FC2ブログ








私が見た、2014年版ヘドウィグ ②

細かすぎて伝わらないヘドウィグ」レポ第2弾です(笑)
何の話を書こうかなぁ~と思いつつ進めていきますね。

ヘドウィグ」の出演者は1公演に6人。
ヘドウィグイツハク、そしてバンド・アングリーインチ
ヘドウィグとイツハクは歌はもちろん、演技もありますが、
バンドの皆さんは細々して演技はそんなになく、演奏がメインなのです。
ひとつのポジションに二人はいるので、日によって違うんですけど、
ほとんどの人が3年前にもご一緒した方で、
今回、ほかの公演をみることはできなかったんですけど、
ドンワンはバンドともかなり絡むタイプのヘドウィグだったようです

ドンワンは誰かに偏ることなく、みんなにちょっかいを出します(笑)
色んなシーンが目に浮かびますけど、
ヘドウィグがメンバーに質問して答えさせるシーンで、
面白い答えを要求するような空気が流れるんです。
メンバーはいつドンワンに振られるかわからないから(笑)、
何をこたえようなって考えてたりするんですよね。
若いギターの男の子も前日、すご~く振られたので、
色々考えてたろうと思うんですけど、それを見抜いたドンワン
彼の前まで行って顔を持て「アンガ(行かない)」って(笑) 2回言ってた(笑)
男の子も苦笑いですよ~。ドンワンもクククって感じで

ギターといえば、3年前もご一緒してたZakkyさん
今回もめっちゃ楽しませてくれて、ドンワンにこれだけ絡んで行けるのは
Zakkyさんしかいないでしょう~。ドラムのミンギさんも絡んでくれるかな(笑)
ドンワンにちょっかい出すもんだから、半ズボンから出てる足の
すね毛をしょっちょうむしられてましたよ(笑)
Zakkyさんは、仁川アジア大会の音楽アドバイザーもされてて、
他の皆さんもそうですけど、みんなすごい人たちなんですよね~

Zakkyさんはちょっかい出して来るドンワンにかなり逆襲してましたよね。
真剣に首あyたりにチューしようと吸い付いていって(笑)、
ヘドウィグに「何してるの~ヤ~」って逃げ回ったり、
マッコンの日も棒状のものをもってドンワン追っかけてた(笑)
公演が終わって外に出たあと、ファンに囲まれた車の前でも
Zakkyとドンワンの愉快なやり取りが展開されてました

バンドメンバーとのやり取りをかいたらキリがないんですけど、
ヘドウィグとトミーが再会して車でドライブ中にチューしたたら、
よそ見運転でスクールバスにぶつかっちゃって、
トップ歌手のトミーのスキャンダルとしてニューヨークポストに載るんですけど、
その事故の目撃者としてインタビューを受けるのがドラム担当さんの役目。
ラジオ「DDshow」のメインDJも務める、ドラマーのキムミンギさん
ドンワンにアイデアを出して、フランス語で笑いを誘ったりして。
「ヘドウィグ」が初めてアジュンマ達とバンドを作って歌った時のシーンでも
ミンギさんは「アリラン」を歌ったり、ドンワンも自由に楽しんでる部分多かったけど、
ミンギさんはじめ、バンドの皆さんも楽しんでたなぁ~

ヘドウィグ

この写真含め、ドンワンのリハーサル動画を上げてくれたりしたものミンギさん。
舞台の左側にある階段の下の部分にカメラを設置して撮ってましたね。
リハーサルの写真とか動画は上げてくれる方がいてこそ見れる部分で
ミンギさんのfacebookのおかげで色々楽しませていただきました

舞台上にいる人たちの中で、ヘドウィグ以外はみんな不法移民なんです。
ヘドウィグは米兵のルーターと結婚して(結婚自体偽装な気が・・・)
アメリカに移住してきたから、滞在が許されてる移民なんですよね。
イツハクはヘドウィグと結婚することで滞在を許されるのかな。
舞台でイツハクの態度にイラっとしたヘドウィグは悪ふざけで、
移民局に電話して通報するふりをするんだけど、
移民局の人間げ来たように客席に向かって「チャバ~(捕まえて~)」って
超裏声で首を振りながら叫ぶのが、めっちゃ可愛いのですけど(笑)、
バンドメンバーは捕まらないようにみんな隠れるんですよね。
その時、他のメンバーは舞台裏まで逃げて行くんだけど、
ミンギさんはドラムの影に隠れるんですよ。
Zakkyさんは慌ててるようで落ち着いてるようで、
子供が持つようなランチバックを持ってるんだけど、それをもって逃げようとして(笑)
慌ててるようでちょっと抜けてる姿が、めっちゃお茶目
舞台の裏からはわざと走り回る音が聞こえてきたり、芸が細かい(笑)

日によって色々やったり、やらなかったり。
決まったストーリーに肉付けしていく感じが3年前とはまた違う、
10周年らしいヘドウィグ」だったんだなぁと思います

ヘドウィグ

何かをみんなで作り上げる楽しさ。それはミュージカルでも、
ドラマでも、映画でも、もちろんシナとしての活動でもそうだけど
そういう充実感が伝わってくる仕事をドンワンがしてる姿を見れること、
ファンとしては最高に幸せなことだなぁ~と思います

出演者の皆さん話はまだまだ書きたいんですよ。なので、③に続きます(笑)
イツハクの話もロックンロールジェスチャーもね
まだギホさんの話も書いてないし、思い出し追記もしちゃうかも。
次はいつUPしますとは宣言できないですけど、ご期待ください


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2014/11/05 23:34 ] Dongwan | TB(0) | CM(0)