FC2ブログ








「頑張れ、ミスターキム」第40話

ドンワンの優秀演技賞だけじゃない、ノミネート俳優が目白押し。な40話です。

ミスターキム

【第40話あらすじ】
ヘスクに冷たくされたウギョンはコヌクの家を飛び出す。忘れ物を届けにきたテピョンと鉢合わせして、テピョンに慰められるウギョン。テピョンのおかげで元気が出たウギョンは心配して駆けつけたコヌクとも仲直り。ウギョンに冷たくしたことでサングクによく思われないとチェサンに指摘されたヘスクはウギョンを呼び出す。ヘスクは自分があった裏切りの話をウギョンに聞かせ同情を買おうとする中、コヌクはウギョンの家で家族たちによく見られようと努力する。一方、ソンアのオンマがソンアに会いに来てソンアは大喜び。ソンアオンマにソンアを連れていくと聞かされたテピョンは・・・

(参考:「頑張れ、ミスターキム」番組HPより)

ウギョンの涙に動揺しつつも、上着を着せて、食事に誘って。
恋愛に慣れてないテピョンだけど、ウギョンのために咄嗟にした行動は
恋人への気配りに似ているものを感じますね。
ウギョンも恋人ではない男性に励まされることがなんだか変だと言ってましたけど、
テピョンの存在がコヌクとは違った意味でウギョンにとって、大きくなっていってますね。

そんなことも知らないコヌクは一生懸命点数稼ぎしてます。
エプロンしてたけど、テピョンほどは似合わないね(笑)
だれか、優秀賞受賞記念にテピョンさんにいいエプロンプレゼントしてくれないかな

ソンアオンマが久しぶりに出てきたって思ったら、ソンアを連れて帰りたいって。
ソンアもオンマと暮らすのが一番いいに違いないけど、
テピョンとソンアの姿を見てると、離れ離れになることが想像できないなぁ
テピョンアッパとソンアの運命はいかに
今日放送の41話も必見ですね。見れるかな~。深夜まで仕事なので


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



ドンワンから感謝のコメント♪

LIVE WORKSのtwitterには、ドンワンからのメッセージ
読み返すと、感動再びですね

「[From_KimDongWan-キムドンワン] 2012年、神話のカムバックからとても良いことだけ多くて、身の置き所がわからないです。多くの方々の応援と関心の中で過ごした2012年最後の日に過分な賞まで受けるようになって光栄です」
ドンワン

「[From_KimDongWan-キムドンワン] 本当に本当にもらうことがdけいないと思っていたから、所感に一緒に撮影中のミストーキムの仲間たち、そしてうちのライブワークの家族たちの話を漏らして惜しいです。」

ドンワン

「[From_KimDongWan-キムドンワン] 次に授賞式では、もらうに値する人になって参加するように。2013年にも熱心に走ります。本当にありがとうございます。 明けましておめでとうございます~!!」

【LIVE WORKS twitterより】

いい笑顔~ ドンワンのこんな笑顔、大好き

メントは準備してきてない感じがよかったですよね
ドンワンは後になって、これも言いたかった、あれも言いたかったって
次の機会には、もっともっと、たくさん話せるように、
また、こういう場に戻って来れるように、頑張ってください


さらんはぬん Dongwan
[ 2013/01/01 11:35 ] LIVE WORKS twitter | TB(0) | CM(4)

ドンワン、受賞コメント!!

2013年、最初の日ですが、いつものように出勤しております(笑)

昨日は、興奮冷めやらず、なかなか寝付けませんでしたが、
改めて今日、この映像見るとドンワンのドキドキが伝わってきて、
感動も伝わってきて、ウルウルしてしまいます



ドンワン、笑顔だけど、かなり緊張してる様子ですね。
昨日は、こっちがドキドキしちゃって、ドンワンの様子よく見れてなかった。

2012年、俳優としてまたひとつ飛躍したドンワン。
2013年は俳優として、シナとして、もっと飛躍することを祈ってます

P.S.拍手コメントいただいたHさんへ
   シナのあいさつ動画は「シナ放送」を放送してるJTBCのものですよ。
   なのでFCに入ってなくても見れます
   シナFCは、あまり特典感があるものはなくて。私は入ってますけれど
  

さらんはぬん Dongwan
[ 2013/01/01 10:01 ] Dongwan | TB(0) | CM(6)

2013年もシナと一緒に~!!

あけましておめでとうございます

2013年もシナと一緒に過ごしましょう~



シナデビュー15周年の2013年、最高の年になりますように

本年もよろしくお願いします


さらんはぬん Dongwan
[ 2013/01/01 00:26 ] SHINHWA | TB(0) | CM(0)