fc2ブログ








「長い一日」キムドンワンインタビュー②

昨日UPしたインタビュー①の続きです。

【インタビュー②】キムドンワン「加平生活で強迫症、不眠症の薬を断つ」

「真のキャラは神話キムドンワン、 演技や歌う時にじんとする」

ドンワン長い一日
キムドンワンは「ソウルを離れ加平で生活しながら、強迫症や不眠症の薬を止めた」と話した。 提供|ハジュンサ

1998年、グループ神話のメンバーとして芸能界に足を踏み入れたキムドンワン。

キムドンワンは演技の魅力を尋ねると「『天国の子供たち』の時には私を投影させた。 怒る時は誰かと戦ったことを考えたりしたが、ある時は憑依されたようにその人になる戦慄のようなものが感じられる時がある。 舞台で観客を見る時に感じる戦慄もあるが、多くの目のようなカメラの前で演技する時に感じる戦慄もある。 とても魅力がある。 自分がその人になり相手もその人になり、カ私たちが全く違う人をカメラの前で演じるじゃないか」と語った。

続いて「わたしはエクストリームスポーツが好きだ。 エクストリームスポーツは死線を歩くという。 いつでも死ぬことができる。 そのため、保険もほとんどダメだ。 しばらくエクストリームスポーツにはまっていたが、自分の仕事ほどのエクストリームはないと思う。 芸能人たちは薄い氷を歩くと思う。 演技して歌う瞬間がそれだけ刺激的だ。 最近はエクストリームスポーツをしない。 自分の人生がエクストリームだと思う。 そんな魅力がある」と説明した。

現在、ソウルを離れ加平に住んでいるキムドンワンは、加平での生活を通じて強迫観念や不眠症の薬を断ち切ることができたと打ち明けた。

加平での生活については「自ら集中できる環境」で「自ら対話をしているうちに突拍子もないことをするが、何かをしなければならないときに集中できるようになるようだ。 強迫症、不眠症があったが、薬を止めた。 加平生活を続ける」と話した。

それとともに「初め、加平に来る前に地方で生活した。 私はこれ以上芸能人をしていてはいけないという考えだった。 その時が39歳だったのに、芸能人の寿命が尽きたようだった。 こんなエネルギーで人前に立つことに意味がないと思っていたが、地方生活をしながら早く治癒した。 ソウルで生活すればそんな状態になると思うので、もうできないと思う」と説明した。

ドンワン長い一日
キムドンワンが自身の真のキャラは「神話キムドンワン」と語り、新年のコンサートを願った。 提供|ハジュンサ

多方面で活動中の彼は真のキャラは「神話のキムドンワン」とし「コンサートをしたい」という願いを伝えた。

キムドンワンは神話のメンバーたちが家庭を築いているが、寂しくないかという質問に「秋夕(陰暦8月15日の節句)のとき寂しかった。 みんな約束があった」とし「家庭を築いた友達をまだそんなにうらやましくないが、子供ができたらうらやましいと思う。 今は彼女と一緒に過ごしているのと似ているんじゃないかと思う。 彼らが子どもの写真を載せるとしたら、私には子供ができるかなとうらやましい」と答えた。

最後に彼は22年の新年の計画を尋ねると「コロナで太った5キロを減量しようと思う。 昨年は酒をたくさん飲んだ。 正気では堪え難い1年だった。 食べることでストレスをたくさん解消してくれた体に感謝する。 むちゃくちゃに過ごしたようなので健康管理もして演技者らしい, 芸能人らしい姿を見せてあげたい。できれば神話であれ個人であれコンサートをしたいが、それは状況を見なければならない。 そんな夢がある。 2022年にはきちんと活動するつもりだ。わたしはいつも70-80しかできない癖があるが、手遅れになる前にまともな姿を見せたい」と決意を語った。

【毎日経済 2022.01.07】

色んな方面で活動していドンワンだけど、
自分の真の姿、もととなるのは神話のキムドンワンだと、
はっきり言いきっているのが、うれしいですね

色んなことに挑戦しているドンワンだけど、
根幹はシナで、シナのキムドンワンだからこそ、
新しいことにも挑戦できるのかもしれませんね


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2022/01/09 12:09 ] 長い一日 | TB(0) | CM(0)

