FC2ブログ








ミヌ 訓練所入所!!

先月から公益勤務についていたミヌが今日、訓練所に入所したそうです

ミヌは先月25日からソウル竜山韓国鉄道工事ソウル本部で公益勤務していたけど、
年末の事故のケガのせいで、訓練所への入所が先延ばしになっていたんですよね。

ミヌは京畿道忠北曽坪37社団に入所して、4週間の訓練を受けます
訓練後は公益勤務に戻ることになるそうです。

このソウル竜山韓国鉄道工事ソウル本部ていうのは、他の記事を読むと、
ソウル駅にあるみたいですね。駅員さんではないんですね。

入所に関しては本人の意思でメディアにオープンにしなかったそうです。
こういう状況で入所するから静かに行きたかったのかな。
それとも、坊主を見られたくなかったのか。。。

公益勤務と訓練所入所の順番が逆になってしまったけど、
ミヌの事故でのケガが訓練できるほど、回復したってことだと思うので、
無事に訓練を終えるように祈りたいと思います

ミヌ

ミヌ、ファイティ~~~~~ン


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2010/03/22 20:37 ] Minwoo | TB(0) | CM(2)

シナ12周年パーティー♪

昨日は、来る3月24日のシナ12周年を前に
シナペンの皆さんと集まってお祝いのパーティーを開きました

場所はいつもお世話になっている、パセラリゾーツ六本木店さん
こちらでのオフ会は昨年に続いて2回目ということで、
今回もお店の方々にとってもよくしていただきました
ロビーで「僕らの心には太陽がある」をかけてくださったり、
ハニートーストを差し入れていただいたり
毎回、本当にありがとうございます

前回、前々回は自由に席に座っていただいたんですが、
今回は初めてきていただく方がたくさんいらしたので、
色んな方と交流をしていただこうと、席はくじ引きで決めました
初対面の方どうしでどうかなぁってちょっと心配していたんですが、
後から部屋に行ったら、すでに皆さん打ち解けていて(笑)
さすがはシナペン 私の心配も何のその
好きなものが一緒って強みだなぁって思いましたよ

では、いよいよパーティーのスタートです
今回も用意しました、お祝いケーキ
パセラ様で準備してくださったかわいくて、美味しいハニートースト
シナ12周年パーティー
このふたつの撮影タイムからスタートです(笑)
その辺の結婚披露宴よりも撮影タイムは盛り上がってましたよ

今回のケーキは「この写真好き~」って喜んでいただけました
シナ12周年パーティー
10周年コンでの6人が気合の「サン」を披露した時の写真です
私もこの写真大好きなので、これにしました

ペセラ様からのハニートストにも素敵なメッセージを入れていただきましたよ
シナ12周年パーティー

撮影タイムが終わったところで、シナ12周年をお祝いして乾杯でした
って言っても、まだ昼間ですからソフトドリンクですけどね。
そして、今回は初めてお会いする方もたくさんいらしたので、
改めて自己紹介タイムとなりました
誰のファンか、どんなきっかけでシナペンになったかなど、
それぞれの人となりを少し知ることができました

そうそう、この間にケーキをカットしてたんですが、
今回はメンバーの顔を切らないようにって気をつけてたんですけど、
ミヌのお顔が勝手に(私じゃない~)割れてしまって
(このケーキ、上はホワイトチョコにプリントされてるです。。。)
ミヌペンさん、ごめんなさいでした。
6人の顔を切らないようにカットしてたら、両端の2人は顔が近くて、
分けて切ることが出来ず。。。わざとじゃないけど、こんな風になったの
12周年パーティー
ほんとに、ほんとにわざとじゃないんだよ。。。わざとじゃ。。。
まぁ、説得力がないとは思うけど。この際だからわざとってことにしようかな。
いやいや、これはもうりくわんの運命です 私を恨まないで~(笑)

ケーキを食べながら、質問タイ~ム
今回は、私が勝手にふつ~の質問からえっっていう質問まで、
色々考えておいたものに、皆さんに答えていただきました
シナの曲で一番好きな曲はとか、好きなアルバムはとか、
一般的な質問もありましたが、
メンバーとデートするなら、誰とどんなデートをしたいかとか、
メンバー2人に同時に告白されたらどうするかとか、
無人島に漂着したら、誰と一緒なら生き延びられそうかとか。
皆さんの妄想を掻き立てる内容の質問をさせていただきました
皆さん、自分が答える順番ではない時でも、しっかり妄想していただいて、
結構、盛り上がったと思うんですけど、どうでしたか

前回もやりましたけど、今回もビンゴゲームを決行
今回のお題は「シナの復活コンサートで聴きたい25曲」でした
皆さん、たかがビンゴといえども真剣です。
だって、シナの曲を選ぶんだから真剣になりますよね
まるで、カニを黙々と食べる人々ってくらい、シーンとしてました(笑)
私はその間、流しっぱなしにしてた10周年コンのDVDを鑑賞
タイミングよくエンディが大泣きしてしまったあの場面で
皆さんが書いてる間に、こっそりウルウルしておりました
何度見ても、あの場面はもらい泣きしちゃうでしょ~

私がもらい泣きしている間に、皆さんのビンゴも書き終わり
さぁ、いよいよビンゴ開始~
今回は3位まで賞品を用意したんですが、結構早く、勝負がつきました(笑)
でも、皆さんの選んでくださった曲、どれも聴きたい~って曲ばっかりで、
シナの復活がより一層楽しみになりました

