FC2ブログ








明日公開、映画「視線の間」ドンワンインタビュー

いよいよ、明日公開になるオムニバス映画「視線の間
ドンワンは「誇大妄想者たちに主演しています。

明日の公開を前にインタビュー記事が掲載されました


<視線の間>インタビュー | 長く鍛えた均衡感覚、誇大妄想者(たち) キムドンワン

誇大妄想者たち

誇大妄想者たち


② 長く鍛えた均衡感覚、誇大妄想者(たち) キムドンワン

“とても古い芸能人であるからインタビューがつまらないでしょうに。” 会うやいなや照れくさく言う。 キムドンワン特有の寛容でこだわらない笑いが満面に一杯だ。 1998年6人組アイドル神話でデビューしてから18年、それに先立ち1996年のドラマスタートで演技生活を始めてからは20年。 騷がしい芸能界生活を耐えた秘訣は親しい印象の一方で正しい事は正しい、違うことは違ういないという講壇を備えた‘均衡感覚’であると言える。 二番目のエピソード ‘誇大妄想者(たち)’(シン・ヨンシク監督)に出演した以後、普段持っている個人的、社会的 ‘均衡感覚’に対する悩みがもっと大きくなったと言う。

“’均衡’が核心的な言葉ではないかと思います。” 誇大妄想症にかかったウミン(キムドンワン)と、彼を誇大妄想に追いやった世の中の間の不通を描いた誇大妄想者(たち)の主題に対する解釈を尋ねると出た答えである。 正常とアブノーマルが任意に分けられて、不通と誤解がもつれる世の中で相互理解と疎通を助ける‘均衡感覚’の価値を伝える映画という説明である。 彼が強調する均衡の意味は表現の自由と表現の礼儀を包括する、寛容に近い。 映画の末尾に字幕で登場する、(ボルテールが言ったことで間違って知られた) 18世紀フランスの寛容に対する格言が自分の信念と一致するという話も付け加える。 “あなたの意見に反対する。 しかし誰かがあなたを弾圧したなら、あなたの側に立つ。 完全に同意します。 人としての人権も、市民としての権利と義務もそれを健康に維持するのに必要なのは ‘均衡’に見ます。”

彼は個人でも集団でも、自由に動くが自堕落で流れなくする社会的約束も規則と均衡と言うのは単語で表現する。 “今、社会は必要な規則が消えて不均衡と混乱が生じています。 自堕落と自由を区別することができない人々と事件が現われて。” 彼は去る 5月 3日、加湿器殺菌剤事件の最大の加害者であるオキシー・レキットベンキーザーに対する公開不売運動に出た。 規制の手網を脱して自堕落に駆け上がった資本、そういう自堕落を傍観した権力に最後まで責任を問わなければならないという所信からだ。 “オキシの前代表が拘束されて終わりではないです。 問題を傍観した全てに責任を問いますよ。 ‘オーバー’ だという見方もあるが、‘オーバー’と思ってしなければ、大きい問題が起こることもあります。”

イメージが資産である芸能人であるが、いわゆる ‘所信の歩み’や人権映画出演が負担ではないか? “恐れは全然ない”と言う返事が返って来る。 “芸能人にはどんなイメージでもないよりあるほうがましだ”と言う判断から出た自信感である。 自信感は彼に考えと言葉の自由を与えた。 性少数者が主人公であるミュージカル、<ヘドウィグ>出演当時 “ゲイが伝染病でもなくて、私の子供がゲイで生まれることもあるから性少数者の話がしきりに言及されてほしい”という発言を、去年セウォル号惨事 周期の頃、フェイスブックで “遺族と国民は制度的にこれ以上こんな事が起こらないように努力する国を望みます”という声を出すことができた背景である。

町内のカフェででくわした赤ちゃんがきれいでカメラに収めてみたらシン・ヨンシク監督の娘であったという偶然で始まった人権映画という縁である。 あまり重くないが、ただひたすら軽いだけでもない彼が立てる演技と人生と言うのは航路にもう一度 ‘均衡’を合わせてくれる道しるべになることもできる。

【メックスムービー 2016.6.8】

人権映画の主演俳優へのインタビューだから難しいところが多くて、
普段身近なお兄さんとしてそこにいてくれるドンワンの
思慮深いところや考えが出ている気がします。

明日から公開ですが、大作映画ではないので映画館も限られています。
行かれる際は上映館と時間をしっかりチェックしてくださいね


映画「視線の間」はあす公開です


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2016/06/08 23:29 ] Dongwan | TB(0) | CM(0)

「また、オ・ヘヨン」ドンワンのオススメ記事(ネタバレ注意)

ドンワンのオススメ記事をご紹介します
ドンワンも私たちと同じような気持ちで見てるんですね


[キムドンワン] エクスポーツニュース - [前日夜話] ‘また、オ・ヘヨン’ エリック♥ソ・ヒョンジン、死の前に再会なるか

*DW SAYS,
"ダメ!!!"