「長い一日」キムドンワンインタビュー①

ドンワンのインタビュー記事を訳してみました
②もあるので、まずは①を載せますね

【インタビュー①】「長い一日」キムドンワン
「チョ・ソンギュ監督にたくさん学んで、短編演出デビューを夢見る」


「ナム・ボラ、必ずまた演技してみたい同僚」

ドンワン長い一日
キムドンワンはストーリーに引かれて「長い一日」に出演したと明かした。 提供|ハジュンサ

俳優キムドンワン(42)がオムニバス映画「長い一日」を手に今年の冬、劇場街を訪れた。

ハワイ国際映画祭に招待された「長い一日」(監督チョ・ソンギュ)は夢のような一日を偶然にさまようことになり、出会って別れる男女の物語を描く。 キムドンワンをはじめ、ナム・ボラ、シン・ソユル、チョン・ヨンジュらが出演し、一本の小説のように4つの物語が謎のように展開される。 キムドンワンは、劇中の最初の物語で小説家のヒョンス役を引き受け熱演した。 キムドンワンはチョソンギュ監督と「ある人の夢」に続き、「長い一日」で再び呼吸を合わせた。

キムドンワンは出演のきっかけを尋ねると「チョ・ソンギュ監督といろんな作品をやってきた。 オムニバスの中で、自分の話に惹かれた。 ファンタジーが加味されているが、いろいろな結末があり得る話だ。 チョ・ソンギュ監督のシナリオは、素朴で日常的な台詞が多くて良い。 監督が一緒にやろうと提案すると、やる派」とし「監督との作業自体がいつも面白い。 そのため、特異で難しくなければ一緒にする」と述べた。

続いて「チョ・ソンギュ監督は周辺の些細な話を映画化する能力が優れていると思う。 演技をしに行ったが、演出者の姿や監督を見ながら密かに勉強しに行った」と冗談を言いながら「来年ごろ短編映画デビューを夢見て現場に行くのが好きだったようだ。 3~5分程度の短編で長いわけではない。 芸能人が自分の話をする方法がいろいろある。 SNSをしたり、音楽や映像ですることもある。 チョ・ソンギュ監督も自分の話を試してみろと大きな勇気を与えてくれた」と説明した。

また、キムドンワンは「チョ・ソンギュ監督は製作者でもあり、フリープロダクションにも長けている。 現実的にどのように、いくらだけの予算で映画を作るかを考えながらする。 普通は製作者と演出者が違うが、監督がすべてされるのでいろんな話ができて、会うことそのものが楽しい」とチョ・ソンギュ監督への尊敬と信頼を表した。

ドンワン長い一日
キムドンワンが「長い一日」で呼吸を合わせたナム・ボラを褒めた。 提供|ハジュンサ

キムドンワンは「長い一日」のヒョンスのキャラクターについて「監督が私を演じればいいと言っていた。 完璧に研究してやる時もあるが、即興演技のように時には台詞だけ完璧に熟知して現場で私に任せるのも方法だ。今回はそうした」とし「ドラマの中でナム・ボラと会話するシーンが長くくあったがテンポ感がなく流れると退屈になることもあるので気を遣った。 ナム・ボラがテンポよくセリフを言ってくれて、よく撮れたと思う。 男女が関心を表現する時、質問が続かないんじゃないか。 そんな感じがレストランの対話シーンを通じてよく出たようで、気に入っている」と話した。

また、ナム・ボラに対する称賛を惜しまず「幼い顔で私とよく合うだろうかと思ったが、監督の言葉通り、一番上の兄と下の妹のような感じでよく合うと思う。 本当に基本的な物腰もいいし、演技もいいし、また必ず演技をしてみたい同僚だ。 演技する時、慎重かつ細密に分析していた。 演技のパートナーとして立派な人」と褒め称えた。

江陵での撮影はどうだったのだろうか。 彼は「忙しい中で撮った。 気持ちとしては江陵で遊びながら地域と親しくなり、撮影する人たちと親しくなりたかったが、そんな余裕がなかった。 稲妻で豆を揚げて食べてきた」とし「そんな感じが適切に結果物として受け入れられた」と満足げだった。

