FC2ブログ








「ザ・ミュージカル 5月号」表紙!!

ヘドウィグ」の主人公たちがミュージカル雑誌の表紙を飾ります

ドンワンヘドウィグ
Lover様Thanx

4月30日発売の「ザ・ミュージカル5月号」の表紙は、
白いTシャツに身を包んだ4人のヘドウィグが飾りました

撮影時の裏話など、関連の記事と写真も上がってきてます


キムドンワン 挑発的エネルギーを隠したブラックスーツ '慇懃なセクシー美'

【TV dairy 2011.4.27】

ドンワンヘドウィグ

アイドル歌手、モデル、ミュージカルスターという全然違った出身背景を持った四人の俳優がマガジン・ザ・ミュージカルのカバー撮影のために一席に集まった。
チョ・ジョンソク、キム・ジェウク、キム・ドンワン、チェ・ジェウンが団結した。ミュージカル'ヘドウィグ'でトランスジェンダーヘドウィグ役で舞台で破格的な女装をするようになった4人は、この日の撮影で淑やかなスーツで全然違った個性を主張した。4人は男の魅力を一番よく現わす服装である淑やかなスーツを着たが、かつら、赤いハイヒール、羽毛のマフラーなどヘドウィグの女性性を暗示する意外な小物を持ったり着たりして、妙な想像力を刺激した。
特に 'ヘドウィグ' 4人が表紙撮影のためにランニングシャツで、スタジオに横になってカメラを見つめると、4人の俳優が発散する挑発的なエネルギーに、現場の雰囲気があっという間に変わったという裏話だ。普段馬草的で強靭な男性のアイコンだったキムドンワンも、この撮影では力を抜いて中性的な魅力が感じられる受動的なセクシーさを見せてくれた。映画 'アンティーク-西洋骨董洋菓子店'で魔性のゲイで印象的な演技を見せてくれたキム・ジェウクはチョ・ジョンソクの髪の毛をしっかり握りしめるように、はらはらするポーズを即興的に演出して、さすがはモデル出身という感歎を催した。
露骨的な露出なしにも見る人々の雪道を一気に捕らえる人々の絶妙のケミストリーはザ・ミュージカル5月号で確認することができる。



'ヘドウィック' キム・ドンワンーキム・ジェウクーチョ・ジョンソクー-チェ・ジェヨン 両面性強調した画譜 '挑発的な目つき'

【TV dairy 2011.4.27】


ドンワンヘドウィグ

アイドル歌手、モデル、ミュージカルスターという全然違った背景を持った4人の俳優がマガジン・ザ・ミュージカルのカバー撮影のために一席に集まった。
チョ・ジョンソク、キム・ジェソク、キム・ドンワン、チェ・ジェヨンが団結した。ミュージカル 'ヘドウィグ'でトランスジェンダーヘドウィグ役で舞台で破格的な女装をするようになった4人は、この日の撮影で淑やかなスーツで全然違った個性を主張した。 4人は男の魅力を一番よく現わす服装である淑やかなスーツを着たが、かつら、赤いハイヒール、羽毛のマフラーなどヘドウィグの女性を暗示する意外な小物を持ったり着たりして、妙な想像力を刺激した。
特に 'ヘドウィグ' 4人が表紙撮影のためにランニングシャツでスタジオに横になってカメラを見つめると、4人の俳優が発散する挑発的なエネルギーに現場の雰囲気があっという間に変わったという裏話だ。普段馬草的で強靭な男性のアイコンだったキム・ドンワンもこの撮影では力を抜いて中性的な魅力が感じられる受動的なセクシーさを見せてくれた。映画 'アンティーク-西洋骨董洋菓子店'で魔性のゲイで印象的な演技を見せてくれたキム・ジェウクはチョ・ジョンソクの髪の毛をしっかり握りしめるように、はらはらするポーズを即興的に演出してさすがはモデル出身という感歎を催した。
ファッション業界で指折り数えられるフォトグラファーだが、ミュージカル俳優たちとは撮影経験がほとんどなかったキム・ヒョンソン作家は新しい作業でも名声に似合う結果物を見せてくれた。もう 'ヘドウィグ'を公演した事があるチェ・ジェヨンとチョ・ジョンソクは貫禄が感じられ堂々としていて、キムドンワンとキム・ジェウクは新しい挑戦の前にときめきと緊張感が感じられる官能的な姿でカメラの前に立った。
キウドンワンは"アジアを回りながら、歌手として公演をする方がずっと余裕があって安定的な生活を保障してくれるが、演技は必ずしなければならない事。本当に面白い作業"と新しい挑戦に対する期待と熱情を仄めかした。
今度が 'ヘドウィグ'として二回目の舞台であるチェ・ジェヨンは "'ヘドウィグ'は疑う余地がない作品だ。去る1年間俳優として柔軟さに対してたくさん学んだ。この前の公演の時、シナリオに充実なことを一番目の課題だと思ったから、今度はその時学んだ柔軟さを見せたい"と抱負を明らかにした。
4人の中でヘドウィグで舞台に立った経験が一番多いチョ・ジョンソクは "'ヘドウィグ'は誰かを愛して、捨てられて、容赦受けて、 癒される感情を舞台で実現することができる作品で、 一般的ではない作品だ。 演技は完璧な計算なのに、この作品で舞台に立った時その計算が消える経験をした事がある"と作品に対する格別の愛情を見せてくれた。
初舞台演技に挑戦するキム・ジェウクは "幼い頃からバンドのメンバーで舞台で歌って来たから、観客との呼吸がまともに成り立った時どんな感じかは分かる。一般的な教育や経験ではない血が流れる苦痛を通じて、かろうじて味わうことができるどんな感情をこの作品を通じて感じたい"と望んだ。
露骨的な露出なしも見る人々の雪道を一気に捕らえる人々の絶妙のケミストリーはザ・ミュージカル5月号で確認することができる。


こうやってたくさん記事も出るようになってくると、
あぁ、いよいよだなぁ~って実感しますね

大変な時期だと思うけど、がんばって 日本からの応援してるよ


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2011/04/28 00:26 ] Dongwan | TB(0) | CM(0)