【CI ENT 公式twitterより】



[前日夜話] ‘また、オ・ヘヨン’ エリック♥ソ・ヒョンジン、死の前に再会なるか

また、オヘヨン

‘また、オ・ヘヨン’ エリックとソ・ヒョンジンが再会することができるか。

7日に放送された tvN 月火ドラマ‘また、オ・ヘヨン’12話では土のヘヨン(ソ・ヒョンジン)がパク・ドギョン(エリック)にしがみつく姿が描かれた。

この日、土のヘヨンは‘キム・シニョンのモーニングコーヒー’で電話連結を通じて悩みを相談した。 土のヘヨンは"高等学校のとき、名前が同じ子がいたんです。 私が好きだった男がその子と結婚する所だったが破談になってその子に復讐するつもりが間違って私がやられてしまったんですが、私はそれも知らず"と言いながら涙した。 はじめから匿名を要求した土のヘヨンだったが、怒りを抑えられず "その人もオ・ヘヨンもみんな殺してしまいたいです"と言いながら名前を公開した。 土のヘヨンは全国的に破談に理由が明かされ、親戚、同級生、会社の仲間など知人に物笑いにされた。

しかし、土にヘヨンはパク・ドギョンに対する未練を捨てることができずに家に訪ねた。土のヘヨンは "私は大丈夫じゃない。 目を開けているのが嫌。でも眠れない。 腹が立って眠れなくて、会いたくて眠れない。と言いながら告白した。 パク・ドギョンは土のヘヨンを抱きしめ、 "これから悪口を言いながら生きて。 他の人たちと一緒に。 私の悪口を言って。 電話して悪口を言いたければ百回でも聞いてあげるからいつでもして。 私をいじめてもいい"と言いながら慰めた。

土のヘヨンは"ただ、私の心の底が見えるまで、一緒に行ったらダメかな。 床まではなくて下火になるまで。 みんなが知ったし諦めなければならないのは分かる。 私諦められないみたい。そうして別れたら私、長い期間大変そう。 誰にも知られず少しだけつき合って別れよう"と言いながら涙流した。 パク・ドギョンは "こめん。 私が一人悪いやつである時に終わらせる"と言いながら断った。

またチャン会長(カン・ナムギル)は過去にパク・ドギョンに頼まれる前にハン・テジン(イ・ジェユン)に投資したお金を回収したという事実が明かされた。 これにより、パク・ドギョンと土のヘヨンが再会することができる可能性が開かれた。さらに、パク・ドギョンが交通事故にあった後、このことを回想する姿が描かれた。

最後の場面でパク・ドギョンは "死んでも構わない。 後悔しながら死なない。 私の心、最後まで行って見る"と言いながら決心した。 これからパク・ドギョンが土のヘヨンとまた会って愛することができるか劇の緊張感を加えた。

【エクスポーツニュース 2016.6.8】

激動の11話、12話ですね。11話でヘヨンの破談がドギョンのせいとわかって、
12話で真の理由をドギョンが知るようになるっていう
ドギョンが交通事故に合って死んでしまうのか、
ふたりは再会して愛しあえるのか、気になる展開ばっかり
エリックがサプライズで歌うんじゃないかって話もあったり、なかったり。
あと6話、見逃せない展開が続きますね


さらんはぬん Dongwan
[ 2016/06/08 22:48 ] また!オヘヨン | TB(0) | CM(0)

少年キムドンワン、現わる!

昨日のMBCラジオ「2時のデート」に出演したドンワン
番組のSNSに上がってきた写真、まさしく少年でした

ドンワン
【「2時のデート」番組twitterより】

ドンワン
【MBCラジオ instagramより】

この寝起きの子供みたいな、ゆるーい感じ
前髪も長めなので、前に下ろすと可愛い感じに。
少年デンポーは、こんな感じだったんだろうな

ジウさんとは明日初めて、同じ舞台に立ちます。
色んな組み合わせがあるので、そこも楽しみですよね


さらんはぬん Dongwan
[ 2016/06/08 09:50 ] Dongwan | TB(0) | CM(0)

「また、オ・ヘヨン」12話も最高視聴率更新!

昨日放送の「また、オ・ヘヨン第12話
放送開始以来、全話で視聴率更新です

【美親の視聴率]'また、オ・ヘヨン'、また、やった! 12回連続の最高更新

また、オヘヨン



tvNの月火ドラマ'また、オヘヨン'の視聴率がまた上昇した。

8日、視聴率調査機関、ニールセンコリアによると、去る7日に放送された'また、オ・ヘヨン'(脚本パク・ヘヨン、演出ソン・ヒョヌク)12話は視聴率9.353%(ケーブルプラットフォーム基準)を記録、前回記録した9.022%より0.331%ポイント上昇し最高視聴率を再び更新した。 これは12回連続視聴率上昇の珍記録。

現在'また、オ・ヘヨン'は'未生'の最高視聴率を超えて歴代ケーブルドラマ4位の成績を記録中であり、以降、歴代3位'応答せよ、1994'(10.43%)と1.077%ポイント差に縮め、まさにぎりぎりまでの追撃を開始して、最終結果に関心を集めた。

一方、この日、'また、オ・ヘヨン'でオ・ヘヨン(ソ・ヒョンジン)はパク・ドギョン(エリック)が先立って、自分とハン・テジン(イジェユン)の結婚を破談にした張本人という事実を知って大きな衝撃を受けた姿が描かれた。 しかし、最後に結局、ドギョンとは別に、張会長(カン・ナムギル)の独自行動であることが明らかになり、見る人を驚かせた。

【OSEN 2016.6.8】


昨日は半分寝こけながら、ドンワンの記事書いてたので、
とてもリアルタイムでは見られず、
11話も12話もこれから見るんだすけど、
ドギョンのつらいシーンが多そうですね

ドンワンのオススメ記事も朝から上げてくれて、
話も佳境に入ってきたし、早く見なきゃと思います

ネタバレですけど、ドンワンオススメ記事も後程。
ドンワンの昨日の可愛い写真もあるし。
カーテンコールの写真も整理したいし、
時間見つけて上げていきますので、お付き合いください


さらんはぬん Dongwan
[ 2016/06/08 09:29 ] また!オヘヨン | TB(0) | CM(0)