キムドンワンはオムニバス映画で分量が残念なのではないかという質問に「すべての俳優がそうだと思う。 分量は重要ではない」とし「冬の風のように感じてほしい。 冬の風は冷たいが、気分によって涼しい時があるのではないか。 私達の映画は全般的な話は突拍子もないが、ときめきを持っている。 初々しいときめきを感じてほしい」と関心と愛情を求めた。(インタビュー②に続く)

【毎日経済 2022.010.7】

ドンワンのチョ・ソンギュ監督へのリスペクト
とっても感じられるインタビューですね

ある人の夢」も大きな陰謀があるわけでもなく、
命をかけるような恋愛ものでもないし、
目が離せないアクションがあるわけでもないけど、
身近にいそうな人たちの物語が
こころを暖かくしてくれる、そんな映画でしたよね。

チョ・ソンギュ監督との出会いが演技者としてだけではなく、
製作者キムドンワンと出逢うきっかけをくれるようです。

インタビュー②も別途アップしますね


さらんはぬん Dongwan
[ 2022/01/08 23:57 ] 長い一日 | TB(0) | CM(0)

映画「長い一日」インタビュー記事

オムニバス映画「長い一日」の公開に合わせて、
ドンワンのインタビュー記事が上がりました

キムドンワン「加平生活で強迫観念を治癒…」来年短編映画演出」 [★FULLインタビュー]
映画「長い一日」キムドンワンインタビュー

長い一日

神話のメンバーで俳優のキムドンワンが映画で観客に会う。 キムドンワンはチョ・ソンギュ監督のオムミバス映画『長い一日』の第1話で主演を務めた。 キムドンワンは最近、テレビインタビューを通じて映画『長い一日』(監督チョ・ソンギュ)のインタビューを行い、映画に関する話や日常の話などを伝えた。

『長い一日』は4つの物語が謎のように続く映画。 男女が会って、別れて、恋しくなり、再び再会するまでの一日の間に彼らに起こっていることを描き出す。 「大きな柿の木がある家」、「汽車が通る刺身屋」、、「海が見えるアトリエ」、「長い一日」の4つの物語からなるオムニバスドラマで、キムドンワンは最初の話「大きな柿の木がある家」でナム・ボラと息を合わせた。

キムドンワンは作品参加の過程を説明し「チョ・ソンギュ監督のシナリオは素朴で日常的な台詞が込められている。 作品自体が面白いので監督にやろうと言われたら、それほど難しくなければやる」と話した。

キムドンワンは「わたしは短編デビューを夢見ている。 そのため、撮影現場に行くこと自体が好きだ。 チョ・ソンギュ監督の現場が良くて、もっと行くことになる。 チョ・ソンギュ監督は些細な話や本人の話を映画化させるのに優れている。 演技に行くこともあるが、フリープロダクションや作業する姿を見ながら、こっそり勉強もしている」と言い「大層ではないが、3-5分程度の短編映画を準備している。 芸能人は自分の話をする方法が色々あるが、SNSで話したり音楽と映像で話すことも自然だ。 それで文を書くことから学んでいる」と述べた。

グループ神話として、また俳優として活発な割動をしているキム・ドンワン。たゆまず俳優生活を送っている彼に演技の魅力を聞いた。 キム・ドンワンは「『天国の子供たち』の時まで演技に自分を投影させた。 ところが、いつからかまるで憑依されたかのように、その人になる戦慄がある。 それがまるで麻薬のようだ。 舞台で感じる戦慄もあるが、演技は違う。 カメラのレンズの前で自分が違う人になり、相手の俳優も違う人になって、全く違う話をした方がいい。 私はエクストリームスポーツが好きだが、演技と私の人生はそんな感じだ」と伝えた。

長い一日

キムドンワンは最近、加平で田園生活の日常を公開している。キムドンワンはインタビューを行った12月24日、クリスマスイブにも一人加平の自宅に滞在していた。 キムドンワンは田園にある家で静に集中して創作に没頭していると打ち明けた。 静かな環境の中で、キムドンワンはもっと創作に集中できると話した。 「私の家では何の音もしない。 鳥の鳴き声や虫の鳴き声の他にも聞こえないため、自分で対話をたくさんする環境にある」とし「とんでもないことをすることもあるが、何かをしなければならないとき、いつにも増して集中できる」と話した。

