョンの様子を見て、そのことはわかってる。
ホギョンのために、テピョンと子供達がどれだけ力になってくれたか、
そのことにもわかってるサングクだから、
ホギョンに言われて、うっすらと笑顔を浮かべてました。

ヘスクはゴヌクの元へ夫婦で旅立つ前にテピョンに会いに来るんだけど、
「一度、抱きしめてもいい?」と言って、お互い抱き合って。
今までのすべてのわだかまりがなくなるようでいいシーンでした

テピョンのお見合いシーンは「ヒミキム」らしいシーンでした。
テピョンってば、子供のことを聞かれてアッパの顔全開(笑)
子供の自慢話になっちゃって、相手にひかれちゃいました
なんか、最初もテーストはこんなだったよねって。そんなシーンでした。

ホギョンに誘われて、桜を見に出かけたウギョン。
子供たちに誘われて、桜を見に出かけたテピョン。
子供たちの策略ですけど、運命のように再会します
動揺したウギョンはその場を離れようとするけど、
テピョンは「先生、お花見しましょう。春だから」って
そのテピョンの一言で、ふたりに春が来たようです
桜並木の下を並んで歩くシーン、本当にきれいでした

エンドロールでは、撮影風景が流れましたが、
最後の撮影の時の記念写真もありました
子供たちと並んだドンワンの姿、改めてお疲れ様って言いたくなりました。

レビューを書き始めて124話。途中で追いつけなくなると思っていましたが、
なんとか最後まで書くことができました
それもこれも、全てドラマが面白かったからこそ
いいドラマと出会わせてくれたドンワンに感謝です
お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました

さぁ、いよいよシナ11集活動の始まりですよ


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト

「頑張って、ミスターキム」第123話

テピョンとウギョンに別れの時が・・・な123話です。

ミスターキム123話
ミスターキム123話
ミスターキム123話
ミスターキム123話
ミスターキム123話
ミスターキム123話
ミスターキム123話


【第123話あらすじ】
ヒレとホギョンが美術館で会う姿を見たサングクに、ウギョンはヒレのおかげでホギョンがまた外に出る決心をしたという話を伝える。ホギョンを助けたいというヒレのためにサングクに頭を下げて、ヒレとホギョンが会う許しを得たテピョンだったが、代わりにウギョンに二度と会わないと約束する。一方、ヘスクを解任しようとしたゴヌクは自らゴヌクに代表の地位を渡すというヘスクの姿を見て後悔する。そんなゴヌクにチェサンは全てを整理して一緒に去ろうと話す。サングクと会ったことをウギョンに伝えたテピョン。ふたりに訪れた本当の別れに雨の中で立ち尽くす。気持ちを整理するため、ウギョンはオーストラリアへ旅立つことを決意する。

(参考:「頑張って、ミスターキム」番組HP)

すでに別れを決めていたテピョンとウギョン。
それでも、お互いに支えが必要なときにはよりかかってきたけど、
ついに、そんな2人にも本当の別れの時が訪れます。
ホギョンを助けたいというヒレのために、ウギョンと会わないことを約束し、
サングクから承諾を取り付けたテピョン。
その話をウギョンにも伝えて、別れたふたりは雨の中に立ち尽くして
このシーン、ほんとに、ほんとに泣けて。思いだし泣きできる
ふたりは自分たちの気持ちよりも家族を取りました。
そんなふたりだから、お互いに惹かれたんでしょう。

美術館でヒレと会ったホギョンの心は変り始めています。
ヒレとテピョンが、どんなに勇気を出して自分に会いに来たんだろうって。
自分のふたりのように勇気を出したいって。
そんなホギョンの言葉を聞いたサングクこ心にも変化が。

テピョンへの気持ちを整理するために、海外へ行くと言いウギョン
そんなウギョンにサングクはテピョンのために行くのかと問うけど、
ウギョンは自分のために行くって。前向きになるために。
そんなウギョンにサングクは「すまない」って
結局、ウギョンとテピョンが一番、つらい思いをすることになって。
サングクの心も時間がたてば、もっと変わるはず。
きっと、最後にはふたりの気持ちをわかってくれると信じられる、
そんな優しいアッパの顔でした。

