FC2ブログ








ドンワン主演「ヘドウィグ」レポ②(ネタバレ注意!!)

①に続いて、こちらもバリバリにネタバレのレポになります。

これからご覧になる方で、当日まで知りたくないと言う方は
ここから先はご覧にならないようにお願いします。


さぁ、ドンワン主演「ヘドウィグ」のネタバレレポ②、行ってみよう

①はなんとなくストーリーに沿って書いてきましたけど、
ラストへ向かって「ヘドウィグ」の世界に入り込んでたので、
もう順番とかなんだか、記憶が交錯してますので、
その辺はご了承のうえ、読んでくださいね

まずはヘドウィグの衣装の話をちょっと書いておきますね
最初にマントを羽織って登場したワンドウィグですが、マントの下は
ピカピカ生地のミニスカートに網タイツ、黒い袖のドレープが大きなトップス。
袖の生地がフレアの大きな感じになってるので、それをバサバサさせてました。

Ment Wideのインタビューでも言ってましたけど、
ドンワン、脇の下から足のすね毛まで無駄毛はツルツルなのです
元々、そんなに濃い方ではないけど、ツルツルで~す 羨ましいくらいの(笑)
そんなツルツルのドンワンの足には網タイツがとってもお似合いなんですけど、
その網タイツ、膝のちょっと横らへんに穴があいてるんです
これは前日も見たイヘさんに教えてもらってチェックしたら、あいてました
わざとなのかな1枚しかないってことはないでしょう。
これからご覧になる方、ぜひドンワンの網タイツをチェックしてくださいね
ワンドウィグは一度、お色直しするんですよ。それはまた後ほど。

超がつくミニスカートのワンドウィグですが、
たまに自然な仕草でスカートを引っ張って伸ばしたり、
椅子に座って足を組みかえたりするのが、女性以上に色っぽい
95%くらいは女性客ですけど、客席から黄色い声が毎回飛びます
ワンドウィグもまんざらでもない表情 セクシーです

セクシーと言えば外せないのが「カーウォッシュ」です
インタビューに「카위시」ってのが出てきて、何だろう?ってのは書きましたけど、
教えていただいたとおり、客席の誰か一人に腰につけたフリンジで
車を洗うように腰をすりつけるようなセクシーダンスをするんです
これは3曲目の「Sugar Daddy」で見せてくれるパフォーマンス
最初の恋人であるアメリカ人男性、ルーターが歌詞に出てくる歌です。
舞台の上に設置してあるポールでセクシーなポールダンスも見せてくれるけど、
客席に降りてきてやってくれる「カーウォッシュ」が見せ場です
私が観劇した日はポールダンスの時に腰のフリンジが落ちちゃったんですよ。
でもワンドウィグは慌てて拾ったりせず、そのまま客席へ
しかも私のそぐそばの日本人のお客さんのとろこでしたよ。ギャ~、近い
腰にフリンジがないけど、袖のフレアを利用して上手くやりきったドンワンでした。
すごい勢いで飛んでくるんだけど、ちゃんとひじ掛けに上がる時は
お客さんのことを気にしてくれてる感じがわかりました。
こういうとこはやっぱり、ドンワンですね

舞台はヘドウィグの身の上話と歌が中心に進んで行くんですけど、
ワンドウィグはとっても親しみのあるヘドウィグなんです
ヘドウィグってもっと傲慢なタイプが多いみたいですけど、
ドンワンは本人の人柄もあるだろうけど、とっても親しみを感じる
舞台での話し方もその一つでしょうね。
キム・ジェウクの公演も見たから余計に思うのかもしてないけど、
ワンドウィグは人を付け放さない優しさみたいなのが感じられるんです。
ジェウクのヘドウィグはもっとクールっていうか。。。
ドンワンが舞台なれしてるってことも大きく左右してると思いますけど、
どちらが正しいとかなくて好みだと思うけど、私はもちろんワンドウィグです

