FC2ブログ








エリック、暖かい作品に出たかった!!

エリック主演の新ドラマ「ユビョルナ!ムンシェフ
新しい写真と共に記事が上がってきました

‘ユビョルナ!ムンシェフ’エリック、“心温まる作品に出演したかった”

ユビョルナ!ムンシェフ

エリックが塩辛いロマンス‘ユビョルナ!ムンシェフ’でお茶の間劇場に戻ってくる感想を語った。

来る3月に初放送されるチャンネルA新金土ドラマ塩辛いロマンス‘ユビョルナ!ムンシェフ’(脚本チョン・ユリ、キム・ギョンス/演出チェ・ドフン、チョン・ホンス/制作ストーリーネットワークス、グロービックエンターテイメント)は、星が多くて月の明るいソハ村で記憶を失い、とんでもない問題児に転落した世界的なファッションデザイナー、ユベラがスターシェフであるムン・スンモと出会い、成長と愛、成功を作っていくヒーリングロマンチックコメディドラマだ。

エリックが演技するムン・スンモのキャラクターは80年伝統の食堂‘プンチョンオク’の一人息子であり、ポップアップレストランを通じて世界に韓国料理を知らせるスターシェフで、がさつな言い方や行動とは違い暖かい本音を持つ‘ツンデレ’な魅力の持ち主だ。

特に前作を通じて‘ロコ職人’として認められ、視聴者からたくさん愛されてきたエリックの復帰作としてすでに多くの話題を呼んでいる。 エリックは“前作と違って田舎の懐かしい風景の中で心が温まる作品に出演したかった。 台本を見た時、今回の作品がそんな魅力を十分に伝えることができると感じた”とし、“ユビョルナ!ムンシェフ”を選んだ背景を明らかにした。

彼はまた“前作で呼吸を合わせながら一緒に過ごしたチェ・ドフン監督が演出する作品だから一層信頼できた”と付け加えた。

続いて自分が演じた‘ムン・スンモ’のキャラクターについて、“シェフとして専門的で完璧な部分が多く、また厳しい面もある役だ。 しかしそれ以外にも少しは人間的で、また意外なほど緩い魅力もある、そんな立体的なキャラクターをお見せするため、監督をはじめ様々な意見を交わしながら演技している”と配役に対する格別な愛情を表わした。

4年ぶりにお茶の間のドアをたたくエリックの新しい姿は‘タッチ’の後続で来る3月に放送されるチャンネルA新金土ドラマ塩辛いロマンス‘ユビョルナ!ムンシェフ’で体験することができます。

【スポーツ朝鮮 2020.02.05】

いままで、都会的な役が多かったエリック
なんといっても売り文句が「異国的イメージ」でしたからね
今回はスターシェフなので、都会的な魅力もありつつ、
田舎でお店を開くという、人間味が強く出る部分もありそうで、
俳優エリックの色んな姿が見られそうで期待大です

エリック主演の「ユビョルナ!ムンシェフ」は
チャンネルAの新しい金土ドラマとして3月初放送されます


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2020/02/05 15:04 ] ユビョルナ・ムンシェフ | TB(0) | CM(0)

3日目のトマトスープアレンジ♪

2月3日に作ったカウボーイシチュー
二晩寝かせて煮込まれたシチューはこうなりました

ドンワンインスタ
そろそろ飽きたね。#トマトスープ3日目 #寒いです #風邪に気をつけてください
#pasta #sausage #tomatopasta #🍅 #dieter

【キムドンワン instagramより】

すご~~~く美味しそうなんですけど

3日目のカウボーイシチュー
ソーセージを追加したアレンジ料理
結構な量ありそうですね~

あの量、ちょっと多すぎない???って思ってたけど、
やっぱり何日も食べてた(笑)
ドンワンの次のアイデアレシピに期待しましょう


さらんはぬん Dongwan
[ 2020/02/05 13:56 ] ドンワンinstagram | TB(0) | CM(0)