FC2ブログ








エンディペンミに行ってきました②

あまり間があかないうちに続きを書こうと思います

エンディが舞台を降りて衣装チェンジしてる間に
エンディのサイン入りグッズの抽選会がありました
このサイン入りグッズがなんだか笑えてしまって
色紙に書かれたサインに手形まで入ってて、お相撲さんのみたいで
チェキにサインが入ったものはフムフムって感じでしたが、
サイン入りポスターがあったんだけど、
そのポスターがエンディでもシナでもなくて、なんとニエル(笑)
ニエルのポスターに「ニエラ~」ってエンディがサインしてるっていう(笑)
なぜ自分のじゃないんだってかなりウケたけど、貴重でした

お着替えして現れたエンディを待っていたのは過酷なダンスタイム
エンディが一人でシナのダンスを踊るのを見るってないから貴重でした。
シナコンではでんしんぐましーんばっか見ちゃうから(笑)
エンディは「Perfectman」「I pray 4 U
Brandnew」「Wedding」「Wild Eyes」のサビを
続けざまに踊らされました 全部は踊れてなかった(笑)
きっと6人のフォーメーションとかで覚えてるんでしょう、
急にひとりで踊れって言われると困っちゃうのかも。というフォロー(笑)
エンディ、頑張ってうっすら汗かいてましたよ

さぁ、続いてはエンディとダンス対決ということで
客席から踊りたいという有志が舞台へ
さすがに皆さん、平均年齢若いわって話になった(笑)
ソウルコンでもシナのダンスのコピーしてるチャンジョちゃんたちが
ダンスを披露して盛り上がるのがソウルコン前の恒例だけど、
日本でも踊ってる方いるのね~って楽しかったです
エンディ、また5曲を踊らされてバテてました(笑)
ダンス対決では「Hey Come On」「「This Love
T.O.P」「Venus」「標的」の5曲でした
客席も踊れなくても掛け声はできるってことで、
コンサートばりの掛け声がんばりましたよ(笑)

最後は恒例のファンとのラブラブタイムです
抽選で当たった3人の方が舞台に上がったんですが、
なんとシナペンになった当時からの友人が当たりまして、
もちろん彼女はエンディペンでして
もう、そんな姿に大感動でオンニと涙しちゃったのです。
ドキドキも伝わってきたし、一緒に過ごしてきた時間を思い出したりして、
私たちには感動モンの時間でした

エンディが出したサイコロの目がミッションになってるんだけど、
それぞれに何番がいいか聞いてくれて。
奇跡的に希望通りの番号がでたのは1回だけだったけど、
そのほかの2回はスタッフも共犯になってサイコロ転がしたり、
エンディが軽く蹴飛ばして希望の目を出したりして。
バックハグで愛の告白」「手を繋いで会場をお散歩
手にキスをして愛の告白」という、キャ~なシチュエーションを
全て見事にやってのけた王子様エンディでした

楽しい時間はあっという間に過ぎて、エンディからご挨拶が。
「今回2年ぶりに皆さんとお会いできて本当に嬉しい。
12集活動のレコーディングしながらたくさん心配もしたし、
僕のせいで2年ぶりのかムバックになったということもあったけど、
いつもメンバーがそばで支え合いながらやってきました。
活動が始まる前、「長寿の秘訣は?」という質問をたくさん受けて、
その度に「メンバーがお互い助け合ってきたから」と答えたけど、
それは違っていて、神話創造がいてくれたらかだと、
12集活動を終えてみんなが思ったことでした。
コンサートのリハーサルはガランとした会場でやるので、
この会場が埋まるのかいつも不安になりますが、始まってみると
そこにはたくさんの皆さんが集まってくださっていて。
神話創造は義理がある。ありがたい気持ちを伝えたいと思いました。
皆さんが義理を持ってずっと愛してくだされば、
シナはずっと死ぬまで続けていけると思います。
これからも応援お願いします。
個人活動も頑張りますので、こちらも期待してください。
芸能人は舞台に立つ前、立っているとき、そのあと、いろいろ考えます。
舞台に立つ前とあとでも考えが変わったり、疲れることもあります。
でもみなさんの歓声に元気をもらったり、癒されたりします。
これからも応援お願いします。」

聞きながら自然とウルウルしちゃう素敵な挨拶でした
エンディの色んな思いが伝わってきました

エンディペンミ

最後に「To My Luv」を歌ってくれて、
その間にみんなからの写真がスクリーンに流れて、
歌い終わってから気づいたエンディは全ての写真を見るまで、
後ろを向いて楽しんでいました
笑顔で会場に手を振り、舞台を降りたエンディ。
なんと、この時点で9時30分すぎ。30分押しだったそうです
それだ盛り上がったペンミだったと言えますよね

まだまだ興奮は終わりませんよ、最後がチェキ撮影会です
エンディとはハイタッチ、団体写真撮影はしたことがありますが
(ドンワンの次に近くであってる回数多いのがエンディかも)
今回はチェキということでどんな感じか想像できなかったんですが、
椅子がふたつ並んでいて片方にはエンディがすでに座っていて、
いらっしゃい~って感じで迎えてくれました
アニョハセヨ~」と声を書けると「アニョハセヨ~」と
とってに優しい声で返してくれてドキドキ
となりに座るとポーズどうする?的な表情でこっちを見てくれたので、
胸の前で一緒にハートを作ってもらいました
そしたら、片方の空いた手で肩を抱き寄せてくれて、
頭までくっつけてくれる至近距離での撮影
近いっ 近いっ ってこっちがビビりました

エンディペンミ

こんな可愛いエンディが、こんな近くにって
沖縄ペンミでドンワンと写真を撮りましたけど、
こんなに近くで撮ったことないよう~ていう驚愕の距離感
驚きすぎてまともにエンディも顔もみえれず、
カムサハムニダ~」しか言えずにその場を後にしました

日本に来てくれたことだけでもとっても嬉しかったのに、
こんなに笑顔で最後まで大サービスしてくれて、
本当にエンディありがとう~~
エンディの笑顔を見ながら、早く6人揃って日本にきて欲しいと
一層強く思った、エンディペンミでありました


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2015/04/07 20:13 ] Andy | TB(0) | CM(0)