FC2ブログ








「シナスタイル」はこれだ!!

先週放送の「シナ放送」は、時代劇の衣装に身をつつみ、
時代劇を再現する形で「史劇オリンピック」を展開しました

その中で、何度見ても笑ってしまうのが、
シナの「江南スタイル」ならぬ、「シナスタイル」です




映像ありとうございます。

もう、好きなだけゲラゲラ笑いながら見てください。
すでに「江南スタイル」が頭から離れませんけど、
みなさんもきっと知らず知らずに口ずさんでしまうはずですよ


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2012/08/28 22:08 ] シナ放送 | TB(0) | CM(0)

ドンワンin台湾ペンミ レポ②

ちょっと間があいてしまいましたが、台湾ペンミレポの続きです。
今回はペンミまでたどり着けると思います(笑)

一番暑い時間帯にペンミ会場そばの台湾名所台北101へ向けて出発
台北駅から地下鉄1本で行ける市政府駅で下車。徒歩で向かいました
駅出てくると、すぐに台北101が見えますよ。ガイドブックのまんま。

台湾

歩いていくにつれて、段々その大きさがわかってきます。

台湾

さぁ、いよいよ台北101に到着。ここに来たら展望台でしょう
台湾

ということで、展望台行きのエレベーター乗り場がある5階へ。
そこで並んでチケット買うと、お姉さんが日本語で一言。
50分待ちですけど、いいですか」「はい?50分待ち?
きっと10分待ちの聞き違いに違いない。うん。自分に言い聞かせ
「大丈夫です」と答えて、並ぶ列へ行ってみる。

台湾

え?え?え~~~? すごい並んでる。しかもなんか番号が出てるよ。
そう思ってチケットを確認すると入場整理番号が書いてある。
ウギョ~~~~ 私の前に200人以上いる
ここで待ってても仕方ないので、先に会場の場所を確認にでかけることに。

会場はひとつ建物を挟んだお隣にありました
台湾

会場前には似たり寄ったりのバッタモングッズ屋さん。
チラ見しながら、建物のロビーへ。

台湾

台湾

ファンサイトがテーブルを置いて、色々と配ったり質問集めたりしてて、
台湾のファンサイトマスターは日本語バリバリできる子なので、
声をかけたら大歓迎してくれました
ドンワンの入隊を見送りに行ったときに仲良くなりましたが、
この前のソウルではお互いバタバタしててゆっくり話せず、
台湾コンの時は彼女がもっとバタバタしてて、会えなくて。
とっても親切な子で、シナコンの時に作ったものから、
今回のペンミに合わせて作ったドンワングッズをいろいろもらい、
ちょこっと話をしてる間に、展望台へ戻る時間が近づいてきたので、
話を切り上げて、台北101へ戻りました

台北101へ戻った時点で4時10分。ドンワンペンミが6時半から。
まぁ、まだまだ余裕だねと思ったのが大間違い
自分の番号が表示され並んだものの、全く進まない
これ、上に上がるのにどんだけ待つんだろうって不安の思いつつ、
やっとエレベーターに乗れたのは5時過ぎてました。

びっくりするくらい早いエレベーターに乗って、あっという間に98階へ。
係員の方が台湾語、英語、日本語で説明をしてくれたけど、
耳が痛い方は唾をのみこんでください」という
日本語の親切な説明に、クスっと微笑んでしまいました

エレベーターを降りたら、圧巻でした
一人だったけど「すご~い」って思わず声に出ちゃいました

台湾

台湾

台湾

台湾

ものすごい、圧巻の眺めでしたよ。私のカメラじゃこんなもんですけど、
時間さえあれば、も~~とゆっくりみたかった
ペンミでドンワンが5月に来た時の台北101の写真を見せてくれたけど、
夜景がきれいな写真でしたよ さすが、ドンワン
ドンワンが行った日も週末の夜だったろうから、
かなり並んだんだろうなぁと思います。大変だったね

滞在時間10分くらいで、また降りるエレベーターに行列して、
やっと下に降りてきたのは5時30分。
キャ~、私の携帯の時間って、ちゃんと台湾時間になってたよねとか、
不安に感じつつ会場へダッシュしましたが、まだ入場始まってなくて(笑)
開場は6時だったんですね。結局、少し待つ羽目になりましたが、
ここはなかなか涼しくてよかったです。
いよいよ、会場へのエスカレーターが稼働。
ロビーに溢れてたファンの皆さんが一斉に始動して、
続々と3階の会場へ向けて動き出します。私も一緒に移動
海外公演のチケットはいつも、これ本物だよね?と小さな不安がありますが、
ちゃんと入れたのでよかった~と胸をなでおろしつつ着席。
いよいよ、ドンワン初の台湾ペンミスタートです

ステージのスクリーンにはドンワンの写真で構成されたVTRが流れ、
終わると「ソンスゴン」が流れてきました
そんな予感がしてましたけど、
前奏と同時にドンワンは客席後方のドアから登場
この登場は日本ペンミでもやって、ドンワンお得意ですね

ドンワン台湾ペンミ

ドンワン台湾ペンミ

でも、さすがは台湾。日本は座ってて言えばみんな座るけど、
どんどんドンワンのそばに集まっちゃうから、全く見えなくて
スクリーンでかろうじて、ドンワンを確認する状態でした(笑)

MCさんはエリとエンディのペンミでもMCを務めてくれた方だそうで、
片言の韓国語も混ぜたりして、盛り上げてくれてました。

ドンワン台湾ペンミ

でも、韓国語に聞こえなくて(笑)、ドンワンが繰り返すからわかる感じ。
言葉の問題が心配でしけど、通訳さんがマイクを持って話してくれたので、
韓国語でなんとか会話の内容は把握できました。
台湾ペンのリアクションをすぐにわかれないのが、
ドンワン的には残念そうでしたね。
オープニングトークでは、士林夜市が好きって話をしてました。
前の日にも行ったみたいですね。
キムチデジコギが美味しかったって言ってたような。
それって、韓国料理では?台湾料理なの???と思った記憶が(笑)

ドンワン台湾ペンミ

最初のコーナーでは、俳優キムドンワンにスポットを当てました
VTRを混ぜながら話をしてくれました。
最初に紹介されたのは「ヨンガシ」の映像でした
韓国以外で見る機会なかった「ヨンガシ」の映像を
大きめのスクリーンで見られて、テンションUPです
シナで一番まじめなので(笑)、監督に欲を持つように言われた」と
ドンワンはそんな裏話も聞かせてくれて。

そのあとは、エリの日本ペンミの時のように出演作品のパネルが出てきて、
ドンワンが制作順に並べるクイズがありました

ドンワン台湾ペンミ

天国の子供たち」から「絶頂」までだったかな。
単発ドラマから映画、ミュージカルまで並んだけど、
震える胸」と「悲しみよ、さようなら」の順番が逆になっちゃって、
全問正解とは行かなかったんですけど、
このパネルのヘドウィグ写真で盛り上がりしましたよ(笑)
MCさんが「これは誰ですか?」と聞いたら、ドンワンが「妹です(笑)」って。
お綺麗ですよね。紹介してください」って。ドンワン照れ笑いです

再び座って、テーマ別に集めた出演作品の映像見ながらのトークです。
ドンワンが自分の演技をどんな姿で見るのかってほうが気になって、
スクリーンに出る映像よりもドンワンをガン見しちゃいましたよ。
この続きは③に続きます。頑張って書くぞ


さらんはぬん Dongwan
[ 2012/08/28 21:40 ] Dongwan | TB(0) | CM(0)