FC2ブログ








16周年コンサートレポ②

16周年コンサートレポ第2弾です。いよいよ、開演しますよ

会場へ入ると、左右のモニターには先輩、後輩歌手からのお祝いメッセージが。
テジナ先輩に東方神起、CN BLUE、Girl's Day、Sister、少女時代などなど。
豪華歌手陣からのメッセージが。中でも一番盛り上がったのは、
ユ・ジェソクさんとパク・ミョンスさんからのメッセージ 楽しかった(笑)

スタンドVIP席には1日目、人文字用の紙が置いてあって、
2日目はスタンド席全体に「HERE WE ARE」のペーパーが。
人文字はわかりにくかったけど、2日目はオレンジ一色になってましたね

照明が落ち、「シナサン」コールでコンサート開幕です
大きな白いボードに16周年ロゴの動画が映し出され、テンションUP
画像からドラゴンが飛び出してきたかと思うと、5つの剣に変わり、
その剣の先にはメンバーが現れ、割れんばかりの歓声が

16周年コンサート

メンバーは黒の上下に赤いジャケット、ナイト風な衣裳で登場
(王子様というより、守ってくれる騎士風かなと・・・)
リフトが下まで降りると、それぞれの持ち場へ。
1曲目は夏に一番盛り上がった、あの曲「Scarface」でした

16周年コンサート

エンディがいない5人の舞台。エンディのパートはどうするの?
これが、今回の一番の心配ごとであり、関心事。
1曲目の「scarface」はエンディのラップを誰かが変わることはせず、
ミヌが「叫べ~」と言って、歓声とダンスだけで見せました。
1曲目から誰かが代わりに歌うより、よかったと思う。
夏に衝撃を受けた「Scarface」だったけど、
エンディがいないことのほうに気持ちが行ってたせいもあって、
1日目は見たような気がしなくて(笑)
2日目はドンワンと女性ダンサーの絡みをガン見しました
ダンサーさんの手がね、ドンワンの首筋あたりに行くの。キャー
思い出し鼻血が出ないように気を付けないと(笑)

ダンスグループですから、立て続けにダンス曲で行きますよ
2曲目は「Venus」代役入れずに5人での新フォーメーション。
Scarface」ではエリ、「Venus」ではドンワンが左右変わって、
エンディの位置に入ったりして、5人でのV字フォーメーション
ここではヨンギュ兄の出番なし(笑)← ヘソンの代役してくれたヒョンです。

3曲目、もうここで歌っちゃうのねだった「Brand New

16周年コンサートドンワン

この曲はもったいぶって、後半にとっておきたい感じするじゃないですか(笑)
でも、その「Brand New」を3曲目に出してきちゃうってとこに、
今回のコンサート、期待していいよって言ってるようで、
すごくドキドキしちゃいましたね。
エンディのラップ部分が編曲されてなくなってる構成で、
そこは寂しくもあったけど、5人だから仕方ないかなぁ

5人が並んで最初のメントです
1日目はメンバーから何度かエンディの名前が出て、
その度に客席からは言葉にならない寂しい気持ちがあふれました。
2日目はドンワンが突然、変なポーズを取りながら
のえどぅる ならん いっすにか ちょあ?」って。
(「お前たち、俺といるから楽しい?」ってな意味ですね)
16周年コンサートドンワン
へ?って思ってしまったけど、チャンジョちゃんたち爆笑
そのポーズからして、流行ってるギャグなんだろうって思ったけど、
やっぱり「ウッチャッサ」で流行ってるギャグでしたね。
私が見た本家より、ドンワンの方がオーバーでした

エリックからは客席を埋めてくれたことへの感謝の言葉があって、
よくし、シナチャンジョ」って言ってくれてて、うれしかったなぁ
ジニが「ここにいないメンバーのためにもっと熱心にがんばる」って。

笑えて、ウルっとするメントの後は、スタンドマイクの前に。
4曲目はロック調にアレンジされた「Shooting Star
男っぽくアレンジされた「Shooting Star」は、
ボーカルも際立つかっこいい曲になってますよね。
特にドンワンパートの「しんふぁぬん こっきじあな」は
ドンワンがマイクを向けてくれて、ファンも一緒に絶叫
曲の途中、ラップから花道に飛び出したメンバーたち。
エリのラップにエンディが絡むのが本来で、
エリの後ろにエンディがいてマイクをそちらに向けて絡むのに、
今回はエンディがいなくて、でも自然とマイクを後ろに向けるエリ。
一瞬のことなんだけど、なんだかジーンとしました
最後のエンディのラップはエリとジニが中心になって消化しました

5曲目は10集から「Red Carpet
赤い照明に照らされた花道を所狭しと飛び回るメンバーたち。
「Venus」とともに、10集タイトル曲候補に最後まで残った曲だけに、
シナらしく、ビートの聞いた曲がかっこいい

上着を脱いだブラックシナが歌ったのは「Hey Come On
この曲を聞かなきゃ始まらないって感じですかね

16周年コンサート

2日目はA区域にいたので、「Hey Come On」は後ろ姿だったけど、
がんがん踊ってる後ろ姿は貴重だと思って、ドンワンがん見
後ろ姿からでも、ドンワンが力いっぱい踊ってるのがわかって、
ほかのメンバーが要領よく流す部分も、キレよく踊ってて、
お、さすがキムドンワンって思ってみてました
特に「Hey Come On」はどうしてもオーバーになっちゃう曲だから

がんがん踊った後は、少しのクールダウン。
今回もシナが準備した動画テロはすごかった(笑)
期待を裏切らないメンバーの演技から、目が離せませんでした

この続きは③にて。まだまだ、始まったばかりですよ


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2014/03/29 21:25 ] SHINHWA | TB(0) | CM(2)