FC2ブログ








ドンワン入所現場報告 第3弾!!

ドンワンの入所現場報告もこの第3弾で最後です
最後は明るく楽しくって訳にはいかなそうですが。。。


即席センパで誕生日をお祝いして、いよいよ入所の時が近づきます
レポーターが「最後に。。。」ってフレーズを言っただけで
ファンからは口々に名残惜しい気持ちが現れる言葉が

ドンワンはファンと視聴者へのメッセージをカメラに向かってコメントして、
ドンワン入所
ドンワン入所
最後は「忠誠!!」と敬礼してくれました
ドンワン入所

ドンワンはスタッフに促されて私たちの前を後にしますが、
名残惜しそうにあいさつしてくれていました
そのまま車に乗り込んで車のまま、訓練所の門をくぐっていったドンワン

ドンワンが現れて最後の瞬間までは涙は出ませんした。
ドンワンの前では泣かないって決意は守られました。
ドンワンの乗った車が門の中に消えて行った瞬間から涙が我慢できなくて
空を見上げてかなり我慢しましたが、やっぱり無理でした

誰かの顔見たらもっと泣いちゃうと思って周りを見ないようにしてたけど、
元スタッフのジエちゃんが見つけて抱きしめてくれて、背中をさすってくれて。
もう、落ち着こうって思うのに涙が止まらなかったです
今、これ書きながらも涙で画面がにじんでよく見えない。。。
思いだし泣きっていつまで続くんだろう。まさか2年は続かないと思うけど。

ジエちゃんのおかげでやっと落ち着いてきた頃に、
Loverのみんなもそばにいてくれて、涙拭いてくれました。
みんな自分も寂しくて悲しいはずなのに、人のことを心配してくれて。
本当にドンワンペンは国境なく素敵な人ばかりです

気付くとたくさんいたファンの方々も数が減っていて、私は現実に戻りました。
当日のうちに帰国される日本のファンの方が数人いらっしゃったので、
ここで泣いてばかりいられないそう思ったら、なんだか落ち着きました。

Loverのみんなとはしばらくお別れになるので、ゆっくりあいさつもしたかったけど、
団体行動だからそんなにのんびりもしていられず。。。
シマちゃんとはここでお別れだったから、抱き合って再会を誓いました
「オンニに会いに日本へ行くね」って言葉にまた泣きそうになったけど。
ここで泣いたら二人ともやっと落ち着いたのにって思って、またまた我慢

ほんとにめっちゃ大好きなLoverのみんな、ありがとう
来年になったら必ず会いに行くからね~
約束

その後はバスに乗ってきた道を戻ります。
行く時ももちろん寂しい気持ちだったけど、
ドンワンに会えるっていう期待も大きかったから、ドキドキしてたけど、
帰るときは皆さんもグッタリでしたね

そんな中、台湾ペンの子達が作ったポスターをプレゼントしてくれて
(台湾のペンサイトのマスターの子は仲良しですが、すごく日本語が上手
このポスターを車内で配ったり、Loverでもらったお菓子を配ったり。
バタバタしていたおかげで泣くことも忘れてました

途中で休憩所により一路ソウルへ向けてバスは進みます
車内では皆さんグッタリとお休みになったり、余韻に浸ってらっしゃいました。
私も余韻に浸りたくてイヤホンしてドンワンの曲を聴いてました
もちろん泣けるに決まってて
自分でもなんで泣けるってわかってて聞いてたんだかわかんないけど、
とにかくドンワンの歌が聞きたかったんです

涙が溢れてきて、静かに泣きました。。。
sonagiさんがネットの記事を見せてくださって、
あまりにも凛々しいドンワンの写真を見て、また涙が。。。

泣きつかれてウトウトしそうになる頃、バスは目的地のサムソン駅に到着
バスから降りて皆さんともそれぞれあいさつさせていただきました
あまりにもソウルが寒くてビル風も吹いてて、ゆっくりごあいさつってもできなかったけれど。
来てよかったです」そう言っていただけただけで、
見送りツアーやってよかったなぁって心から思いました

ドンワンが訓練所に入所してから1週間
長かったですか あっと言う間でしたか
私は忙しさもあって、すごくあっと言う間でした

ブログをはじめてからまもなく2年になります。
その期間と同じだけドンワンを待って暮らしていくのかと思ったら
ものすごく気が遠くなりそうでしたが、
1週間ってこんなに早いんだなぁ~って思ったら、
とっても気が楽になりました

訓練所でドンワンが苦労してるであろうことを思えば、
ドンワンに会えないことくらい我慢しなきゃって思います
HDDを整理していたら山のようにドンワンをはじめシナの映像が入っていて、
ラックにもDVDがたくさん並んでいて、
全部見直したら2年じゃ足りないかもって思いました

ドンワンは2年は芸能活動をせずに青年キムドンワンとして生きていきますが、
こんなにドンワンを近くに感じられる映像や音楽がたくさんあることに
改めて感謝したくなりました

だからきっと大丈夫
私たちはドンワンをいつも近くに感じながら生きていけます

ドンワンの暖かい笑顔、切ない歌声、一生懸命踊る姿、
空気を読まないギャグ、屈託ない笑い声、優しい眼差し。。。


全てが心の中に残っているから、時には思いだしてたくさん泣いても
歌手キムドンワン、俳優キムドンワンとの再会を楽しみに
前を向いて頑張っていこうと思います

さらんはぬん Dongwan」はずっと続けます。
ここでこうしてドンワンを語ることが私のライフワークだし、
何よりも多くの皆さんとここで共有できる感情があることが幸せです
これからもドンワン中毒な私ですが、末永くお付き合いいただければと思います

ドンワン
동완 영원히 사랑해요~~~


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2008/11/23 23:55 ] Dongwan | TB(0) | CM(14)