ちなみに賞品はというと、ドンワンのアルバムやら「僕太」のCDやら、
日本1集についていたカードやら、ヘソンのシール、ミヌの手帳などなど。
皆さんも持ってるものが多かったと思いますが、
それでも喜んでいただけてよかったです

お茶をしながら、各テーブルごとにお話も盛り上がってるところでしたが、
時間がきてしまい、ここらでパーティーは終了
今回は、シナ12周年記念のカードを準備して、お配りしました
シナ12周年パーティー
一緒にシナデザインのチロルチョコもお渡ししたんですが、
このチョコがなかなか好評で作った甲斐がありました

名残惜しいけど、パーティーはここでお開き。
みんなでフロントのある1階へ降りていくと、パセラのスタッフさんが
伊豆から届いたバラを1本ずつプレゼントしてくださって
サイン会でもらったバラを思い出しつつ、幸せ気分で2次会へ移動しました。
パセラ六本木店の皆さん、色々ありがとうございました

2次会はパセラのすぐそば(3軒となりくらいの近さ)の韓国料理チェゴヤさん
店内中央の席を準備しておいてくださって、ふたつに別れて座りました。
女性だけなので、一番量の少ないコースにしてたんですけど、
チヂミ、チャプチェ、キムチサラダ、カルビ、豚肉の炒め物、イカの炒め物、
石焼ビビンバにブデチゲまで。盛りだくさんでしたよ
12周年パーティー
ここからは、アルコールもありってことで、舌もなめらかに(笑)
シナの話からプライベートなお話まで、かなり盛り上がりました

まだ、お時間のある方はってことで、アマンドでお茶しました
これって、かなり韓国の子の影響大きいなぁ~。
韓国の子とご飯行くと、ご飯とお茶までがセットなので、
日本でもつい、ご飯のあとにお茶に行くのが習慣みたいになっちゃってます。
私はお酒飲まないので、皆さんをお茶にお連れしちゃったけど、
お酒を飲んだ後に、お茶ってはマズかったですかね すいません。

ついつい時間を忘れて、お茶いっぱいで、たっぷり2時間
皆さん、長い時間ご一緒していただいてありがとうございました

シナの12周年パーティー、総勢25人の方にご参加いただきました。
遠くからいらしてくださった方もいて、本当に感謝、感謝です
皆さんが楽しそうに話をしている姿を見ながら、やってよかった~って思いました
毎回参加してくださるドンワンペンの皆さん、
今回初めて参加していただいてシナペンのみなさん、
また、次回もご一緒してくださったらうれしいです

皆さん、本当にありがとうございました

次回、何の名目でやろうかって話が出たんですけど、どうしようかな
7月にドンワンのソロデビュー記念パーティーをやろうかな
ソロ1集発売から3年になるので、お祝いしたいなぁ~って思ってます

個人的には、5月くらいに「oreoな遠足」ってどうかなって思ってます
行き先は鎌倉 個人的に行きたいので、タイミング合う方、ご一緒しませんか
っていう程度のものになると思います。
本当にいけそうだったら、またお知らせしますね


さらんはぬん Dongwan
[ 2010/03/22 17:48 ] SHINHWA | TB(0) | CM(17)

ドンワン日記 日本映画を見ました。

ドンワン日記に久々の映画レビューですね
日本の映画を見たそうです。これ、怖くて見てない。。。


ドンワン日記 レビューログ 3月21日 21:11

国家繁栄維持法
‘無作為に選定された1000人のうち1人は
18歳から24歳で国のために死ななければならない。’
仮想にも不快な、ナチスの思想が濃いこの設定のためこの映画を見るようになった。

もしこんな法で人間のいのちを強制的に統制して、
盛んに夢を見る年頃に、ある日突然、死ぬこともあるという考えを持つようになったら、
もうちょっと信念を持って生きることができるだろうか...
少なくとも '誰もがいつでも死ぬことがある。'という考えに
敢えて自分の命を絶つ事は少なくなるようだ。

死の前で現実の苦痛は何でもない。
映画の設定は現実と大して違わない。
私たちは生きる人でもあるけれど、まだ死なない人でもある。
いつどうなるかもわからない人生の前で
一日一日に意味を持たせなければならない。

-
山田孝之のの実の兄の延期が見どころだ。


【NEVER blog:oreobox】


これは日本映画「イキガミ」についてのレビューですね

イキガミ

2008年秋に公開された映画で、「国家繁栄維持法」という法律の下、
1000人に1人は18歳から24歳の間に死亡するという宣告を受けるという設定。
この死亡宣告書を「逝紙(イキガミ)っていうんだけど、
このイキガミの配達人が主役の松田翔太で、
死亡宣告書を受け取った3人の青年の死を前にした物語と一緒に
その姿を見ながら葛藤していく配達人の姿が描かれている映画です。

予告編をやっていたのは、なんとなく覚えているけど、
こういう、現実的に恐ろしい映画は苦手なんですよね。
血がドロドロのもすっごく苦手だけど。ちょっと見れそうにないかなぁ。
出ている俳優さんは今、人気のあり若手俳優さんが多いね。
ドンワン、山田孝之の絵意義に注目して見なさいって言ってくれてるので、
DVDが出てるから、興味を持った方はご覧ください

一日一日に意味を持たせなければならない」って言葉、
すっごく同感しちゃいました
映画を見てなくても、こういうことが言いたい映画なのかなぁって思いました。
ドンワンのレビューは、割と俳優視点でのものが多かったけど、
こういうレビューはすっごくドンワンらしいなぁって思います

名言シリーズのような映画レビューでした


さらんはぬん Dongwan
[ 2010/03/22 14:47 ] ドンワン日記 | TB(0) | CM(0)