ヨンジュン振付師がみた、シナ!!

標的」や「ALL RIGHT」の振り付けでお馴染み、
振付師でダンサーのチェ・ヨンジュンさんのインタビューが
10asiaに掲載されたんですが、シナペン必読ですよ

長いのですが、訳してみました。翻訳機にかけて、少々修正した程度です。
翻訳機にかけただけよりは読みやすくなってるかと思うのですが、
意訳もかなり入ってますので雰囲気で読んでくださいませ。


歌を描く人々⑨ チェ・ヨンジュン振付師、神話のそばで神話を作る (インタビュー)

パフォーマンスのないアイドル音楽は小豆のない饅頭ではないか。 アイドル音楽は歌、ビジュアルそしてパフォーマンス、3拍子合わせて広げるコンセプト音楽である。 中でもパフォーマンスは見る音楽の頂点を成す非常に重要な要素と同時にK-POP韓流熱風の核心。 よく作くられたポイント振付の一つが歌の人気を牽引したりする。 アイドルがカムバックする度にyou tubeで溢れるように作られる海外ファンのダンスカバー映像もパフォーマンスの大切さを見せてくれる。 ここにパフォーマンスを作る振付師の役目も同時に大きくなった。 3分余りの舞台のため、アイドルグループの後で汗を流す振付師に会う。

ヨンジュン
チェ・ヨンジュン ライブワークスカンパニーパフォーマンスディレクター

チェ・ヨンジュン振付師の存在を知るようになったのは神話‘標的’の時のからだ。 神話が去る2015年に発表した正規12集タイトル曲‘標的’はメンバー別のオーダーメイドパフォーマンスに6人のメンバーのお互いに違うラップとボーカルスタイルが一つとなった。 口笛の導入部から最後のエリックのラップまで、起承転結が確立された仕組みのパフォーマンスが一本の短い映画を見るように目をはなすことができない。メンバー別の色と歌の魅力まで全てをいかしたパフォーマンスであった。そんな‘標的’パフォーマンスを作った主人公はまさにチェ・ヨンジュンライブワークスカンパニーのパフォーマンスディレクターであった。

チェ・ヨンジュン振付師は2013年神話と‘This Love’の活動を通じて初めて会った後に、イ・ミヌのソロ10周年アルバム、チョンジのソロアルバム‘リアル’、またシン・ヘソンのアルバムまで神話との縁が続いた。 その間セブンティーン、アップテンションなど浮び上がる新人グループのパフォーマンスを担当したりした。 ふたつのグループは皆、起承転結が仕組まれたパフォーマンスで注目を引いたグループ。 チェ・ヨンジュン振付師の力量をうかがうことができる。

チェ・ヨンジュン振付師の秘訣は‘ストリーテリング’と‘歌手のオーダーメイドパフォーマンス’にあった。 彼は歌を踊ることで語ろうと努力したし、それより先に歌より歌手にもっと似合うパフォーマンスを探そうと努力した。 チェ・ヨンジュン振付師だけの確かな色が神話と出会ってもっと輝き始めたのである。 神話のおかげで本格的に羽を広げたチェ・ヨンジュン振付師は‘少年24’プロジェクトでジャンプする準備をしている。

‘少年24’ プロジェクトはCJ E&M音楽事業部門とライブワークスカンパニーの超大型 K-POP プロジェクトだ。 選抜された男性アイドル24人が常設の公演場で1年365日、ライブで公演を進行する新概念のK-POP公演プロジェクトで、ブロードウェー式の常設K-POP公演を通じて外国人観光客を誘致して、新しい韓流文化を主導するという計画である。 神話から‘少年 24’までチェ・ヨンジュン振付師は神話のそばで新しい神話、話を書き始めた。

10. 現在シン・ヘソン ‘ロコドラマ’で活動中です。 ソロ歌手ではバラード歌手のイメージを持ったシン・ヘソンがダンスに挑戦して驚きました。 どのようにダンス曲をするようになりましたか。
チェ・ヨンジュン: その話は会食席で出ました。兄さんが‘ヨンジュン、僕踊るのどう?’ と尋ねたがその時は本気なのか分からなくて、してみたいのかなと単純に思いました。 本当にやるようになるとは自分も知らなかったです。 初めにはどうすればいいか心配になりました。 ヘソン兄さんは同じダンスをしてもヘソン兄さんだけが表現する纎細な感じがあって他のコードで作ろうと努力しました。

10. ‘ロコドラマ’を初めて聞いた時どうでしたか?
チェ・ヨンジュン: 黒白な感じのように二重的に聞きました。 歌の感じは暗くて雰囲気があるのに歌詞は甘いです。 振付もそんな式でやって見ようという考えをたくさんしました。

10. 手を利用して花を表現した振付が印象深かったです。
チェ・ヨンジュン: ‘ロコドラマ’の振付自体がヘソン兄さんの長所をいかした振付です。兄さんがダンスの能力がものすごく卓越した方ではないから長所をもっと強調させました。 ヘソン兄さんは長い足があって、手が本当にきれいです。 手を目立たせながらバラードの物静かな感じで表現しなければならないと思いました。 花という歌詞があったし、‘魔法師’という歌詞もあって注文を覚えることのようにしてみたら、ぴったりと合って落ちました。

