FC2ブログ








ドンワン日記 難しい・・・。

う~~~ん 訳が難しすぎる。。。
訳しながら、全く意味のわからない文章になってしまいました。
ドンワンの言いたいことは、最後のp.s.で理解してください


ドンワン日記 「2010」 落書き場

アラブにこんな警句がある。
‘馬鹿に千の知恵を教えて上げると言ってもそれはまさに私だけになのだ。’
人生の庭園を掘り起こして見れば、私たちはふと、
どこかで私たちをうかがう隣りを意識するようになる。
それは自分がすることはさておいて、
私たちにいつ行動の種子を撤かなければならないか、
いつ考えの肥料をあげなければならないか、
いつ成就の水を注がなければならないか忠告するのに熱をあげる。
その言葉に耳を傾けると結局私たちはそのために働くことになるのに違いなくて、
私たちの人生の庭園は隣りの思うままにはまって行くでしょう。
そして終わりは脂汗を流して、祝福の 肥料をあげて掘り起こし、
私たちの地を調べることもできない羽目になる。
地ひとつ、指尺ひとつ、指尺に植木屋の忍耐
、幼い手助けだけが解くことができる秘密が立ちこめていることをすっかり忘れて、
陽と雨と季節の変化を察する代わりに、垣根の向こうの私たちによそ見する
隣りの忠告にだけエネルギーを消耗するようになるでしょう。
しかし他人の庭園に対して言うのが好きなそのバカは、
自分の庭の花と木は眼中にもない。

-

流れる川のように より


p.s.
他人の庭園にだけ関心を持つ人々が多くて幸いだ。
‘わたしより酷い私のような人々’ のおかげさまで
それがいくらあほらしい行動か認知し、
自分のリズムを守る事がどれだけ重要か少しずつわかるようになるから。


【NAVER blog:oreobox】

人のことにばかり気を取られて、自分のことがおろそかになってしまう人と、
人の話にばかりとらわれて、本質を見失っってしまう人がいる。ってこと
ドンワンの最後のp.s.は「人の振り見てわがふり直せ」ってことかな
ほんと、わかりづらい訳ですいません。

ドンワンの愛読書「流れる川のように」から久しぶりに引用してるね
川の流れのように
難しい内容っていうよりも、哲学的な表現の意訳がすっごい難しい
特に、この本は何度も出てきてるけど、毎回難しい。。。
文章も長いし、例えもちょっと抽象的だし。
皆さん、それぞれの解釈で読んでくださいね

私も自分のことを棚に上げずに、人の振り見て我がふり直します


P.S.「真夏のドンワン祭り」受け付けは明日までです。
    皆さんのご参加、お待ちしてま~す


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2010/08/06 22:03 ] ドンワン日記 | TB(0) | CM(0)