歌はバラードあり、激しいロックナンバーあり
ロックでとっても激しいリズムがかっこいいのが5曲目の「Angry Inch
歌詞の内容はそのまんま、すごいと思うんだけど、
思わず一緒にシャウトしたくなる、「ライブ感」のある曲ですね
座って聞いてるけど、立っていいなら客席もジャンプしちゃうと思います

歌と言えば、イツハクも歌いますよ
ヘドウィグの今の恋人のような立場で登場するんですけど、
彼は彼じゃなく、本当は彼女なので、シャウトする歌もあるけど、
繊細なバラードも歌ってくれるから、気持ちがググッときます
ヘドウィグとイツハクはとってもぎこちないんです(笑)
ヘドウィグはイツハクへの拍手はしなくていいって言うし、
イツハクはヘドウィグの話の腰を何度もおろうとするし
そんなイツハクにヒステリックに怒るワンドウィグがまたかわいいんだけど
ワンドウィグが衣装直しで舞台を一回降りる時、
最初は優しい歌でBGMのように歌声を聞かせてくれるけど、
ヘドウィグの姿が見えなくなったら、バンドメンバーに目配せして、
ガンガンのロックをシャウトするんですよ 女性だけど、かっこいい~
イツハクもまた、ヘドウィグのように深い苦悩を抱えている一人です。。。

イツハクがガンガン歌ってる間のワンドウィグは衣装直し
ここでやっと、プレスコールの時のティアラに黒い超ミニワンピに変身

ドンワンヘドウィグ
ヘドウィグの象徴ともいえるあのカツラよりも、こっちがかわいい
全編通して高いヒールのロングブーツを履いてるんすけど、私には絶対無理な高さ
仕事とは言え、ドンワンのプロ根性に改めて感服しました

ストーリーのほうがなりおざなりになっておりますが、
ヘドウィグは東ドイツでハンセルという名前の男の子として生まれたんだけど、
まだ幼い時にアメリカ人のルーターに「ベアグミ(熊の形のグミ)」で釣られて、
「結婚しよう」の台詞に「いいよ」てって簡単に答えちゃうんです。
結婚してアメリカに行くために性転換手術をするんだけど、
失敗して1インチ残ってしまうんです。それが「Angry Inch」の語源
手術に失敗したけど、ハンセルはヘドウィグになってアメリカへ。
でも、その愛も長続きしないで別れちゃうんですよね。
そのあと知り合ったのがトミー・ノーシスです。
トミーはヘドウィグよりも若い青年なんだけど、色んなことを教わるうちに
お互いに愛し合うようになって、一緒に歌を作るんだけど、
トミーはそんなヘドウィグを裏切って、歌を盗んでデビューしてヒットを飛ばす。
ヘドウィグは歌だけでなく、同時に愛する人も失ってしまうんです

衣装替えして戻ってきたヘドウィグはファーのショールを肩にかけて
とってもキュートな雰囲気も出しつつ「Wing In A Box」を歌います
この曲では客席も一緒に歌ってって言われますよ。
モニターに字幕が出るけど、もちろん韓国語です

내 얼굴엔 make up 카셋 태잎 노래 이 예쁜 선물 가발을 쓰면
(ネ オルグレン make up カセッテェップ ノレ イ イェプン ソンムル カバル スミョン)
私の顔にはmake up カセッテープの歌 このきれいな贈り物のかつらをかぶれば
皆さんも覚えてワンドウィグと一緒に歌ってくださいね

まだまだ続くレポですが、今日は一旦この辺で終わりに
たぶん、あと1回で終わると思うんですけどね。どうかなぁ。
ラストの衝撃シーンからアンコールまで、書きたいことはいっぱいなので、
もう少々お付き合いいただけたらと思います


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2011/05/24 23:50 ] Dongwan | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/05/25 01:25 ] [ 編集 ]

あ~~~ん!!

 
見たい 見たい 見たい 見たい 見たい!
 
早く 見たい! あ~~~ん 早く見に行きたい!!
 
必ず 行きますけど!! みたいよ~~~ん!!
[ 2011/05/25 08:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/2766-9685fcad