FC2ブログ








20周年を迎えた‘神話’、何が彼らをここまで来させたのか。

20周年を6日後に控え、シナの記事があがっています
新しい消息を聞かせてくれる記事もうれしいんですけど、
シナについてのコラムもいい内容が多くて読み甲斐があります

20周年迎えた‘神話’、何が彼らをここまで来させたのか

アイドルグループには‘7年目のジンクス’がある。 所属社と最初に専属契約を結ぶことができる期間が最大7年で、この時に再契約を議論し多くのグループが消える。 ところが7年という時間を3度も越えながら6人のメンバー全員がそのありふれた‘解体の危機’もなく、がっちり共にするグループがある。‘1世代アイドル’という修飾語の代わりに‘現在進行形のアイドル’と呼ばれるグループ‘神話’だ。 神話は、現存するアイドルグループ中、最長寿のグループで来る24日にデビュー20周年を迎える。

シナ
1999年2集で活動した当時の神話 京郷新聞資料写真

■自ら作った神話だけの色

神話は1998年SMエンターテインメントでデビューした6人組グループだ。 キム・ドンワン、イ・ミヌ、エリック、エンディ、チョンジン、シン・ヘソンの6人が、メンバーの入れ替えや新しいメンバーの追加もせず今まで一緒にしている。 20年の歳月の間、神話は各メンバー個人はもちろん、チームとしての活動も着実に行ってきた。 軍服務による空白期の4年あまりを除けば、グループ活動を2年以上休んだことがない。 1998年1集から現在まで計13個の正規アルバムを出した。 大韓民国ダンスグループとしては最多の正規アルバム発売記録を持っている。

神話という枠組みは企画会社で作ってくれたかもしれないが、デビュー以後、神話のイメージと音楽的カラーはメンバーが一緒に作っていった。 各アルバムごとに少しの変奏はあったが、男性美があふれながら、きれいな群舞、ポップな感じが強い洗練されたメロディーの音楽的な色を維持した。 アイドル専門批評のウェブマガジンアイドルロッジ編集長ミミョ(本名ムン・ヨンミン)は“神話がデビューした当時は美少年コンセプトが大勢だったが、神話は振り付けや画報などの活動でその当時で見ると、男性的だと感じることを試みた”と話した。 また“振り付けやラップメイキングなどをメンバーたちが徹底的に‘分業’しながら、自分たちだけの音楽を主導していった”と話した。 数多くの男性アイドルグループがリメークした神話の‘Wild eyes’の振り付けは、メンバーのイ・ミヌが20分で完成させたことで有名だ。

■メンバーたちが一緒に守った名前

空白がない活動は神話のメンバーたちの強い意志と、彼らが作った‘持続可能なシステム’のおかげで可能となった。 正規6集の活動を終えた2003年、神話はSMエンターテインメントと契約終了し、そこの出身マネージャーらが設立したGOODエンターテイメントに移籍した。 デビュー5年を超えたアイドルグループのメンバー全員が一緒に会社を移って再契約をするのは、その当時も今も非常に珍しいことだ。 所属事務所を移った後に売り出した7集がデビュー後、初の歌謡大賞を受け神話は勢いに乗った。

しかしその後、活動環境は楽ではなかった。 以前の所属会社と‘神話’という商標権使用をめぐって長い時間を紛争を経験した。 所属会社の経営が困難になり、神話のメンバーたちは個別活動を受け持ってくれる所属事務所を探して、それぞれに契約をしなければならなかった。 メンバーたちが軍隊に行き、空白もできた。 しかし、神話全員は‘神話’という名前を維持するため、膝を交えた。 2011年にメンバーたちは、神話の活動のためだけに‘神話カンパニー’を設立した。 エリックとイ・ミヌが共同代表を務め、残りのメンバーたちは理事を務めている。 今も各自の所属会社があるが、神話としての活動は‘神話カンパニー’で管理する。 神話カンパニーの関係者は“メンバーが一年の活動計画を立てる際、神話の計画を一番先に取って、それに合わせて各自が残りの計画を組むことになる”と話した。 長い法廷攻防の末に神話のメンバーたちは2015年‘神話’という商標権を直接所有することになった。

シナ
2007年活動当時の神話 郷新聞資料写真

シナ
2013年活動当時の神話 神話カンパニー提供

シナ
神話が20周年を記念してリメイクし再び歌う‘All Your Dreams’記念ポスター 神話カンパニー提供

■ファンたちと一緒にした20年

神話のファンたちも神話とともに年をとった。 神話1集が出た時、中学生だったファンは今30代半ばだ。 神話のファンクラブである‘神話創造’は昨年12期まで降りてきながら、依然として勢力を誇っている。 アイドルロッジ編集長ミミョは“神話はH.O.Tやジェックスキスよりイ・ヒョリと比較してこそ正しいようだ”、“10~20代の時にデビューして、成長する過程をファンに全部見せ、ファンたちと共ににした”と話した。

神話は、軍服務後の2012年から毎年デビュー日のころにコンサートを開いてファンと会う。 今年は‘ファンパーティー’というタイトルで、来る24~25日の両日間、ソウルオリンピック公園SKハンドボール競技場で公演を行う。 2000年に発表した神話正規3集収録曲である‘All Your Dreams’再び歌い、ミュージックビデオもリメークして作る計画だ。 神話の所属事務所の関係者は“大衆に広く知られている曲よりも多くのファンが再び聞いて見たいと話してきた‘All Your Dreams’をリメークすることに決定した。”、“今年はファンパーティーだけでなく、ギフトシングル公開やアルバム発売、芸能出演、ツアーコンサートなど、多様な活動を展開する予定”と明らかにした。

【京郷新聞 2018.03.18】

20周年に合わせて、シナの記事を書いてくれていますが、
どの記事を読んでも、20年続けていることの凄さと、
メンバーたちのシナへの思いと、メンバーの絆
神話創造のシナ愛シナの神話創造愛を感じられて、
新しい内容でなくても、とっても読み甲斐がありますね

20年続いてきたシナの歴史
これからも続いていくシナの歴史
その生き証人として、一緒に過ごしていきたいと思います


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2018/03/18 20:57 ] SHINHWA | TB(0) | CM(0)

【D-6】シナデビュー20周年まで6日!!

シナの20年を写真で振り返る、プレイバックシナ

シナデビュー20周年まで、あと6日ということで、
今日は6年前、2012年のシナを振り返ります

シナD-6

メンバーの入隊と言う大きな壁を乗り越え、
ついに集結した6人の写真を見たときは震えましたね

神話は神話創造との約束を守るため
神話創造は神話との約束を守るため
4年前と同じ場所、体操競技場に集結しました
6人の姿が見えた、あの瞬間をわすれることはありません。

もう、長い時間離れることはない。
これから、ずっと一緒に過ごしていける。
そのことがどんなに幸せなことかを実感した2012年でした


さらんはぬん Dongwan
[ 2018/03/18 09:00 ] SHINHWA | TB(0) | CM(0)