FC2ブログ








神話、アイドルあるいはアーティスト

ヘラルドPOPのインタビューその②を訳してみました

[ポップインタビュー②] 神話、アイドルあるいはアーティスト

シナ13集

神話の正規13集プロジェクトはかなり長い時間にわたって成り立った。 2016年下半期カムバックを目標にしてアルバムを準備し、10月から先行曲 ‘知りあい’、 13集パート1、本アルバムを順に公開しひさしぶりの完全体カムバックを知らせた。 特に初めて本アルバム公開に先立ってパート1を売り出し人目を引いたが、ファンソング ‘オレンジ(Orange)’をタイトル曲に立て、今まで神話が見せてくれたタイトル曲とは違う感じをさそった。

“その歌を作った作家の方が私たちにあげようと考えて、ファンの方々を思って作ったようです。ファンソングが気に入った曲はなかったんですよ。新たに挑戦するのもそうで、(ファンソングを発表してから) 時間もたくさん経って。ところが ‘オレンジ’という曲は歌詞修正も続いて、歌って見たら香水も感じながら田舍臭いと思ったが粹な感じもするんですよ。私たちが録音しながら本当によくできたと言う曲だったんです。録音がよくできたようにファンの方々にその感じがそのまま伝わると思うと嬉しい気持ちで作業を進っめたし、‘オレンジ’をパート1のタイトルで決めながらミュージックビデオも撮って、オレンジの衣装を着て表現しました”(イ・ミヌ)

神話の正規13集は‘オレンジ’と本アルバムタイトル曲 ‘タッチ(Touch)’を含んだ総10曲で構成されている。 神話の敍情的な感性を感じることができる曲、神話だけのオーラとカリスマを感じることができる曲など盛りだくさんの曲で 10トラックを満たした。

その中でメンバーイ・ミヌが計3曲に直接参加しアルバムに神話だけの色を加えた。 イ・ミヌは今度のアルバムで‘星’、‘ショコラ’の作詞に参加し‘TONIGHT’の作詞 · 作曲に参加した。

“‘星’は夜空の星をファンの方々だと思って、そこに似合う表現を羅列をして見ました。 (作業する時) 一番大変だったようです。 真面目に表現しようとしてみて、そしてメロディーに歌詞を合わせなければならなく、ちょっとたくさん悩みながら書いて2週間くらいかかりました。 普通なら3日で書くけど。 また特別に愛着がある理由は作曲家が私の高等学校の同窓生です。 神話を思って神話に似合う曲を書いてくれました。 私たちのアルバムに初めて入れる友達の曲だから ‘私が歌詞を書いて見る’と思って書いた曲でした。 ‘ショコラ’は ‘タッチ’を書いたキム・ドヒョン君の曲なのに、メロディーやこういう部分において耳にぐいっと入って来るのがあれば良いだろうと思って “どうしてこんなに君がきれいなの / どうしてそのように君が良いの” こんなに風に飾らずに表現しました。 ある女性を相手にした歌詞だがどのように見れば対象がファンの方々になり、公演を思いながら書いたようです。 チョコレートの甘い感じをたくさん表現した曲です“

シナ13集

“‘TONIGHT’という曲は作曲をして作詞をするのにあたって面白く作業した曲です。 ビハインドストーリーがあるが、メロディーを書いた時、前日にお酒をたくさん飲んだ状態だったです。 お酒が十分に覚めないままメロディーを書いた曲が ‘TONIGHT’だったが、作詞して編曲までし終えたら気に入った曲ができたようで良いです。 この曲のポイントはエンディ君がここでは歌を歌います。 メンバーに新しい試みをしたかったんです。 また、後半部に感情が高まる部分でドンワン君のアドリブがポイントと言えます。 全体的にミュージカル的でバラエティーな曲です”

このようにイ・ミヌは大衆的に知られた以上に粘り強く曲の作業をして来た。 アルバムごとに自分が作業に参加した曲を収録し、前作である12集だけ見ても ‘Alright’、‘Give it 2 Me’、‘l'm in Love’ など計3曲の作詞をイ・ミヌが引き受けた。 それだけでなく神話アルバムを作業する時、イ・ミヌが主導的に全体のアルバムプロデュースを導いた。 実際9集ではイ・ミヌの自作曲 ‘RUN’がタイトル曲に選定された。 それで今度も自作曲をタイトル曲にしたい欲は出なかっただろうか? 充分したミュージシャンとして欲張りそうだが、イ・ミヌは頭を横に振った。

