FC2ブログ








神話が少年からどうやって伝説になったのか

とっても読みごたえのある記事が掲載されました
ちょっと訳してみましたので、長いですけどご一読を

[★タイムワープ]‘デビュー20周年’神話、少年はどのように伝説になったのか

シナ

‘★タイム・ワープ’はスターの過去から現在までの多様な姿に目を通すことができるエクススポーツニュースのコーナーです。エクススポーツニュースが神話のデビュー20周年を迎え、彼らの時間を振り返ってみました。 今週は軍入隊前の活躍が、来週には軍入隊後、歴史を続けた神話の話が盛り込まれる予定です。<編集者注>

‘唯一無二’という単語をあえて付けられるグループがいます。

数多くのアイドルグループがデビューし、活動し、消えて行く中、神話は誰もついて来れなかった‘唯一無二’というタイトルを保有して伝説を作っていっています。

‘デビュー後、メンバー交代、脱退なく、20年間現在進行形のグループ’

大韓民国に神話だけです。 少年たちはどのように伝説になったのでしょうか。 1998年に時間を戻してみます。

シナ

1998年、IMFが大韓民国を大きな混乱に落とした時、神話は‘解決士’という曲でデビューをすることになります。 ありふれた愛の話ではなく、やや破格かつ社会的な話を盛り込んだ曲でデビューした神話は、野心に満ちた抱負とは違って大きな関心を受けられなかったのです。 どうしても国家が全体的に経済的な困難を経験していたので、芸能に興味を向けるのが大変だった時期でした。

シナ

‘解決士’のやや重い雰囲気から脱皮した神話はその後‘ウシャ!ウシャ!’で2番目の活動に乗り出しました。 ,凉しい夏の水遊びやスイカ、友達とのキャンプで楽しむという内容の‘ウシャ!ウシャ!’は20年が過ぎた今も夏になれば、街頭で流れて内的ダンスを誘導する楽しい曲です。

しかし、‘ウシャ!ウシャ!’を発表して活動に乗り出したばかりのとき、今度は天災地変の洪水がせまってきました。 国家的災難の中でどうしても水遊びの話をテーマにした歌として活動することができなかった神話は、2番目の活動まで終わらなければならなかったのです。

2度の活動すべてで失敗を味わった神話は危機に直面しました。 次に成功しなければ、チームの将来を楽観できない状況が到来したのです。 翌年の2枚目のアルバムに向けてまた熱心に走るしかありませんでした。 この時の神話はみな“今回も失敗したら、解体する”という心構えで臨んだと言いますね。

シナ

そして神話は、希代の名曲‘T.O.P’で大きな成功地点に届きました。デビュー後、初の1位を獲得した曲でもあります。 ‘白鳥の湖’をサンプリングした‘T.O.P’はメンバー全員が外見でリーズ更新しながら多くの少女ファンたちを集めました。‘T.O.Pは未だに名曲として語られ、多くの後輩グループが年末の授賞式で数回カバーダンスをしました。

多少、進入障壁が高かった長髪を脱皮したエリックと、美少年が何なのか教えてくれるようだったシン・ヘソンとキム・ドンワン、イケメンのチョンジンとエンディ、そして反抗児ロールのイ・ミヌまで。 2集の神話は‘はまり’やすいさまざまな要素を持っていました。

シナ

‘T.O.P’の成功以降、神話は‘悪童報告書’という副題を持った後続曲‘Yo!’で活動を開始しました。 ‘T.O.P’の活動当時に美少年のルールを固守していたキム・ドンワンが日本ロック式な化粧で破格的に活動に乗り出し、関心を集めたりしました。

シナ

(愛する方法を教えるところがなく、怒ったキム・ドンワンの舞台活動の様子)

‘Yo!’は10代の学生たちの話を盛り込んだミュージックビデオが見栄えもしたが、イ・ミヌがバイクに乗って反抗児的なイメージを構築し、当時流行していた‘インターネット小説’の男性主人公みたいだっという話が多く語られたりしました。