キムドンワンはこれからも続けて加平生活を送っていくと話し、田園生活を通じて強迫観念や不眠症などが治ったと打ち明けた。 キムドンワンは「私は不眠症と強迫症があった。 しかし加平に住みながら、薬を止めた。 人々がどうして大変な時に田舎へ行けと言うのか分かるような気がする。 田舎で暮らしていると食事障害もなくなるというし、病気なら山に行って療養する理由が分かった」と打ち明けた。 彼は「加平での生活を続ける予定だ。 私がソウル生活をする時は、『私はこれ以上芸能人をしちゃダメだ。芸能人の寿命が尽きた。 こんなエネルギーで人前に立ってはいけない』と思った。 ところが、ここに来てヒーリングして、思わぬ治癒を受けた。 ソウルで生活をすれば、芸能人はできないだろう。 ずっとここで過ごそうと思う。」と伝えた。

現在、加平で一人で過ごしているキムドンワンは、独りで過ごしながら癒されたりもするが、寂しい瞬間もあるのではないか。 また、神話のメンバーがひとり、ふたりと結婚し、結婚についての考えはないかと気になった。 キムドンワンは「今は大丈夫だけど、秋夕のときは寂しかった。秋夕の約束があったのに取り消しになった。 誰に会おうかと思ったが皆約束があった。 当時は寂しくておかしくなりそうだった」とし「家庭を築いたメンバーを見ても、まだそんなにうらやましくない。 今は彼女と一緒に過ごすのと似ているのではないかと思う」とし「仲間たちに子供ができたらうらやましいと思う。 子どもの写真を載せると、私はいつできるのかと思い、うらやましくなりそうだ」と伝えた。

最後に、キムドンワンは年末年始の計画を伝えた。 彼は「クリスマス料理のためにトマホークを買ってきた。 ちゃんと焼いて前の家のペンション社長と食べる予定だ。 今年はきちんと活動できなかったようなので、22年にはきちんとやりたい。 コロナで太った5キロの体重を減らし、お酒も減らす計画を立てている」と計画を付け加えた。

【スターニュース 2021.12.26】

ドンワンが加平で暮らすようになた理由や
加平暮らしで創作にも集中できていること、
妻帯者となったメンバーへの思いなども語ってますね。
メンバーに子供が出来たら、ドンワンだけでなく、
他のメンバーもみんな羨ましがりそうですね

他の記事も上げられればと思います


さらんはぬん dongwan
[ 2022/01/01 15:29 ] 長い一日 | TB(0) | CM(0)

映画「長い一日」はNFTプラットフォームで鑑賞も

ドンワンが出演する映画「長い一日」が
NFTプラットフォームでも公開になるようです



NFTとか詳しくなくて調べてみたけど、
日本だとまずは仮装通貨コインチェックを購入して、
NFTマーケットで映画を購入?してみるみたいな。

仮装通貨とか、私には関係のない分野なので、
何も知らないのですけど、映画見れるなら勉強しなきゃ。
日本でも見れるのかどうか、わからないけど。

どんどん、新しい分野に広がっていくので、
ついていける自信ありませんが、いい機会だと思って、
多少勉強してみようかな。すぐに壁に当たりそう


さらんはぬん Dongwan
[ 2021/12/19 23:33 ] 長い一日 | TB(0) | CM(0)

映画「長い一日」、12月30日公開!!

ドンワンの出演するオムニバス映画「長い1日
公開日が12月30日と記事が出ましたね

合わせて、ドンワンのインスタストーリーにも
新しいポスターがUPされました

ドンワンインスタストーリー
【キムドンワン instagramストーリーより】

散らばった欠片たちがひとつに繋がる魔法の時間

4つの物語がひとつに繋がっていく「長い1日
ドンワンたちが作る最初の物語がすべての始まりですね。
どんな風に繋がっていくのか、気になります

オムニバス映画「長い一日」は12月30日公開です


さらんはぬん Dongwan
[ 2021/12/14 22:34 ] 長い一日 | TB(0) | CM(0)