“実は ‘TONIGHT’という曲に欲がありました。新しい試みでもあったんです。欲がないといえば嘘だが、あまり欲を出せば (曲を書く時) 人為的な感じが出るんですよ。( … ) 時間が経って見たら、もっと楽に作業をするようです。私がプロデューサーを引き受けているものを見せたくてもっと何かをしなければならないという心よりは、一緒にするグループで私が好きな仕事であるから良い結果を出すことができる方向に私も付いて行く方です。幼い時は(自らを) 表現したかったが、長くしてみたらこんなふうになりました”(イ・ミヌ)

“本人の口から言うのは悪いだろうけど、全然欲を出さないです。後に隠れるから私たちがもっと引き出して冷情に考えて見ようとして、むしろ作業もしないようにします。ぎこちないのを嫌やがる方ですから。( … ) 舞台でまだセンターの欲はあります。うまく踊るから不満はないのが、私たちはジンの踊りも見たいのにジンがソロダンスをあまり見せてくれないから … .(笑)”(キムドンワン)

“私は大丈夫なのになんで”(チョンジン)

シナ13集

イ・ミヌは自分の曲に対する自慢をせず、むしろメンバーが出てイ・ミヌの曲をアピールした。 その姿がデビュー20年次のグループらしいチームワークという気がした。 しかし ‘作曲家’ イ・ミヌの話も知りたかった。 イ・ミヌが直接 ‘欲張った’と明らかにした ‘TONIGHT’に対してもう少し詳しい説明を聞いて見た。

“私が思うに、バラードボーカルはボーカルライン3人中でヘソン君が一番目立ちます。それでメインボーカルである。ドンワン君ボーカルは折れる部分や技巧的な部分が魅力だと感じられたから、‘TONIGHTト’はそのボーカルを思って書いたんです。それでドンワン君が欲を持ってそんな部分をキャッチしながら自分で作るのを見ながら、普通はそのまま越えて行くこともできるのに私が作った曲なので気配りするようでした”(イ・ミヌ)

“思いやりではなくミヌの曲なのでできないという言えないんですよ。これは私の音域ではない、私にできるのではないという気がしてもミヌがキラキラした目で ‘ドンワンならできる’と言えば … .(笑)”(キムドンワン)

“エリックも、ミヌもディレクティング見ると、難しいかも知れないがもうちょっと追いやって作りたい曲があるようです。 そんな曲にかかれば大変な時もあります。 私の立場ではこのくらいならいいと思うのに、ディレクティングを見るミヌやエリックの立場ではないんです。 それで、ずっとまた録音しなければならないのに、そうすれば作業が大変です。 一日だけで終わらせる事ができない時もあって。 ところでそうした時、結果的に悪い曲が一つもなかったです。 ‘TONIGHT’もミヌが追いやった曲の中の一つです”(シン・ヘソン)

シナ13集

このように神話のアルバム作業を始めれば一番忙しくなるこれはエリックとイ・ミヌだ。 曲の作業をして、プロデュースをして、メンバーにディレクティングまで見るためだ。 神話のメンバーは何回かのマスコミインタビューなどを通じてエリックとイ・ミヌのディレクティングスタイルについて話したことがある。 今度もディレクティングをするメンバーとしないメンバーの立場が現われて相当にきく楽しさをプレゼントしたりした。

“特に歌うメンバーの場合、年次もあって作曲家の方でもディレクターでも指摘するのが大変ですね。既にして来た色がとても強いから。ところでメンバーは‘ヘソンが声でこんな感じが出ればマッチングした時、よく合うようだ’と思えば、この人には新しいものをしなければならないから、不便なことがあるがそれでもやって見ようと言うんですよ。そうして録音した時、結果はいつも期待以上でだったようです”(エリック)

