FC2ブログ








「10 asia」 ドンワンインタビュー①

昨日UPされた「10 asia」のドンワンのロングインタビュー
素敵な写真と一緒にお楽しみください長いので、前半戦からどうぞ


[10 asia] キムドンワン "ヘドウィグをしたからってファンが離れるようではない"

ドンワンヘドウィグ

一番キムドンワンらしくないながらも、一番キムドンワンらしい選択、5月14日に幕をあげるミュージカルヘドウィグと彼の出会いはこんなに要約することができるようだ。ジョン・キャメロン・ミッチェルの映画を土台にした伝説的なミュージカル、東ドイツ出身のトランスジェンダーロック歌手ヘドウィグの音楽と人生を描いた〈ヘドウィグ〉と私たちが知ってているキムドンワンの間の接点を想像することは決して簡単な事ではない。98年にデビューした、そして相変らず健在な'1世代アイドル' 神話のメンバーであると同時に派手な舞台の外では堅い青年役が合わせたようによく似合った演技者キムドンワンがこの不慣れで魅惑的な人物のモノドラマでどんな姿を見せてくれるかまだ見当もつかない。しかし"評価を受けるのが恐ろしかったことはない"と言い切る。<ヘドウィグ>に対して"危ない選択という考えをして見たことがない"と言う彼の新しい挑戦はそらぞらしくなくてもっとおもしろい。止まらない33歳、キムドンワンに会った。

軍服務後、初の復帰作は'当然'ドラマや映画だと思った。
キムドンワン:ドラマや映画をしようと思ったけど、作品が良ければ役が私に合わなくて、役が合えば作品が合わなくて。この前はあれこれとたくさん考えないで'入って来てほしいと思わなければならない' と思ったが選択する時は謙虚さが必要なかった。選択は冷静でエゴイスティックにするが、選択したその時からは謙虚な姿勢で熱心にしなければならないのだが選択を謙虚にしてしまえば働く時、私がおかしくなると考えるようになった

前にはそんな考えはしない方だった?
キムドンワン:しない。運命論者だから、ただ私の前へ来たことをする方だったし大部分それが合っているようだった。実は歌手は会社の中で作って出す家内手工業に近いから大丈夫だったけどれど、演技者はそうではなかった。シナリオを検討してくれるマネージャーが重要で製作者が重要で、周りの人々の助言も必要なのが分かった。

"<ヘドウィグ>が商業的に流れるという話は気持ち良かった"


ドンワンヘドウィグ

それならどうして<ヘドウィグ>なの?
キムドンワン:一応こんな大作に渉外される機会は珍しい。ここで大作と言うのはスケールが大きいというのではなく、ミュージカル界で<ヘドウィグ>が指折り数えられる作品と言う意味だ。そしてヘドウィックがとても難易度があるキャラクターという点も良かった。アン・チョルスさんがおっしゃるには、自分が知らない分野に対して知りたければ、わざわざ関連インタビューを取って1ヶ月位の期間、それに対して勉強するとおっしゃっていたけれど、私もやはり<ヘドウィグ>がたくさんのことを勉強する機会と思った。もちろん絶対に'勉強する'と言う思いで公演に臨んだりしないが。(笑)

実はキャスティングの発表後 '神話のキムドンワンがヘドウィグに出演する'と言うことに対する反応は'驚いた。意外だ'が多かった。どう感じたのか。
キムドンワン:'似合わない'、'上手くできるか心配だ'、'<ヘドウィグ>が商業的に流れている'など。一応、商業的に流れているという話は気持ち良かった。この前ソロ活動する時、誰が私に対して"このごろでは、すべて顔だけで歌手をするようだ。どうしてあんな子が歌手をするのか"は悪意のコメントがついた時気持ち良かったように。(笑)そして似合わないという話も良かった。実は私は誰かが"お前にはできない"と言わなければ何も熱心にしない方だ。<ヘドウィグ>のイジナ演出家様も"私の歌は上手なことでもできないことでもないよ"とおっしゃっていたが本当に共感した。私はその間、上手いことも、できないこともない芸能人で長く暮して来たが、私に似合わない舞台を完成させてみると、もうちょっと上手な方に行くことができるんじゃないかと思う。

しかし俳優としてのキムドンワンに対して人々が今まで期待したこと、 あるいは積み重ねて来た信頼がこの高難度の課題によって崩れることもできる。
キムドンワン:それが心配ならば演技しないと思わなければならない。評価を受けるのが恐ろしかったことはない。<ヘドウィグ>に対してミュージカル界の鉄人3種競技という話をしていたよ。女装をして、偏見の中に包まれたキャラクターを演技しなければならないし、モノドラマという面で。だから私は得ることは多くても失うことはない。肺活量をふやすような感じだ。<ヘドウィグ>でイメージが壊れる理由もないと思う。こんなキャラクターに偏見を持つに値する、ぎゅっと支えている人とは私も働きたくない。