‘T.O.P’と‘Yo!’'の相次ぐ成功に神話は懸念した解体の代わりに‘花道’を歩むことになります。

シナ

3枚目のタイトル曲‘Only One’と後続曲‘All Your Dreams’、すべてがパフォーマンス的好評を得て、ファンダムを育て始めました。 ‘男性性’を大いに強調した神話は、この分野では他の追随を許さないほど独歩的なパフォーマンスを自慢しました。‘みかん’、‘オレンジ’に代表されるファンクラブ神話創造の威力も一緒に増え始めました。 名実共に大韓民国アイドルグループの復興期を共にしました。

3番目のアルバム以後、SM TOWNの冬スペシャルアルバム‘キド’まで興行に成功し、神話は独歩的な立地を固め始めました。 KBS 2TV‘自由宣言・土曜日’のコーナー‘神話創造2000’でチームのリアルバラエティーショーの芸能番組を作るのはもちろん、キムドンワンはSBSラジオ‘キムドンワンのテンテンクラブ’でDJまで務め、果てない語り口と芸能感をプレゼントしました。

シナ

そして、個人事情として活動に不参加だった末っ子エンディを除いて活動に乗り出した4集。タイトル曲‘Hey come on!’と後続曲‘Wild Eyes’で神話は男性的な魅力を一層誇示します。 神話のパフォーマンスで一番先に語られる‘椅子ダンス’がまさに‘Wild Eyes’の振り付けです。 この振り付けは、イ・ミヌが20分で作ったことでも有名です。

‘男性性’を強調したアルバムだからでしょうか? 神話はアイドルグループで初の(セミ)ヌード集を発刊しながら、話題の中心に上がったりもしました。 アイドルとヌード集なんて。 今も破格的な作業を神話はおよそ17年前の2001年にやり遂げました。

4集活動の時には多様な芸能番組に進出し、個々人的な認知度まで引き上げ始めました。

代表的なバラエティ番組ではキム・ドンワンが出演したMBC‘愛情万歳’でしたよ。 NRGのイ・ソンジンとともに‘ジュジョブブラザーズ’という修飾語まで得たキム・ドンワンは最後の相手にまで選ばれ、多くの話題を呼んできました。‘芸能ドル’の新たな登場でもありました。

この時チョンジンは、芸能番組で‘体育ドル’として活躍しましたが、某芸能番組に出演しトランポリンを試みた後、床に頭をぶつけて大きな手術まで経験しました。 数日間意識不明の状態に陥っていたチョンジ。当時のメンバーたちは担当医に“心の準備をしろ”という言葉まで聞いて悲痛に陥りました。チョンジンは奇跡のような回復の後、4日ぶりに‘出発ドリームチーム’王の中の王戦準優勝まで獲得し、鋼鉄体力を自慢しました。

シナ

5集アルバムの時からは再び末っ子、エンディがチームに合流し一緒に活動しました。 ‘Perfect man’、‘I Pray 4 U’などのヒット曲を出した後、6集‘お前の結婚式’、‘中毒’までパーフェクトな活躍を繰り広げました。

この時期の間、神話は演技なら演技、芸能なら芸能、各自得意なことを展開し、個人的な力量を現しました。 その中で最も多くのスポットライトを受けたのはエリックの演技者での活動でした。 MBCドラマ‘火の鳥‘で、それこそ大ヒットしたのです。 ‘火の鳥’以前は個人的な認知度が最も低かったエリックは、ドラマの人気と共に、ライジングスターに浮上しました。

そして、所属会社SMエンターテインメントとの専属契約が終了します。 すべてのアイドルグループの最大の危機に見舞われた瞬間が到来したのです。 専属契約満了時期、これまで多くのアイドルグループは分かれたり、解体を選んだり、一部のメンバーが脱退をする状況につながりました。