ウギョンがここを去るとホギョンから連絡を受けたテピョン。
思ってもいなかったことに驚いた表情で123話は終わりました。
今夜はついに124話、最終回です。別れのあとの展開に注目ですね
124話、ずっと見守ってきたテピョンの最後をしっかり見届けたいと思います


さらんはぬん Dongwan

「頑張って、ミスターキム」第122話

ちょっと霧が晴れてきそうな展開に・・・な122話です。

ミスターキム122話

【第123話あらすじ】
テピョンはソンアが自分のために準備してくれたサプライズに感動して、子供達と一緒にソンアの荷物を片付けながら別れる準備をする。翌日、ソンアを送って寂しくなったテピョンはソンアに頼まれたもの渡すため、ウギョンに会うい、テピョンを心配して駆けつけたウギョンに慰められる。一方、ヘスクはチェサンからゴヌクが自分を追い出そうとしているという事実を聞いて、自分がゴヌクに与えた傷を思いながら心を痛める。ヒレはホギョンのブログにソンアが行ってしまったこと、美術館へ行こうと思っていることを書き込む。ホギョンはウギョンと一緒に美術館へ出かけるが、そこにはヒレが待っていて・・・

(参考:「頑張って、ミスターキム」番組HP)

過去にとらわれ、自分を悲観しているホギョンを救ったのは、
ホギョンを不幸にした本人、キムテジンの娘ヒレでした
ヨンジに美術館に誘われ、たくさんパンフレットをもらったヒレは、
ホギョンのことを思い出して切なくなるんですけど、
ジュソンがホギョンのブログに書き込んだろって言って。
その書き込みを見たホギョンは美術館に行ってみたいてウギョンを誘い、
ハルモニもアッパも大喜びで送り出して。
待っていたので、ヒレでした。ヒレとホギョンには運命のようなものが感じられます
ふたりの再会がみんなを幸せな方向へ導いてくれそうです

ソンアを送り出すシーン。前日に続き泣けました
あれだけテピョンたちをよく思ってなかったミョンガンたちも、
みんな優しい顔で送り出してくれて。いいシーンでした。
テピョンはバスターミナルまでふたり送って最後の別れ
笑顔で別れるはずだったけど、我慢できなかったソンアがテピョンに抱きついて。
テピョンはソンアに「アッパの娘になってくれてありがとう」って
テピョン~~~~~~~~ 号泣でした

ソンアがテピョンを思って託していったウギョンへのプレゼント。
中身は小銭で「つらい時はゲームセンターで遊んで」って
ソンアらしい可愛い気遣いがたまりません。
テピョンのつらそうな姿に思わず手を握るウギョンだったけど、
ふたりとも一緒にいることができない現実がわかってるから、もっとつらくて
苦しむふたりを見ているホギョンもつらい

ゴヌクをどれだけ傷つけてきたか、今更ながら悟ったヘスク。
後悔しても、その時間は戻ってきません
テピョンと出会わなかったら、ゴヌクの傷にさえ気づかなかっただろうな。
懸命に生きるテピョンとの出会いがみんなの人生を変えていったようです。

残り2話となった「頑張って、ミスターキム」ですが、
テピョンや子供たちの笑顔があふれる最終回になるように祈りつつ、
ラス前の123話も見逃せません。今夜も楽しみです


さらんはぬん Dongwan

「頑張って、ミスターキム」第121話

ソンアヤ~~~~ 今までで一番泣けた121話です。

ミスターキム121話
ミスターキム121話
ミスターキム121話
ミスターキム121話
ミスターキム121話
ミスターキム121話
ミスターキム121話
ミスターキム121話


【第121話あらすじ】
テピョンを許してくれと言ってサングクの前でひざまずいたヘスクを見たゴヌクは血のつながりがそんなに大事かと激怒。そんなゴヌクを見てヘスク切なくなる。腹立ちまぎれにお酒を飲んだゴヌクはテピョンを呼び出す。酔っぱらったゴヌクを送って行ったテピョンはオンマのために傷ついたゴヌクに関心を持ってあげるように忠告する。一方、テピョンとヒレのために残ると決めたソンアだったが、ソンアの気持ちを知ったテピョンに諭されオンマの元を行くことを決める。ソンアを送り出す前の夜、ソンアに頼まれ一緒にウギョンに会うテピョン。ソンアはテピョンにサプライズでプレゼントを渡す。