イジナ演出家との作業はどうなのか。
キムドンワン:できなければ酷い目に合わすのではなく惨めにさせる(笑) 私にないことを引き出そうと思わないで、まだ違うようならば手もつけない。"準備できた時に話す。君ができる最大限をして、間違った時だけ私がチェックしてあげる"というふうだ。それが合っているようだ。

ヘドウィックというキャラクターは単純に性的少数者という設定を越えて、自由、欠乏、さびしさ、異邦人としての人生など多様な主題を盛り込んでいるけど、どんな面に特に重点を置いて表現したいか。
キムドンワン:許し。最後にはすべてのものを許すから。そして私の思うに<ヘドウィグ>は美しくて人間的で芸術家的な人だ。どんなに大変な状況でも自分が好きな分野に沒頭して自分の世界をずっと持っているという点が良い。

それなら私が舞台で表現するようになるヘドウィグはどんな感じだと思うか。
キムドンワン:今の私のようだろう。若いくして海千山千すべて経験した。私も二十代で本当に数多い、たくさんの事を経験したし、そんな状況で本当に'ひとり'と感じたことがある。ヘドウィグは確かにもっとひどい状況を経験したが、そんな面が似ているようだ。大きく怒らないで、大きく悲しまないで、平気なようだけど常にその中心には苦痛の時間が立ちこめているという点で。


【10 asia 2011.05.11】

前半のほうが短めになってしまったけど、深いですよね~
ドンワンの考えがとっても良くわかりますよね。写真も最高だし
後半戦のUPは明日のなると思います。どうぞお楽しみに


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2011/05/12 23:20 ] Dongwan | TB(0) | CM(0)

D-2 ドンワン、ただいまリハーサル中!!

いよいよ、「ヘドウィグ」初日まで残り2日となりました
ドンワンは今日、劇場でリハーサルをしています
リハーサル中のドンワンの写真がtwitterにUPされてるので、まとめてご紹介


ヘドウィグ ドレスリハーサル中です 2日前に近付いた!!!
ドンワンヘドウィグ
【ヘドウィグ twitterより】

キムドンワンヘドウィグ 本当に可愛いですね ... ^^
客席がいっぱいになれば、その可愛気が完成されるドゥフフ

ドンワンヘドウィグ
【キム・ヨンウクさん twitterより】

立ち方が私よりもよほど、女性らしいです・・・
私が履かない高いヒールのブーツにこんなミニスカート
ドンワン、絶対にかわいいいに違いない~~~~

劇場でも着々と準備が進んでるようですよ

ヘドウィグ フォトウォール完成!! ここで写真をたくさん撮ってください^^
ドンワンヘドウィグ
【ヘドウィグ twitterより】

フォトスポットの設置も終わったんですね。ここで記念撮影して来なきゃね
ドンワンを指しながら撮影してきたいとおもいます(笑)

昨日の予告通り、事務所の理事もリハーサルを見に行ったそうですよ
理事が控室に入っていったら、女性がいてうれしそうにしてて。。。
って、この女性がドンワンで驚いたって
記念に写真を撮ってくれるってカメラマンが言ったけど、拒否したそうです(笑)
新しい世界に挑戦するドンワンの道のりは険しいものになるだろうけど、
応援してあげてくださいってことでしたよ
そりゃ、もちろん応援しますとも

そして理事から公演を見る方々へのアドバイスもありますよ

ドンワンの公演を見に来られる方々、
公演を見る時間だけはそれまでのドンワンを頭の中で消してくださって、
ヘドウィグが舞台で伝えようと思う意味をこめた歌と演技にだけ集中してください。
初めには破格的な姿、セリフ、身振りに驚くけど、
すぐ "ワンドウィグ"にすっかりはまるんです^^

【Live Works 理事のtwitterより】

あぁ~~~~、早くワンドウィグのはまりた~い
リアルタイムで上がってくる情報のおかげで、ドキドキしてきますね

Live Worksはドンワンとヘソンの活動がかぶって大忙しだね
芸能事務所としては、うれしい悲鳴でしょうけど
ドンワンもヘソンも満足できるように、フォローお願いしますね

まだまだ、リアルタイム更新は続きそうですが、きりがなのでここまで。
いよいよなだなぁ~って実感がジワジワ来ますね

ヘドウィグ」初日までDAY-2です


さらんはぬん Dongwan
[ 2011/05/12 23:11 ] Dongwan | TB(0) | CM(0)