“そんな言葉があるんじゃないか、するめを塩辛くても汁が出るという話。作曲家の中で私たちが難しいとする方々もいらっしゃるから ‘シン・ヘソンは歌をこんな風にして来た歌手だから、このくらいすれば通常通りだからOK’をして移る部分が多いのに、メンバーは汁が出るということが分かるから絞り取ってくれます。そうして見れば違うのが出て。それがメンバー同士で作業する時の長所です”(シン・ヘソン)

“私たちが自分の部分だけきくのではなく全体的なことをきくんじゃないですか。きいて惜しいものがあれば話をしてくれるんですよ。するめのようだと … .(笑)”(イ・ミヌ)

“修正を非常にたくさんしました。丸ごと、また何回ずつしたものも多くて。みんな熱心によくしてくれてありがとう”(シン・ヘソン)

(インタビュー③に続く)

【ヘラルドPOP 2017.01.02】

インタビューの内容が濃くて量がとにかく多いですね。
今日のVappで聞いた話もあるけど、もっと濃い話がいっぱいです。

別のインタビューでは、エンディがシナ活の後に
8年ぶりにアルバムを出す計画があるという話もでいました
シナの活動だけじゃなく、個人の活動まで話が聴ける、
盛りだくさんのインタビュー記事たちです

このインタビューの続きはUPするつもりでいます。
もう少々お待ちくださいませ~


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2017/01/02 22:55 ] SHINHWA | TB(0) | CM(0)

2017年最初のVappはエンディ大活躍!!

今年最初のVappが終わりました
ドンワンがあまりに喋らないのでみんな心配しましたが、
風邪をひいててという説明がミヌからあって。
ひどくないといいんですけど。早く治してね

'Vエブ' グループ神話が伝える 13集アルバム裏話(総合)

シナ

13集アルバムを持ってまた帰って来たグループ神話が'Vapp'を通じてファンと会った。

2日Vapp神話チャンネルを通じて放送された'神話新年-TOUCH TALK'では完全体で歌謡界にカムバックを知らせたグループ神話のメンバーが出演して、13集アルバムを紹介する時間を持った。 メンバーは愉快な話術を誇ってアルバム製作裏話を伝えた。

この日の放送でメンバーはタイトル曲が 'TOUCH'に縛られたエピソードを公開した。 イ・ミヌは "事実 'TOUCH'は神話の曲ではなかった。 しかし編曲をきいてメロディーが大好きで神話の曲にしなければならないという気がした"と言った。 また彼は "タイトル曲を選定しながら 'TOUCH'と 'SUPER POWER'で悩みが多かった。 初め 'TOUCH'はタイトル曲にするには易しくないとの意向があって後半に録音をした。 タイトル曲に対するメンバーの多様な意見があったが長い時間準備をしながら 'TOUCH'に対する確信がきた"と言った。

シン・ヘソンは "この間インタビューで神話が活動してから20年になって行くのに、まだ新しいことを見せててくれるものが残っているかと言う質問を受けた。 実はそれまで多くの曲で多様なコンセプトをお見せしたが、私どもはまだ新しくお見せする姿が多いと思う。 今後もずっと挑戦する"と付け加えた。

エンディは"今度のアルバムに収録された十曲皆良くて、愛着のない曲がない。 アルバムの作業をしながら意外に難しかった曲は 'TONIGHT'だった。 導入部のラップをする部分で難しかったから 'TONIGHT'への愛着がもうちょっとある"と言った。 エンディは自分が直接構想した 'TONIGHT'の椅子パフォーマンスを公開し、この日風邪でコンディションが良くなかったキムドンワンもエンディの振付に明るい笑顔を見せた。

一方、神話の新しいアルバム '13TH UNCHANGING-TOUCH'にはタイトル曲 'TOUCH'を含めて 'HEAVEN', 'SUPER POWER', 'TONIGHT', 'BYE BYE BYE' など5つの新曲と以前のアルバム 'UNCHANGING PART 1'に収録された 'We', 'オレンジ', '知りあい', '星', '#CHOCOLAT'が加わって総10曲が収録されている。

