FC2ブログ








「君たちが想像する僕じゃない」 by ドンワン

きのう、一生懸命訳したのに途中で閉じてしまって、やり直す羽目になった、
ドンワンの「ヘドウィグ」ロングインタビュー
再度手直ししてみたので、UPしますね

「〈ヘドウィグ〉キムドンワン、“君たちが想像する僕じゃない”」

ドンワンヘドウィグ

2008年共益勤務を控えた彼は"もう早く入りたい"と言った。 30歳のその時キムドンワンは10年を超える芸能人人生に疲れたように今一度私を見て、ただ自分に耳を向けるようになる、その時間を切望していた。 そして2年余り経って、永遠な神話のメンバーであると同時に多芸多才なキムドンワンとして、彼はミュージカルという新しい服を着て、私たちの前に出る準備をしている。また他の挑戦に出るまでどんな変化が彼に染みるようになったのか。 ミュージカル舞台を語るキムドンワンの初インタビューを始めてみよう。

〈ヘドウィグ〉はミュージカル界の鉄人競技?

ドンワンヘドウィグ

ミュージカル、そして〈ヘドウィグ〉のキムドンワンはいろいろな意味で意外な消息でした。
歌手もして俳優もするから歌は舞台で、演技はドラマや映画で演技だけ見せなければならない、という変な先入観のようなものがありました。2つともしたいけどしたくなかったんです。もちろんミュージカルが難しいのもあるけど。

〈ヘドウィグ〉みたいな場合は同性愛者の演技をして見たかったし、とても難しくて難解な役じゃないでしょうか。この作品がミュージカル界の鉄人3種競技みたいな。そう、これなら私をちょっと苦しめて見られる、と思ってするようになったんですよ。オファーが入って来てぴったり2日悩んだ後に、私がやりたいとお願いしたんです。

ヘドウィグが決して平凡な役ではない。単純にトランスジェンダーだと名付けるにも難しい。
本当に複雑でした。ジョン・キャメロン・ミッチェルという人がとても魅力的で、難しいです。 今までとても良い俳優たちが作品をしてきたし。映画原作もあっって。

過去の公演を見たことがあるんですか?
関心はあったけど一回も見ていないです。公演の準備を始める時はそれが本当に良かったと思ったんですよ。誰かに倣うんじゃなくてと思ったから。今、映像たちすべてを捜してみています。(笑) 後悔してます、今は。あぁ、見ればよかったのに…甘くないようです。

初ミュージカル、ときめきと心細さが共存するようだ。
僕の長所が常に自信を持っていることだと思ったけど、ミュージカルに対する時だけはそれが無謀な自信感になってしまうんですよ。計算しなければならないことも多くて。演出家様が演技も熟練工だと。繰り返せば繰り返すほど手に付くので、その役の達人にならなくてはならない、感で気分良くやって成功できる確率が少なくなるんだって。それが正しい言葉のようです。

もちろん歌手たち、アイドルたちが熱心にして舞台で受ける観客のエネルギー、また持て生まれて見せてあげられるものなどがあって得られる人気が多いのに、ミュージカルは本当に一から十まで準備しなければ、認定さえ受けにくいようです。 人気を離れてすべてばれる。

今まで多くの舞台に立ったことが役に立つでしょうか。
今まで歌手もして、ドラマもして、あれこれやって見たのがミュージカルをするためだったんじゃないか(笑)すべてが役に立ちます。ヘドウィグみたいな場合は、自分だけのショーをする気分ですよ。モノドラマだと観客とずっと対話しながら反応を見て、そんなところはMCをしてDJをしたことが役に立つようです。

ヘドウィグに変身するために外的に、内的にどんな準備をしているのか。巷では'筋肉を落としている'と言っていたが。(笑)
それが, 筋肉がよく落ちないんです。(笑)取り除く運動をしたらもっとできました。脂肪が落ちてもっとよく見える身体になって。(笑) 最大限、顔のダイエットして女のように装って、身体は筋肉質で行く事にしました。

ハリスさんの手ぶりもこっそり学んで、トランスジェンダーパーに行って助言も求めて。ところがヘドウィグは完全なトランスジェンダーではないでしょう。行きながらちょっとそんな他の点も感じて。

ドンワンヘドウィグ

神話のメンバーたちを含めて‘ミュージカルに出るキムドンワン'に対する反応が気になります。エンディはミュージカルの先輩でもあるんじゃないですか。
あまり気を使わないですよ? (笑) 私が人によく会わなくて。エンディのミュージカルは一度も見られなかったんです。美しくて幸せな作品が多かったけど、私の趣味ではなかったから。(笑)それでヘドウィグをもっとやりたかったです。こんな作品はドラマみたいなところでは扱えないでしょう。

ヘドウィグの音楽も個性があふれています。ロックは今まで、キムドンワンさんが歌手として見せてきたスタイルと違います。
OSTが有名でしたよ。とても気に入ってます。書いた人がカート・コバーンが好きなようです。その人は話もたくさんしてスタイルも似ていて。フィル・コリンズの話をするのにラジオヘッドとスタイルが似ているんですよ。音楽の趣向が私に似ているようです。