(参考:「頑張って、ミスターキム」番組HP)

ほんとに、ほんとに、朝起きたら目が腫れるくらいに泣いた
だって、だって、可愛いマンネがテピョンの元を離れるなんて
ソンアはテピョンとヒレがツラい時に自分だけ幸せになれないって、
ふたりのもとに残ることを決めたんだけど、我慢してるのを知ったテピョンは
ソンアが幸せならアッパはもっと幸せだよ」って
わ~~~~~~~~~ ソンア~~~~~~~~~

ソンアは最後にあいさつしたいって、ウギョンに会いに行くんだけど、
子供心にテピョンとウギョンが上手く行ったらいいなって思ってる
テピョンもウギョンもお互い好きだから、会えば気持ちが複雑で。

自分のことを見てくれないオンマのことで激怒したゴヌク。
ヤケ酒飲みながら、テピョンを呼び出し嫌味を言うんだけど、
ふたりとも母親の愛情に恵まれずにそだったという境遇は一緒。
考え方が全く違うから、相容れることはないかもだけど、
漢江でふたりで飲んでるシーンには、ちょっとホッとしました

ソンアを送り出すことを決めたテピョン。
ソンアからサプライズプレゼントに可愛いマスクを貰いました。
いつもアッパがソンアにマスクをくれたから、仕事の時にしてねって
ソンアを抱きしめるテピョンの涙をこらえた笑顔

今夜の122話、ソンアを送り出したテピョンが心配ですけど、
ひとりじゃないから、きっと立ち直ってくれるはず

残り3話です。 頑張れ、ミスターキム


さらんはぬん Dongwan

「頑張って、ミスターキム」第120話

テピョンもウギョンもホギョンもサングクも、みんながツライ120話です。

ミスターキム120話
ミスターキム120話
ミスターキム120話
ミスターキム120話
ミスターキム120話
ミスターキム120話
ミスターキム120話


【第120話あらすじ】
ホギョンを助けてられないかと言うサングクの頼みに耐えられず、ホギョンにけがをさせた人が自分の兄キム・テジンだと明かしたテピョン。最後にホギョンを尋ねて自分の兄のせいでホギョンの人生がこれ以上壊れないことを望むという心を吐露する。帰りにウギョンと鉢合わせたテピョンは最後の出会いの時間を持つ。体調がが悪くなったチェサンを病院に入院させたゴヌクはヘスクにすべてのことを奪ってやると宣言する。ホギョンの事件を知っているのが誰なのか知ったサングクはヘスクとゴヌクを呼びだす。サングクに土下座してテピョンのために許しをこうヘスクの姿にゴヌクは衝撃を受ける。

(参考:「頑張って、ミスターキム」番組HP)

ついにサングクにも知られ、テピョンをめぐる事態は悪化の一歩。
サングクはホギョンのことで、テピョンのことを見直してたとこだっただけに、
本当にショックが大きかったようで、ひとりでお酒まで飲んで。
自分も傷ついてるのに、会長とヒョンに気を使ってあげてってウギョンに言うテピョン。
こんな誠実な人がどうして幸せになれないんだろう・・・

テピョンがいいことをすればするほど、惨めになっていくゴヌク。
母親を取られ、ウギョンを取られ、テピョンとヘスクへの恨みだけで、
生きてるような状況のゴヌクだから、全く周りが見えなくなってる。
ゴヌクが救われないとテピョンも幸せになれないよ。

ソンアがすぐにオンマの元へいけないことになって、
テピョンの前では強がってるけど、こっそり泣きながら電話してて。
それを見てしまったテピョンはほんとに切ない表情してたなぁ
自分のせいで子供たちにつらい思いをさせてることは、テピョンには耐え難いだろうし。

残り4話となったけど、状況は一向に改善されず。
これで、ハッピーエンドになってくれるんだろうかと心配です。
昨日UPされた最後の撮影の写真を見る限り、前向きなラストになると信じて。

残り4話 頑張れ、ミスターキム


さらんはぬん Dongwan