【ヘラルドPOP 2017.1.2】

ドンワンが体調悪くて、みんないつも気遣ってくれて、
ドンワン自ら話さない分、ドンワンの話をしてくれたり
エンディは大活躍で(笑)、椅子から滑り落ちるふりつけで
ドンワンの笑いを誘って、コメント欄が
ドンワンオッパが笑った~~~」で溢れてました

明後日には「週刊アイドル」の収録があるみたいなので、
ドンワンも体調戻して、楽しんで欲しいなぁと思います


さらんはぬん Dongwan
[ 2017/01/02 22:12 ] SHINHWA | TB(0) | CM(0)

今夜、シナV LIVE「TOUCH TALK」

昨夜ついにオンラインで発売になったシナの13集
事前の予想通り、やはりオンラインチャートは苦戦してますが、
日本のi tunesのK-POPチャートを始め、アジア各国のチャートでは
1位を獲得して、アジアでの人気を証明してます

地道にストリーミングすることくらいしかできないので、
早くMVが出ることを祈りつつ、頑張りましょう

今夜、20時にはシナ揃ってのV LIVEがありあますね

ミヌインスタシナ

今夜はどんな話を聞かせてくれるのか、楽しみです
アルバムの話、今後のスケジュールなども発表があるといいな。


さらんはぬん Dongwan
[ 2017/01/02 17:47 ] SHINHWA | TB(0) | CM(0)

神話、まだ見せる舞台が多い、20年目アイドル

音源公開と同時にインタビュー記事も上がりました。
ご紹介していきたいと思います

[ポップインタビュー①]神話、まだまだ見せる舞台が多い20年目のアイドル

シナ13集

来る3月にはデビュー19周年になる。 年次で言うと、20年目。神話はその間に安定して自分の立場を固めてきており、神話の音楽と舞台と呼ぶに値するものを構築してきた。 すでに神話がうまくできることがある。 その安定した枠組みの中で自分たちが最も得意なことをしても良さそうだが、、神話はもう一度変化を追求した。

神話は1月2日0時の13集‘アンチェンジング-タッチ(UNCHANGING-TOUCH)’を公開した。 2015年2月に発売した正規12集‘WE’以降、1年10ヵ月ぶりだ。 タイトル曲‘標的’で舞台を飾った12集の活動後、個人活動を展開していた神話は10月22日‘知り合い’を先行公開し、本格的にカムバックのプロジェクトに突入、11月29日13枚目のアルバム収録曲の一部を盛り込んだ‘アンチェンジングパート1-オレンジ(UNCHANGING PART1-ORANGE)’を発表し、新しいアルバムに対するファンの期待感を高めた。

‘アンチェンジングパート1’には季節感を生かし、年末の雰囲気が出た曲を収録しており、ファンに向けた神話の心を盛り込んだファンソング‘オレンジ’をタイトルに掲げた。 一方、正規13枚目の本アルバムには神話のパフォーマンスを期待できる曲が追加された。 パート1発売当時、放送活動を伴わず惜しさを残したため、‘TOUCH’を通じて神話のパフォーマンスを堪能できる見通しだ。 カムバック舞台を控えた神話に振付の演習が大変でないかと聞くと“なぜ大変だと思いますか?”と反問して笑った。

“ずっと‘カル群舞’をしてきたグループでもあって、パフォーマンスの舞台を多くみせてあげたいじゃないですか。 次第に自分たちの色に合わせた服を着てみたら、過度な動作は削除するようです。 少しは静寂だったり、動的である時もダンサーたちと交わって効果を出すことができる振り付けが中心になったことようで、それが神話と合うようで。 代表的には‘This Love’のボーギングダンスの時もメンバーの個性を生かしつつ、全体的に見たときの調和を重要視する感じになりました。 それで大変ではありません"(イ・ミヌ)

シナ13集

‘TOUCH’は‘フューチャーベース’を標榜した曲だ。 フューチャーベースは最近、最もトレンディな音楽のジャンルと呼ばれたりもする、まだ不慣れに感じられるのも事実だ。 まだ大衆的に慣れていないジャンルに神話が挑戦、メジャーシーンでは初めて、タイトル曲とした。 フューチャーベースという用語自体が慣れていないと言うと、神話はもうちょっと詳しい説明を付け加えた。

