FC2ブログ








シナ 11集活動を終えてのインタビュー①

今日はすごく久しぶりにネット記事を訳してみてます。
時々ウトウトしつつ意訳したので、雰囲気で読んでくださいね


[カン・ミョンソクコラム] 神話インタビュー “神話というグループがとても楽しい職場になれば良い”

15年前、こんなに手放しに幼稚な名前があり得るだろうかと思った。しかし15年後、今は彼らの名前に納得しなければならない。神話。1998年にデビューし、2013年に11枚目の新しいアルバム〈The CLASSIC〉を発表したグループ。その間に数えきれないほど多くのチャートで1位になったし、メンバーたちは個人活動でも成功をしたし、末っ子であるエンディまでもTEENTOPのようなアイドルグループを製作している。そして、神話の新曲‘This Love’は音源チャートはもちろん、8個の音楽プログラムで1位を記録した。彼らはただ15年を解散しないで堪えたのではなく、15年目にまた全盛期を走っている。その点で神話はもしかしたら、ただの音楽やアイドルのカテゴリーではなく経営の観点で話さなければならないかも知れない。浮き沈みの激しい芸能界でどのようにひとつのチームが解散しないで、常に良い成績までおさめて15年を維持することができたのか。〈The Classic〉の活動が終わった後、神話に会って聞いた。どれだけ、これからの15年がもっと期待されるグループになったかと。

シナ

去年、“今度のアルバムはみんな一緒に集まって始めることに意義があって、次のアルバムから本格的に神話のまた他の色が出る”と言ったのを覚えている。そして〈The CLASSIC〉を発表した。活動を終えった感想はどうか。

ミヌ:今度の活動で8個の(1位)トロフィーをもらった。15年間で一番多い数だ。特に昔にKBSミュージックバンクで‘T.O.P’で初めて1位のトロフィーをもらったが、今度のミュージックバンクで1位になったから感懐が新しかった。本当に空を飛ぶようだった。
ヘソン:ミュージックバンクは500回特集の時に私たちが唯一の1回出演者だったが、700回特集もひとチームで出た。だから気持ちがとても一味違っていた。ファンに感謝する。

tvN サタデーナイトライブに出演した時、喊声がものすごかったよ。現在進行形のチームという感じがした。

ミヌ:舞台に立って見れば去年に比べて今年はもっと反応が大きい。放送を終えて家に帰る時、多くのファンが出て応援してくれるから、いつも過去に帰ったようでもあって。そして制服を着た学生たちがファンだと言いながら手紙に“オッパ(お兄さん)”と書いてくれれば本当にうれしい。実はその方々に僕たちはサンチュン(叔父さん)の年なのに(笑)
ヘソン:すごく良い?オッパって言ってくれるのが?(笑)
ミヌ:すごくいいね。そのファンがくれた贈り物もすぐにつけた。

シナ

何をすぐに付けたのか(笑)

ミヌ:ブレスレットだった。それをMBC音楽中心の最後の放送につけて出たし、そのファンが意味深く思ってくれたらと思う。
ヘソン:私たちが単純に15年間、メンバー交替なしに活動して先輩として待遇されるのではなく、よく準備した音楽と舞台で大衆の視線を捕らえなければならないのに、こんな結果が出るからもっと胸がいっぱいで、もっと見せてあげるのが残ったという気がする。
エリック:15年長寿グループというのはおまけみたいなものだと思う。後輩たちと歌謡プログラムでまったく同じように競争して1位になったが、その歌手が15年目だというだけのことだ。良いグループではなければならないのが一番重要だ。そして私たちと共にたくさんの人々が一緒に仕事をするから、どんな目標より仕事をする時の雰囲気がもっと重要だ。雰囲気良く働くことができる環境になると、僕たちが分からない部分でみんなよく動ける。それが今度の活動ではスタッフたちが皆、自分の仕事のように手伝ってくれて思いもよらない結果が出たようだ。

しかし、15年という時間はそれだけでもすごい。神話は初めは企画によって作られたチームであったが、ある瞬間チーム自らの生命力で動いた。大部分のグループたちはある時点で自然に別れるじゃないか。

チョンジン:すべての夫婦は子供を生んで幸せな家庭を作るのが当たり前じゃないか。離婚する場合もあるが、それは誰も望まない。そんなことだ。僕たちがずっとチームを維持するのは当たり前なことなのに、これをどうしてこんなに誉めるんだろうという時もあった。
ミヌ:私たちの活動はハッピーエンドではない。“そうして幸せによく暮らしました”ではなく、まだ、今もよく暮らそうと努力しているところだ。実は今度のアルバムを作りながらも、たくさん争った。今後もそうなると思う。
ドンワン:とても運が良いと思うのが、お互いに各々が生きる理由と方式をお互いに尊重してくれる。この子がいくら僕を理解できなくても、僕が理解してくれと言えばその後には僕がこれ以上説得しなくても良い。ただ、あの子がどうしてあぁだなとただそのまま越えて行く。
ミヌ:チームに危機が来ればメンバーたちがとても率直になる。中に貯めないですべて取り出していく。
エリック:年を取るほど自分の領域があって、侵さないようにして礼儀を守ろうと思うから、そんな風に話しにくくなる。しかし、僕たちはどうしても問題を取り出して解決する。事が大きくなりそうで我慢すれば問題がなくなるのではなくて後に回る。それがむしろずっと悪い。

