FC2ブログ








D-6 「THE MUSICAL 5月号」 ドンワンインタビュー③

雑誌「THE MUSICAL 5月号」のドンワンインタビュー
今日が第3弾ですよ。第4弾で終わりになりそうです。

THE MUSICAL 5月号

ドンワンヘドウィグ

【ドンワンインタビュー③】

Q:ヘドウィグの人生で重要な瞬間としては、どの時期を選びますか?

DW:幼い時、オーブンの中で歌を聞いた時間。私も幼い時に聞いた音楽を今も好きなことをみれば、初めて音楽に触れ、同じ曲を数百回ずつ繰り返し聞いたその時は重要なようです。

Q:幼いころから好きな歌で〈ヘドウィグ〉に入れたらいいと思う曲を選ぶとしたら?

DW:レディオヘッドの‘Creep’、ノバナの‘All Apologies’柔らかくてシニカルな歌たち。

Q:ルーターと一緒にアメリカに行くために性転換手術を決心したハンセルに会ったら、どんな話をしてあげたいですか?

DW:一旦、(性器を)切断しないで、ちょっと考えて見て。そんなことを言うと思います。実はこの問題に対しては私が何か行ってあげることはないです。ヘドウィグの背景がとても複雑なこともあるし、私は同じ悩みを持ったことがないから、どんな助言をすればいいでしょう。私はつまらない話をするのが好きだけど、こんな大きな問題はその人がどんなにたくさん悩んだかわかるから、自分の思うとおりに流れていけるよう、そばで助けます。

Q:ハンセルは人生を変えるくらいの決断をしたじゃないですか。ドンワンさんも芸能人という職業を選ぶという決断をしたわけです。普通は大きく屈曲することなしに生きて行き行くのに、自分の人生を丸ごと変えるくらいの決断をして、どんな経験があったのか気になります。

DW:恵まれたんです。決断して成功するのも難しいけど、失敗しないことも難しいじゃなですか。中間だけを行くことも難しいのに、私は運が良かったんです。成功した人たちがー私は私が成功したと思ったことはないですけどー運が良かったと言うのが、わかる気がします。もちろん、それは完璧に運だけで
できることではないけど、わからない部分は運に任せて、止まらずにこれからも歩き続けて行くようです。


Q:どうしてまだ成功していないと思うんですか?

DW:私なりの目標があるから。俳優として認められ、興行性も認められることが私に目標です。そうしようと思ったら、一生懸命やらなければならないけど、一生懸命でもなくて。チェッ(笑)


ヘドウィグについて、そして芸能人としての人生観も語ってくれてます
ドンワンの謙虚さが表れてますよね。決して、おごらずにやって来たドンワンらしい。

実を言うと、まだここまでしか訳せてません
次の④で最後になるとおもいますけど、明日UPできるかなぁ。
ドンワンは演技について語ってるようです。お楽しみに

昨日のインタビューにあった「カウォシ」について、メールをいただきました。
Rさん、ありがとうございます
動画を見たので、これかなぁ~とか思っていたんですけど、
言葉でどう表現していいかも悩んじゃって。。。
ネタバレになっちゃうし、ここには詳しく書かないでおこうと思います

ヘドウィグ」初日までDAY-6です


p.s.mさん、ありがとうございます。表記を直しました。
  洋楽を全く知らないことがバレバレでしたね。お恥ずかしい
  助かりました。ありがとうございす



さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2011/05/08 21:48 ] Dongwan | TB(0) | CM(4)

今夜放送!! ドンワンのヒップダンス♪

韓国で2月の旧正月特集番組として放送された、
2011スターベストカップル最強戦」が今夜放送です

ドンワンスター最強戦

ドンワンはムン・ヒジュンと2AMのチャンミンと一緒に軍服で
KARAのヒップダンスを披露しましたよね 少女時代も踊って(笑)

ドンワンの笑顔がさく裂の「2011スターベストカップル最強戦」は
KNTVで今夜22:05からの放送ですよ

深夜2時から「キムドンワンのアバター合コン」の再放送もあります。
本放送を見逃した方はチェックしてくださいね


さらんはぬん Dongwan
[ 2011/05/08 21:14 ] Dongwan | TB(0) | CM(0)

「THE MUSICAL 5月号」 ドンワンインタビュー②

昨日からUPしてます、「THE MUSICAL 5月号」のドンワンインタビュー
今日は第2弾をUPしますね

THE MUSICAL 5月号

ドンワンヘドウィグ

【ドンワンインタビュー②】

Q:練習をはじめて3週くらいでしょう?練習してみてどうですか?

DW:やればやるほど、萎縮するようです。ものすごく負担なようで演出の先生が私にメソッド演技を(笑)過度の演技をしないで、その中の隠されたものを見せることを期待されるのが負担です。一種、幸せなことは山戦水戦も経験したトランスジェンダーだから、激しく暴れる必要がないこと。ぽっちゃりした人の20年後の姿を演じるからそれがもっと難しいです。

Q:練習していて一番難しいことは何ですか?

DW:誠実さがないこと?(笑)私は自分を信じる一面があるんです。私がどんなにできなくても、そんなにできないはずがないと信じる心(笑)

Q:そんなにふうに本当にできない人もたくさん見たけど・・・。

DW:実は言葉ではこんな風に言っても職業病があって言うことです。そうじゃなくても自分を苦しめるせいで‘大丈夫。上手く行く。これくらいできる’こんな風に何度も訓練するんです。大丈夫いだって言うこと自体が大丈夫じゃない心と戦っていることだから。

Q:〈ヘドウィグ〉のナンバーの中で自分と近いと感じる曲は?

DW:‘Wing in a box’。芸能人としてたくさん共感しました。私たちはどんなに苦しくても死にたい瞬間でも、メイクアップして服を着て舞台に立てば、しばらく大変なことは忘れられる。それは忘れなければと思って忘れるのではなく、ただ忘れていくようになるんです。今度のOSTで私がその歌を歌います。‘Wing in a box’と‘Sugar Daddy’。

Q:公演で‘Sugar Daddy’を歌う時、客席にカウォシしなければならないのを知っていましたか?

DW:私はそれをおととい知りました。ファンたちが‘キムドンワンがカウォシする場面を想像するとすごいです’と。だから何をするのか探してみたら、動画があったんですよ。うん。きれいにしなければならないと思いました。ハハハ。



「(カウォシ)」という言葉をなんと訳していいのか悩み、そのままUPしました。
「ヘドウィグ」ではヘドウィグが客席を歩いて、お客さんにちょっかい出すんですよね(笑)
(ちょっかいってのも変だけどけど。膝に座ったり、セクシーなポーズしたりとかね)
「Sugar Daddy」を歌いながら、客席でそんなパフォーマンスもするんです。
そのことを「カウォシ」と言ってるみたいです。
詳しくご存じの方いたら教えてください

繊細で傷つきやすく、でも決して負けないドンワンの
心の中の葛藤が垣間見えるようなインタビューですね

この続きは③でUPしますね。
③では「ミュージカル・ヘドウィグ」について語っています。お楽しみに


さらんはぬん Dongwan
[ 2011/05/08 00:12 ] Dongwan | TB(0) | CM(2)