"フューチャーベースというのがないじゃないですか、事実。音楽というのは枠組みの中でずっと進化をします。 それがサウンドの戦いであるようで、音楽質感がアコースティックな音楽ではなく、紳士的なデジタルサウンドで勝負を見る方や編曲者たちの間の戦いがあります。 ・フューチャー・ベースは有名DJたちの間で出たジャンルだと聞きました"(イ・ミヌ)

"・フューチャー・ベースは正確なジャンルというより派生した用語だが、、クラブのEDMから出る音の質感をEDMではなく、ヒップホップ音楽に接ぎ木をしながら、'EDM的なサウンドを持ったヒップホップ'を最初にフューチャーベースと呼びました。 だからといって、EDMサウンドを持ったヒップホップだけが・フューチャー・ベースはなく、そのような音の質感を持った様々なジャンルをフューチャーベースとして、アメリカで最も流行しているヒップホップがフューチャーベース、ヒップホップに接ぎ木されたスタイルが慣れています。 事実‘TOUCH’はヒップホップというよりR&Bの方に近いです"(エリック)

デビュー後19年の時間を過ごす過程で、多様なジャンルの音楽をやってきた神話だ。 彼らにもフューチャーベースは、新しい試みだった。 しかし、‘Venus’の時は神話スタイルにエレクトロニックを導入して、‘This Love’の時はボーギングダンスを融合して振り付けを立てるなど毎回、現在の姿に安住せず挑戦してきた。 神話が今した成果は、そのような挑戦を恐れなかったからこそ可能だった。

"毎回したことを続けてお見せするものではないですね。 神話も18年、19年しながら新しいことをお見せしようと悩んでいるのではないです。 一緒にたくさん悩んだり会議を通じてたくさん相談をします。 今回も率直にタイトルに対する悩みがなかったと言ったら嘘で、苦心の末にフューチャーベースを加味したR&B曲を持って出て、神話だけの色をどのように出すか、こういうもの自体が新しくないだろうかと考えました。 それでやる上で自負心も持って、練習をしながら完成された姿を見れば、私たち自身にもなっているようだと思う時があるんですよ。 私たちがモニタリングしながら格好いいという気がして、神話の色はこの色が本当に良く似合って格好いいと思うように、気に入った結果が出る時まで一生懸命にしたようです"(イ・ミヌ)

"タイトルを選ぶ時、ほとんどの意見が分かれます。 満場一致の場合が珍しいが、今回も最終決定まで3対3に分かれて決定するのが大変でディレーが多くなりました。 今回は我々が久しぶりに冬にアルバムをリリースしたので、冬に似合う感性的な歌で出てみようかと、これを選択の基準としてきました"(エリック)

シナ13集

これまで見せなかった姿を見せると、毎回アルバムを準備するたびにした言葉を今回も繰り返した。 しかし、もともと風変わりな試みとメンバー自らが半信半疑もした。 その疑問を消すために絶えず努力した。 そのためか、完成された結果の満足度は高かった。

"キム・ドヒョン作曲家がこの曲を作って、新人だったならこの曲を薦めないだろうと話をしてくれました。 この曲の特徴が何なのか、リフレイン部分で歌がありません。 歌がないのがリフレインです。 パフォーマンスで私たちが埋めますが、それで実は恐怖を感じもしました。 これが舞台でよく出るんだろうかと考えましたが、完成された姿にはメンバーも作曲家もみな満足しました"(キムドンワン)

"最初にミヌがキム・ドヒョン作曲家の作業室で歌を聞いてみて、これがいいと私たちに話をしました。 作業室に行って歌を聴いてみたら、'ミヌに他の人にあげる曲なのに聞かせてやったら欲を出した。 神話の曲にするにはリフレインも入ってメロディーも変形が大きくなりそうで、君たちには上げられない'と言うんですよ。 ところで曲自体がとても気に入って、それでは神話がいつものタイトルで持っていたフォーマットを捨てても、君がもともと持っていたフォーマット通りに行こうと受け取って作業をしました。 実際に振付をする時は歌を歌いないからぎこちなかったりしたが、よく合うみたいです"(エリック)

