FC2ブログ








ミヌ東京コンサートレポ③

記憶が薄らいで行く前にミヌコンレポの第3弾です

MC中にヘッドセットからハンドマイクに付け替えたミヌだけど、
付け替えのために出てきた音声さんとのやり取りが面白かった(笑)

昼も夜も同じ音声さんで黒縁メガネの高橋さん
なんで名前まで知ってるかって それはミヌが聞いたから
音声さんは仕事を忠実のこなそうと、ミヌに近づいてヘッドセットを外して、
イヤモニの本体(腰のつけてるやつですね)をいじろうとしたのかな。
そしたら、ミヌがふざけて、お尻触る~みたいなアクションを(笑)
クールに仕事を続ける高橋さんをいじりたくなったミヌはマイクを向けて、
お名前は?」と聞くけど、なかなか答えてもらえず、
しつこくマイクを向けて、やっと「高橋さん」であることが判明(笑)
高橋さんはとてもクールに仕事をこなして去って行こうとして、
でもまだいじりたいミヌは呼び止めようとするけど、そのまま去っていって(笑)
ミヌもちょっとさみしそうで、会場からは「高橋さん」と声がかかったり

昼の部ではイヤモニ本体のワイヤレスアンテナが取れちゃって、
ミヌが落ちてるのに気づいて、高橋さんが再登場したけど、
結局はミヌが自分で先につけちゃって事なきを得ました。
ミヌに声をかけられ、どうしたらいいのオーラを出しつつ、
ミヌと最小限だけ絡んで去って行く姿は思い出深いです

そうそう、夜の部の最初のMCの時だったと思うけど、
日本のファンが「ミ~ヌ~」って呼ぶのが好きだって話をしてくれて、
(「ヘソンも「ヘ~ソ~ン」が好きって日本コンの時とか、よく言ってるよね)
みんなが「ミ~ヌ~」って呼んだら、「な~に~」って
こういうファンとのやり取りも、さすがイ・ミヌですね

ミヌ東京コン
【Kstyleより】

ここからはイスの座ってしっとり聞かせますよ
8曲目はシナコンでも既に定番曲となった「On the Road
女性コーラスと一緒に歌う、シナとは全く違うアレンジで、
客席も一緒に大合唱になりました 自信持って歌えるもんね。
シナの歌を聞いて、ここはドンワンのパートだよんって思ったら、
他より一生懸命歌っちゃう自分は、骨の髄までドンワンペンです

続いても聴かせるバラード、9曲目は「Girl Friend
ミヌの感情のこもった歌声に静かに聞き入りましたよね。
ミヌの曲が印象に残るダンス曲が多いけど、切ないバラードもいい
ヘソンともドンワンとも違う、感情の込め方ですよね。
三者三様だからこそ、シナのボーカルラインはいいんだよな~

続いての10曲目は大人のミディアムバラード「Just One Night
この曲を聞くとどうしてもセクシーMVを思い出しちゃって、
大人なミヌが頭に浮かんじゃうんですけどね
舞台を端から端まで動きながら歌うミヌに歓声が上がりっぱなしでした

さて次は、予習もばっちりだったし、みんな好きな曲でもあるし、
メインディッシュの一つと言える、11曲目は「남자를 믿지마
この曲をはじめて聞いたのは、ドンワンのソロコンだったんですよ
まだ、発売前だったんだけど、コンサートにトークゲストで出てくれて、
ドンワンに言われてアカペラでちょこっと歌ってくれて。
そのちょこっと聞いた時から好きな曲になっちゃったんですよね。
ビートの強い、ガンガン行く曲が多いイメージだったので、
とっても柔軟な感じのダンス曲がとっても新鮮で振り付けも好きだった
予習もバッチリして行った曲ですから、一緒に歌えたし楽しかった

ここでッミヌは2回目のお着替えに向かいました。
今回がここでバンドの紹介となりました
舞台センターの大きなモニターに担当楽器と名前が出て、
演奏してる姿が映し出されるという、改まった紹介がないけど、
かっこいい演出だったなぁ 知った顔も多くてホッとする

バンド紹介が終わる頃にはミヌのお着替えも終わったようで、
舞台階段の上の椅子に座った、大人な空気をまとったミヌが登場
赤い革のパンツに紺のトレンチコートにハットをかぶったミヌ。
セクシーなポーズで登場する女性ダンサーの赤い照明
12曲目はソウルコンでも話題になったGirls DayのSomething

ミヌ東京コン
【Kstyleより】

過度の踊らず、女性ダンサーと軽く合わせる控えめな感じが、
大人な雰囲気を醸し出してて、一層かっこよかったですね。
片手をポケットに入れてるまま踊ってたとこも余裕を感じてかっこよかった

次も大きな話題になった曲ですよね 飛ぶ鳥落とす勢いのEXOの曲。
Growlのカバーが13曲目となりました
原曲のアレンジにミヌらしい、ビートの効いたアレンジが加わって、
一層力強い、大人なうるろんでしたね
振り付けもキャっってなるようなとこもあり、
息遣いだけでリズムを刻む、ミヌ独特の演出もセクシー
「オオ~~~ン」の雄叫びもに、客席から悲鳴のような歓声が上がりました

2組の後輩のヒット曲をアレンジして披露してくれたミヌ。
2曲とも、誰かの歌って言うより、ミヌのものになってましたね

長くなってきましたよ。後1回で終わるのか、2回になるのか。。。
もう少々お付き合いくださいね


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2014/06/12 22:55 ] Minwoo | TB(0) | CM(0)