FC2ブログ








エリック、秋のドラマに出演確定!!

エリックの新ドラマへの出演が決定しました
10月スタートのMBC「私を愛したスパイ」に出演決定です

ムン・ジョンヒョク×ユ・インナ×イム・ジュファン、「私を愛したスパイ」出演確定。10月初回放送

エリック

「私を愛したスパイ」が今年10月の編成とムン・ジョンヒョク、ユ・インナ、イム・ジュファン、主演俳優3人のキャスティングを確定し、ピリピリとときめく「ロマンチック諜報もの」の誕生が始動した。

MBCの新ドラマ「私を愛したスパイ」(脚本イ・ジミン、演出イ・ジェジン)は、秘密の多い2人の夫とスパイ合戦に巻き込まれた1人の女のスリル満点のシークレット・ロマンチックコメディーで、絶対に共にできない3人の男女の息が詰まるスパイ戦が、笑いとピリピリとしたときめきを届ける予定だ。 ドラマ「ザ・バンカー」「私の娘クム・サウォル」などで感覚的な演出を披露したイ・ジェジン監督がメガホンを取り、台本はイ・ジミン作家が担当する。 特に映画「南山の部長たち」「天文:空に埋まる」「密偵」など大ヒット作を生み出したイ・ジミン作家の初ドラマという点で注目が集まっている。

主演俳優3人に対するキャスティングも確定した。 まず、「ロコキング」ムン・ジョンヒョクの帰還が期待感に火をつける。 ムン・ジョンヒョクはカン・アルム(ユ・インナ)の最初の夫であり、インターポール秘密要員のチョン・ジフンに変身する。 どこに飛ぶかわからないは図々しさはもちろん、優しい笑顔にカリスマ性まで。 「世界のフリーパス」の魅力をフルに装着した彼の正体は、旅行作家を装った生計型スパイだ。 運命のように出会ったアルムと紆余曲折の末離婚したが、予期せぬ事件に巻き込まれて再会する。 ドラマ「また、オ・ヘヨン」「恋愛の発見」などロマンチックコメディージャンルごとに光を放ったムン・ジョンヒョクが、またどんな「人生ロコ」を作るのか期待が大きい。 ムン・ジョンヒョクは『良い作品に参加できて嬉しい。 呼吸を合わせる俳優と良い演技をお見せしたい』と意気込みを語った。

自他共に認める「ケミの女神」のユ・インナは、秘密を持つ2人の男性と結婚したウェディングドレスデザイナーのカン・アルムに扮する。 秘密警察である前夫のチョン・ジフンと産業スパイの現夫のデレク・ヒョン(イム・ジュファン)、甘くて殺伐な秘密を持った彼らと絡み合い、意外な情報肉弾戦に飛び込むことになる。 カン・アルムは特有の愉快でラブリーな面貌から、スパイ体質であるガールクラッシュの魅力まで多彩に表現する予定だ。 ドラマ「トッケビ」、「仁顕王后の男」などを通して自分だけの色を見せて大きな愛を受けてきたユ・インナの変身が期待される。 ユ・インナは『情熱と魅力溢れるカン・アルム役で挨拶することになり嬉しく、お見せできる話が豊かなキャラクターなだけに、特別なロマンスが繰り広げられるものと期待している」とし、「視聴者の皆さんが一緒に楽しめるように努力したい」と話した。

毎作品、独歩的な存在感を見せてくれたイム・ジュファンは、カン・アルムのロマンチックな二番目の夫であり、冷徹な産業スパイデリック・ヒョンを演じる。 明晰な頭脳とジェントルな微笑みを浮かべているが、裏には強靭な勝負欲と冷たさが隠れている。 外交公務員になりすましたデレク・ヒョンは、カン・アルムには限りなく甘い夫だが、ビジネスのためならどんな行動も躊躇しない人物。 愛は本気だが、前夫のチョン・ジフンがそうであるように、自分の正体を明かすことはできない。 秘密警察のチョン・ジフンが登場し、彼が完璧に構築した世界が揺れ始める。イム・ジュファンは特有の柔らかさと鋭さを乗り越えながら、2つの顔を持つデレク・ヒョンの魅力を倍加させる予定で注目される。

3人の男女のギリギリのシークレット・ロマンチックコメディー「私を愛したスパイ」は、派手なアクションはもちろん、反転のシークレットとスペクタクルな楽しさまで加わり、今まで見たことのない異色のときめきを演出するものとみられる。 10月に放送される予定。

【OSEN 2020.06.22】

エリックがスパイですよ、しかもインターポールって
アクションもあるって言うし、でも刑事さんとは違うから、
普段は旅行作家なわけですよね。ギャップ萌え

エリックがスパイなんて、かっこいいに決まってますよね
これは「ユビョルナ!ムンシェフ」に続いて、
ハラハラドキドキしながら、目が離せなくなるドラマですね

1年に2度も俳優ムン・ジョンヒョクに会えるとは
楽しみな「私を愛したスパイ」は10月放送です


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2020/06/22 17:54 ] 私を愛したスパイ | TB(0) | CM(0)