高校生の時にニルバーナのコピーバンド'インパクト'をやりました。また元々SMに'バッドボーイズ'というバンドのベースギターリストで入ったんですよ。ところがイ・スマン社長が"お前はアイドルが合う"と言って、"私はバンドをするつもりです。アイドルは似合わないです"と言ったけど 神話の他のメンバーたちの映像を見てから、 とてもかっこよくて。熱心にします、したんです。(笑)

ミュージカルナンバーの中で一番気に入っている曲があれば。
'ウィキッド リトル ウン'(Wicked little town)です。作品の流れ上、とても感情移入するようです。'オリジン オブ ラブ'(Origin of Love)はメッセージがあってひ惹かれます。

私の人生の明らかなターニングポイント

共益生活, どんな風に過ごしましたか?
週末はほとんど旅行に行きました。国内の写真旅行みたいな。共益生活で遅刻しないで一生懸命すれば、すべて時間になります。僕が使った休日を普通他の人々は酒に酔って、朝寝坊で使うと言うんですよ。僕はそんなことがいとが一度もないです。それを勤勉ではなく、当たり前だと思いました。それでこそ私が休むことができるから。スペインも行って、日本も二度、そして韓国は済州島、井邑、茂朱、束草、瑞山…江原道、全羅道,、忠清、済州島..写真の好きな共益の後輩と一緒に歩き回って、ご飯も食べて写真も撮って。おもしろかったです。

うわさどおり本当にまじめな共益生活をしましたよね。
公務員が私に本当によかったみたいです。ふるいの枠を回る生活が好きみたいです。一回も規則的に生活した事がないから、それでもっと良かったようです。不眠症が、僕がたくさん寝るからだ、ということを今度知ることができました。疲れるから不眠症みたいなものは消えるんですよ。(笑) それで今も規則的に生活しようと努力しています。酒は週末にだけ飲んで、 朝10時前には起きて。

ドンワンヘドウィグ

人間キムドンワンに軍生活は大きい契機になりましたか?
そのようです。規則的な生活が好きになったこともそうで。ちょっとした心配の種もすべて消えたようです。'僕はどうしてこうなのか'と思うことがあるじゃないですか。自信感の後に隠れている僕だけのジンクスみたいなこと。 誰もがする悩みたちでそれでもっみな生きて行くのに、僕は僕にだけあることだと苦しんだんですよ。そんなものなどを感じる時間でした。

また芸能人で生活にストレスがあるけど、その一方で利点がとても多いですね。私が恵まれているな、と言うことを悟って、これから感謝しながら生活するようです。私僕らは平日に休むこともできるんじゃないですか。その気になればストレス受けずに遊ぶことができる。また私のわがままな計画ができるというをよく分からなかったがそんなことなど、とても大きい恩恵だったんですよ。

入隊の前のキムドドワンとは確かに違う感じです。もうちょっと余裕が出てきたと言いましょうか?
その時は本当に共益に早く入って行きたかったです。すべてのものがストレスだったからです。芸能人に対する会議も聞いたし、コンジヨンの散文集 '雨粒のように私はひとりだった'に'卑怯な英雄もいて、義理ある偽善者もいる'という句節が出てくるけど、そんな考えたち? 私たちが予想したのが違う場合も多くて、努力すればすべて上手く行くわけでもなくて、手を抜くのがダメでもなくて。それでも適当に生きるのではないが・執着しなくなったようです。

今までは執着して生きてきたという話でしょうか?
すべてのものにとらわれすぎたんです。執着してついてわけでもなくて。人生は計算ができないようだがしきりに計算しようと思ったようです。分からないことがあれば、それを知るために他のことはすべて放っておいて捜して、だからとてもつらくて。そうだったのに、一生懸命に生きるけど、わからないことは放っておいて、忘れてしまった品物も忘れていれば、どこかで偶然に発見されるんじゃないか。そんなことです。


キムドンワンを一つで想像する、しない

最近TVの芸能プログラムを通じてもそうで、神話、キムドンワンさんもみな'自由な魂たち'だというのけど(笑) 一方でとてもまじめで正しいイメージもあります。
それは、子たちに比べて僕が遊ばないから、比較的善良に見えることもあるけど、本当に僕は善良なことをすればそれがいつも人々に目立って見えるようで、それで。(笑) 僕も本当にたくさん遊んだんですよ。ドラマの作家の方々に会えば"ドンワン、お前も恋愛もして、お酒も飲んで遊びに行って、魅力が生まれるんだぞ" そんな時は心の中で'いや、今よりもっと遊ぶ?どうして僕にそんな話をするだろう?' (笑) そう思う。