‘TOUCH’の初のライブ舞台は12月31日に行われた‘2016 MBC歌謡大祭典’で公開された。その舞台で神話は、歳を感じさせない顔負けなほど、依然として圧倒的な舞台掌握力を見せ、何よりもセクシーだった。 これに対してエリックは‘致命的な痛みを持ったオム・ファタールの感じ’と表現した。 ミュージックビデオにもそのハラハラさせ危険な感じを描いた。

シナ13集

この新曲コンセプトが一番よく似合うメンバーとしてイ・ミヌはエンディを挙げた。 "ミュージックビデオを撮るとき、髪をストレートかつしっかり出したが、貴公子のスタイルでした。 シックなコンセプトなんです。 外見的な部分でもシックな感じを与えようとしてみたところ、エンディ君がそんなに髪を降ろしたけどとても格好いいです。 ところでなんで替えたの、エンディ君?とからかわなかったんですよ。 ドラマ‘星は私の胸に’が思い浮かぶと言ったんですが、冷やかしと取ったようです"と。このため、他のメンバーも一言ずつコメントした。

"エンディが自分を格好いいと言ったり、視線が集中することが好きじゃありません"(エリック)

"振り付けも見たら、エンディがセンターで曲が終わるから、私たちが‘キスンチョンディ(起承転結とエンディの造語?)’と言ってるんです。 負担だと言うんですよ"(シン・へソン)

神話は、本アルバム録音の公開を皮切りに本格的に正規13集の活動に突入する。 久しぶりの完全体活動だから、多様な方式でファンと会う予定だ。 12月10日~11日、ファンサイン会も行い、1月中にMBCエブリワン‘週間アイドル’、KBS 2TV‘ハッピートゥゲザー‘の出演が予定されている。 また、11年ぶりの全国ツアーに乗り出し、現在まで2月11日、釜山(プサン)、2月25日、大邱(テグ)公演が決定された。

"今回のアルバムを準備し、メンバーたちと会議する時した物語の中に今回の活動の時は最大限のファンが喜ぶような、以前はやっていたけど、今はやってあげられなかったことをやってみようという意見が多かったです。 それでサイン会もして全国ツアーもして、そのような活動をたくさんしようと努力しています"(シン・へソン)

(インタビュー②に続く)

【ヘラルドPOP 2017.1.2】

タイトル曲が決まるまでの様子やメンバー同志のやり取りなど、
面白い話が多いインタビューですね。
その②も楽しみです。インタビューがほかにたくさんあって、
それぞれに色があって面白いので他も紹介したいなと思いますが、
時間を見つけて書いていければと思います。


さらんはぬん Dongwan
[ 2017/01/02 02:37 ] SHINHWA | TB(0) | CM(0)

13集、オンライン発売!!

シナの正規13集がオンラインで発売になりました

新しい曲は5曲なんですが、最初の「HEAVEN」からすごくよくて
新しい曲、どれもいいけど、1曲目からウルウルしちゃいます

2曲目が「TOUCH」です。1時現在でMelon15位genie5位
NAVER MUSIC14位となっていますが、
Mnetでは1位から5位までシナが占めていますよ
始まったばかりですから、少しずつ順位をあげるべく、
地道にスミンしていきましょう

3曲目は「SUPER POWER」です。
最後まで「TOUCH」とタイトル曲を争った曲だそうで、
低音のビートがいまっぽい感じの曲ですね。
3対3で割れたそうですが、どういう内訳かも気になりますね(笑)

4曲目はミヌが作った「TONIGHT」です。
シナっぽいリズムの曲ですね。シナペンはみんな好きなやつ。
ボーカルが生きる華やかな感じの曲ですね。
コンサートで聞けるかな。ちょっと軽いダンス付きだともっといい

5曲目の「BYE BYE BYE」はミディアムテンポなノリのいい曲。
ボーカルとラップのバランスが好きだなぁ。
ミヌのソロでも行けそうな感じの曲なので、
ドンワンとヘソンのボーカルで聞くと一層新鮮ですね

今夜は泊まり勤務なので、この調子でスミン続けます


さらんはぬん Dongwan
[ 2017/01/02 01:38 ] SHINHWA | TB(0) | CM(0)