しかし、神話は当時としてはあり得ない方向にチームを守って出ます。 新たな企画社で6人が一緒に再スタートするようになったのです。 当時、勢いに乗っていたリーダーエリックは、数十億ウォン台の契約金がかかった個人のラブコールを断り、メンバーらと共にする未来を選択し驚きを誘いました。

シナ

以後、イ・ミヌはアイドルで初のグループ活動中にソロアルバムを発表し、シン・ヘソンは親友カンタとイ・ジフンと一緒にプロジェクトグループSで活動したりもしました。 みんなが‘完全体’神話を望んでいる2003年冬、神話は‘ウィンターストーリー’アルバムを発表し、また、一度の奇異な動きを見せます。

名曲‘Young gunz’が収録されている‘ウィンターストーリー2003’はアイドルで初めてラジオ形式のアルバムの形をしています。 MP3がなくCDが主流だった時代、トークと独特な広告、歌まで収録された‘ウィンターストーリー2003’は神話の消息を待ったファンに言い表せない喜びを与えました。

シナ

そして、待望の‘Brand New’活動が盛り込まれた7枚目のアルバムが発売されました。 この時すでに7年目だった神話は女性ダンサーと幻想の呼吸を披露し、パフォーマンスの最強者として君臨し始めました。 アイドルグループとして初のオールライブバンドコンサートを披露した神話らしく、ライブの実力も完全に花を咲かせるようになったんです。 後続曲‘熱病’で歌唱力が爆発する神話の舞台がたくさん発見されました。

神話は7集の活動中、SBS‘カン・ホドンのラブレター’シーズン1で完全体芸能も完璧に消化することになります。 歌手活動とともに、毎週芸能番組まで一緒にしながら大衆的な人気も一緒に引き上げるようになりました。 当時、週末ゴールデンタイムには、神話が出ないプログラムがなかったほどでした。

シナ

そして、神話は同年開催された‘ソウル歌謡大賞’でデビュー後初の大賞を手中にします。これまで‘大賞’'という高い壁で何度も詰まって挫折しなければならなかった神話がデビュー7年目に大切な賞を受けることになりました。

全く予想していない状況で名前が呼ばれ、神話は拍手をしながら他の人の大賞をお祝いしてMCとシン・ドンヨプの確認に事実を知ってやっと抱きあいました。 当時、イ・ミヌは“シム・スボン先生の名前が呼ばれたと思った”という言葉で信じられなかった受賞の喜びを知らせました。 泣かなかったメンバーがいないほど、神話の歴史において意味深い日でした。

以降、神話はSBSでも‘歌謡大賞’を受賞し、威力を誇示しました。

シナ

大賞を受けた後も、神話の歩みは止まりませんでした。 8集‘Once in a lifetime’でパフォーマンスの代わりに甘いバラードで興行に成功した神話は2008年、9枚目のアルバムを出した後、軍服務で空白期を持ちました。 十字靭帯完全断裂で免除を受けたシン・ヘソンを除いた5人のメンバーたちが順番に軍服務を経て、ソロアルバムと演技、芸能活動で他のメンバーの空白期を充実させて過ごしました。

軍服務空白期の前に発売したアルバムで神話は収録曲‘まだ言えなかった話’でファンにお別れの挨拶を伝えました。‘僕たち今はしばらく別れるが/信じてくれ一緒にする日を/またその日が来れば必ず聞かせてあげる/まだ言い尽くせなかった話'などの歌詞はなんと4年間も続いていた神話の空白期を支えてくれる大きな力になりました。

軍服務の空白期間も神話の現在進行には打撃を受けませんでした。 4年後、約束通り10集という恐ろしい数字でカムバックをしましたから。

少年が伝説になっていく話をあと半分ほど残っています。 来週にも続く‘タイム・ワープ’で依然として継続される神話の話を広げ続けてみます。

【エクスポーツ 2018.01.27】

この記者さん、ファンかな。ファンじゃないと書けないですよね。
とっても読みぎたえのある記事、20周年の今読むべき記事。
次週の記事にも期待したいと思います


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2018/01/27 16:23 ] SHINHWA | TB(0) | CM(0)