ドンワンヘドウィグ

僕は善良じゃないです。本当に善良だったらヘドウィグをしようと決心しなかったと思うんですよ。この作品をしながら覚めなければならないことなどが多いんです。媚びる行動、それとともに性が交差することに対してウィットがあって、上手く話さなければならない場面もあって。そこに対してあまり難しいとは考えないけど、他の人たちにシナリオを見せた時、 "おぉ、これをどうやってするの" こんな反応をする時は一生懸命に遊んで、そうしたことが本当によかったという気がします。

他のグループよりは親しいといっても、それでも'アイドル'としての神話のイメージで風変わりな姿に変身するのに、ヘドウィグがきっかけになりますよね。
あ、本当にそうですね。露出もあって。前にギムダヒョンさんの話を聞いたら怖かったですよ。結婚発表したら前売りされたチケットが取り消されたそうです。もちろん今はそんなこと関係なくよくしていらっしゃるけど。ちょっと、少しは、そんな人気を脱したい心もあります。君たちの想像する僕ではない、こんなことをしきりに見せたくて、既存のイメージを脱したい心があります. ありがたい愛でもあるけど、しきりに自分たちが想像する僕でなくでがっかりして、そんな姿を見れば 'これが僕だ。それでどうだっていうの'そんな気がする時があります。

歌手のミュージカル舞台、憂慮な視線も確かにある。
僕たちはいつもひまわりみたいな愛を受けて来たでしょう。もちろん神話のファンの方々が一番歌手に叱咤をしてくれるファンだとうわさは立っているが、それでも一応すべてを好んでくれるから、今のそんな優しくない視線があって、本当に僕を発展させられる機会になるようです。成功しても失敗しても。今は僕と(キム)ジェウクだけ練習しているけど、ジェウクはすごく男らしいです。女らしい感じがしたけど完全な男です。おかしくて特別で。確かに全然違ったヘドウィグになるんです。その子は人々がトランスジェンダーに見てくれる子で、僕は僕がそうだ言い張る人で。(笑)

来年神話が集まると聞いた。
来年3月24日が14周年なので、それに合わせて公演やアルバムを出そうとみんなが合意をした状態です。その前までしばらく演技に集中するつもりです。だけど僕はいつも周辺の環境や雰囲気に適応する方だから、他の道に行くことも。

今この瞬間、一番先に思い出すセリフは何ですか。
"僕を本当に愛したら、僕のこれも愛してくれ。" うん、キムドンワンとしてもちょっと通じるセリフですよね。

【playdb カバーストーリーより】

とっても中身の濃いインタビューですよね。
ドンワンがどんな思いで「ヘドウィグ」に取り組んでいるか、
ファンへの愛に感謝しながら、その暖かい世界で守られるだけでなく、
新しい世界へ飛び出して認められたいという、男のロマンも感じました

ドンワンくらいの芸歴になると、守りに入る人もたくさんいると思うけど、
あえて、新しい世界に挑戦していくドンワンの姿勢は、見習いたいと思います
芸能人としてだけでなく、改めて人として尊敬できる人だと感じました

月曜日から韓国出張中のmargot先生によりますと、
ドンワンはすっごく一生懸命練習してるそうです
初日は緊張するーっ」ってドンワン言ってたそうですが、
感動的なものに仕上がるそうなので、ご期待くださいとのことですよ
(margot先生のつぶやきよりです)

初日に行ったら、ドンワンの緊張が伝わってきて、
ドキドキしすぎて見ていられないかも
私の初日は21日ですけど、ドンワンよりドキドキしそうです
初日じゃなくって、よかったかも(って、いけないので負け惜しみです

初日を見に行かれる皆さん、ドンワンの緊張を肌で感じできてくださいね
俳優キムドンワンの新たな歴史の一歩ですから


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2011/04/13 13:04 ] Dongwan | TB(0) | CM(1)

(訳yae)ありがとう!大変な作業ですよね。これ翻訳機でよんだら、頭の中は絡んだくもの巣だったわ!最後まで読まなかったかも!  大好きは筋肉はより美しく、顔はより女装が似合うように美しく。私たちが想像するドンワンじゃない!って言ってるけど、
私はドンワンと言う人間を愛してるので、少なくとっも、わたしにとっては、杞憂です。
ドンワンはやっぱり、考えの深い人です。
いつまでもアイドルじゃないし、ず~~とこの世界の人でいるならば、果敢に挑戦しなきゃね。そんなドンワン、ずっと応援するよ。
ミュージカルは、本当に有名なもの3つか4つしか見てないし、ヘドウィグは、全く知らなくて、娘に教えてもらいました。ヘドウィグ初体験がドンワンで幸せです。笑っちゃたのが、寝すぎで不眠症!?だったなんて、そんなこと言ってるけど、ドンワン特有にいいまわしですよね。コンサート初日前夜の睡眠時間の短いのは、本当だと思います。。
ドンワンその人を愛しているペンはどんなドンワンを見せられても、応援し続けるよ。
どんわんヘドウィグを思い切り演じてください。体調は管理してね。初日は私も日本でドキドキしているとおもいます。
ドンワン 大好き!!

[ 2011/04/14 09:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/2692-9a358258