今度アルバムではどんな点を打ち解けて話したか。‘This love’は曲や舞台で見せてくれたヴォーギングダンスが前とあんまり違うスタイルだから異見があったようだ。

ミヌ:何人かのメンバーたちは大当りだ、よし、格好いいと言って、他の何人かは心配そうだった。
ドンワン:一番確信をくれたのは与えたのは振り付けを一緒にしたアン・ヒョンソク団長だった。ある日急に“お前がこれをする夢を見た。”と告げたよ。そう言いながら、君逹が始めれば誰かヴォーギングダンスをするだろうし、神話はその手始めになると言っていた。そんな風に何度も説得をした。すごくありがたかった。

ドンワンはSNSにある食堂でおばさんが神話の舞台を見て“いや、ミスターキム(キムドンワンが出演したドラマのキャラクター)があんな派手なダンスをするなんて”と言ったという話を上がったりした。

ヘソン:最後にこんな内容もある。“私たちのミスターキムがそんなわけない。。” ハハ。
ドンワン:それで今度のコンセプトがもっと良かった。ドラマに出演して見ればイメージがあまり固まるのに、‘This love’がセクシーなコンセプトだからとても良かった。

静かな振付に成熟な姿を加えたヴォーギングダンスやスーツに額を現わしたビジュアルが印象的だった。

ミヌ:難しい部分たちが多かった。以前にしたスタイルはしたくなかったが、それが抜けてしまえば神話の色が出ないから。そうやって‘This love’の振付が出た時、 “あ!できた!”と思った。神話の特徴を維持しながらも30代が見せられるセクシーさを表現することができた。

タイトル曲を含めてアルバムの色が一貫された感じなのに、外部の作曲家たちの曲をもらった。曲を選ぶ時の基準みたいなものはあるのか。

ミヌ:曲が良ければなるようだ。そして中毒性を重要に思った。リズムが生きていてメロディーは耳につく。それで残像がずっとメムドルドッがメロディーが残るそんな中毒性.

エリック:前にはメンバーたちが各々に得意な部分を考慮する場合が多かったけど、今は車で移動する時に聞いたり、別の仕事をしないでそれだけ聞くようになる曲を選ぶようになる。この前のように覇気ある曲たちよりよく聞こえて楽な曲たちがもっと多い。

そのため‘This love’は鑑賞用ダンス音楽みたいでもあった。声もメンバーの個性を強調するより一緒に出る声に集中したという気がして。

ヘソン: どんな変化を目標を置くより曲ごとに感じが違って呼ばなければならない方向があるから曲の感じが充実した。‘This Love’は夢幻的でセクシーな感じが入って行かなければならないから、そのスタイルに最大限合うように行った。ボーカルディレクティングを受ける時、今までのアルバムに比べて“これはシンヘソンらしいのとは少し違うようにして見ようか?”こんな言葉をたくさん聞いた。私が聞くには大丈夫で無難に聞こえるのに、ちょっと違うようにして見yったらどうかというような式で。
チョンジン:力をもっと抜いて楽にう歌うように努力した。大変で時間も長くかかったが結果を確認して見て差があるのが分かるようになった後は、少しでも新しいものを試みて努力しなくちゃいけないと言う気がしていた。

そんな点でユニット活動をしたくはないか。このごろのアイドルたちは大部分するのにむしろ神話がしない。

ミヌ: 元々はユニットでふたつ二人二人、三三こんな風に何曲かをするかもつもりもあった。ジニとも何年も前から話したりしたし。デュースやクローンのようにして見ようと話した。
チョンジン: よさそうだ。デュースの‘夏の中で’のような歌を一度してみたかったり。
ドンワン:ジンやミヌは本当に踊りをたくさん踊りたがるようだ。私もいつになるかは分からないがヘソンとユニットで...

ダンスデュオ? (笑) ふたりが神話で一番踊りに自信がないメンバーたちなのに。MBCラジオスターではダンスバトルまでした。

ミヌ:ダンス競争者たち同士やってみて。(笑)
ヘソン: 考えないわけじゃない。ただ、いつか必ずやらなきゃという気がする時もないかな。
エリック:嘘だ。(笑) 僕が確かに聞いたが、今度のコンサートの舞台でどこかでコーナーを作ってドンワンとダンスバトルをしたいと言っていたよ。それで僕たちがそれは君たちが別でやりなさいと言った。(笑) アンコールまで終わって退場したら、その時しなさいと。実は4年ぶりにカムバックした後には個人活動をちょっと慎んだ。神話のメンバーでもうちょっとしたほうが良さそうだった。ところでこれからはユニットに対しても考えるようになったりする。



なかなか、読み応えのある記事ですよね~ 長いので一気には無理でした。
続きは②でUPしますね。明日、がんばります


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2013/07/24 23:42 ] SHINHWA | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/07/25 20:02 ] [ 編集 ]

mさんへ

オンニ、全然大丈夫ですよ~。メールいつでもくださいv-392
もうめっちゃ忙しい時期は抜けてるしね。
無事にゲットできてよかったですね。
関西は1日遅れとは、しりませんした。勉強になる。
インタビュー、かなり意訳だったり直訳過ぎたりですけど、
なんとなく何言ってるかわかればなぁと。よかったv-398
[ 2013/07/25 22:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/4393-65b7037e