FC2ブログ








「悲しみよ、さようなら」 第58話

ヘソンオンマの悲しい運命は 家族の愛に泣ける58話です

スルアン58話
スルアン58話
スルアン58話
スルアン58話

【58話あらすじ】
ヘソンのガンが発覚すると、ハン家の長女ソンミが直ちに駆けつけたが、
ヘソンは自らの死期が近いことを悟っていた。そのためへソンは入院治療を拒否。
実子のジョンウを思い、ソンミに病気のことを口止めさせる。
さらにヘソンは私財を投げ打ってイルホの工場を買収し、ハン家の人々に譲り渡す。
やがてクリスマスを迎えると、ヘソンはハン家の人々全員にプレゼントを渡し、
ハン家の人々も彼女を正式に母親として迎え入れる。
そしてジョンウの同意の元、ハン家の人々は家族の続柄を本来の形に戻すことを決める。
ーLaLaTVよりー

冒頭から泣けるよ~ ヘソンオンマがかわいそうで
やっと愛する息子が見つかって、分かり合えて、お互いを思い合いながら
幸せに暮らしていけると思った矢先、余命半年の宣告
保険加入のために健康診断を受けなかったら、わからないままだったよね。
何の心の準備もないまま、家族のもとを離れるよりは
時間を大切過ごしたいっていう、ヘソンオンマの気持ちも分かります。。。

何も知らないジョンウとソヨンが風邪をひいたと思ってお見舞いに来るんだけど、
やっぱり風邪にはビタミンCなんですね~。万国共通
会社の先輩に風邪っぽいと言うと、必ずビタミンCを勧められます。
ビタミンCを取ると回復が早い気がする。悪化しないで済んだり。

それにしても、ジョンウとソヨンのバカップルびりはかわいい
「あ~~ん」しておきながら自分で食べちゃうという、古典的ないたずら
ここまで盛り上がって笑ってるのは、まさにバッカップルでしょう
このオレンジのシーンの後半はアドリブっぽいですよね
ソヨンの爆笑具合が台本とはとても思えないから(笑)
ジョンウも微妙な間でしゃべってるし。
いいね~、アドリブ 見てて楽しいですよね

ジョンウが正式に戸籍を直すことになって、
ヘソンオンマはハン兄弟みんなのオンマとして迎えられました
みんなが立ち上がって、揃ってお辞儀をするシーンではウルウルしました
日本でも子が親に頭下げてあいさつするのは、特別なことだと思うけど、
韓国では手をついてお辞儀することって、日本以上に特別な意味を持つようですね。
韓国ドラマを見ていてもそうだけど、家族に大事な儀式って感じ。
よく、メンバーがファンの向かって手を突いてお辞儀してくれたりするのも、
感謝を伝える最高の形なんでしょうね。
そう考えても、このシーンはよかった~

家族水いらずのクリスマスを過ごしたジョンウとソヨンは
クリスマスで賑わう街中に出かけます
人ごみの中での撮影(ミョンドンかな?)では、周りをゆく見ると
ドンワンたちのことを見ている一般の人の視線をいっぱい見つけられちゃいますよね。
私もいたら、さりげなく凝視すると思います(笑)
2人がコインを投げた清渓川はドンワンが写真を撮ったあたりかな。
光化門のオブジェみたいなのもあるしね。
イルミネーション見ながら、冬に行った時のきれいな夜景を思い出しました

ついにイルホクッスはハン家の譲渡されハン氏のクッスに生まれ変わります
イルホの顔も穏やかになって、みんなの知ってる昔のヒョンの顔なんでしょうね。
1人1人肩を叩きながら声をかける姿に、極悪非道な面影はゼロでした

残すところ、あと2話となりました
ヘソンの病気も心配だし、大きくなったハン氏のクッスも心配。
残り2話も目が離せませんね


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2010/05/13 23:54 ] 悲しみよ、さようなら | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/2110-31510372