10. シン・ヘソンは今度のアルバムを作業しながら本当に熱心に準備した姿でした。
チェ・ヨンジュン: 初めには私がよくすることができるか悩みと心配をたくさんしました。 少しずつヘソン兄さんにあう振付を修正して見るとぴったり合いました。ヘソン兄さんも演習をたくさんして集中をたくさんしました。 本当に上手くやりたいという感じが伝わってきて、もっと熱心にすることができました。

10. ‘ロコドラマ’は神話の‘ALL RIGHT’の椅子ダンス、チョンジンの ‘wow wow wow’の ポイントダンスなど神話を連結する輪が盛りこまれたれた踊りもあったんですが。 その連結の輪はどうやって思いついたんですか?
チェ・ヨンジュン: 神話というチームがメンバーも各々アルバムを出して活動をするじゃなですか。 このごろのアイドルもそんなチームがあるが、神話はユニットよりソロでずっと出ます。他のアイドルとは違うストリーテリングを作りたかったです。 神話のダンスだけのストリーテリングを作りたかったんです。 12集の収録曲‘ALL RIGHT’ の椅子ダンスの振り付けをファンの方々がすごく好んで下さって ‘ALL RIGHT’ の中でヘソン兄さんのパートに独舞があるので、それを特にたくさん好んでくださって ‘ロコドラマ’を しながら ‘ALL RIGHT’ シン・ヘソン兄さんのパートに連結される続編を作りたかったんです。 映画の続編が封切りするようなストーリーを作りたかったんです。 そうしてちょうどジン兄さんも指の振付がポイントなのでヘソン兄さんも指がポイントになったです。 象徴的な何かを入れたかったんです。 これからメンバー各自の指のポイントを作って見ようかとも思いましたか。 ファンの立場でそのパフォーマンスを見れば意味をたくさん感じるようです。

ヨンジュン

10. 神話とはどのような縁ですか。
チェ・ヨンジュン:‘This Love’の 時からミヌ兄さんが私をちょっとかわいがって下さいました。 私が好きなスタイルや振付が民友兄さんが好きで近くなったようです。 あの時以後、ミヌ兄さんが ‘ダンシング9’をした時のように ‘ダンシング9’をしながら最善をつくしました。 兄さんがありがたくも私にソロアルバム ‘タクシー’を任せてくださったし、あの時以後少しずつ信頼が生じたようです。

10. 神話との作業、不思議だったようです。
チェ・ヨンジュン: 幼い頃、私も神話のダンスをした一人のファンです。 神話に憧れました。 私はいつもイ・ミヌではなければチョンジン担当でした。 (笑) そんな方々に私が振付をするようになるから冷汗がはんぱなかったです。 初めはただ、とても不思議でした。 今も実も不思議です。 慣れたけど、毎回 ‘私が神話の振付を作るなんてとても光栄である’ ふと浮かんで来ます。それでもっと上手になりたくて、それでもっと偶像です。

10. 神話が初めて一緒にしようと言った時、どうでしたか?
チェ・ヨンジュン: 信じられなかったです。 17年目のパフォーマンスチームなら、したことがないのものがないです。 その中で新鮮なものを捜し出さなければならないことが本当に大変です。 また、ミヌ兄さんとジン兄さんは踊りに関わる資料を普段からもたくさん見えいるはずだから、私はそれ以上の資料を見なければならない、しそれでこそこの人々を引っぱることができるので負担にないました。

10. 神話を引き受けてから勉強をもっとたくさんしたようです。
チェ・ヨンジュン: また確かなコンセプトがなければならないから研究をたくさんしました。 いきなり踊りだけして、かっこよくて派手なことはこのごろ他の人もたくさんしているし、神話は何か他の確かな存在感を出すことができるようにして差し上げたかったです。

10. 神話のパフォーマンスの中で何が一番好きですか。
チェ・ヨンジュン:今も‘解決士’からすべて憶えています。 あまりにもたくさん真似しました。 そのうち‘解決士’が一番好きです。 そんな踊りがあの時ほぼ初めて出ました。 とても新鮮だったし、やりたかったんです。 ‘T.O.P’も本当にかっこよかったです。 今、ポンデキの前でシワを掴む感じです。 (笑)

10. 神話と粘っこい感じがする時はいつでしょうか?
チェ・ヨンジュン : 私を信じてくれる時です。 ある何かの振付を製作して映像で送ればフィードバックをくださいますが、良い良くないそうではなくて、これをこんな風に感じを替えて見たらもっとよく合うとか、批判しないで私を尊重してくださいます。そこに肉を付けて良い作品を作られるように導いてくれます。

10. ‘標的’の振付も本当に立派でした。 どのようにインスピレーションを受けましたか?
チェ・ヨンジュン:映画‘技術者’でインスピレーションを受けました。‘技術者’が各自の専門性を持った何人かが集まって一つの事件を解決するじゃないですか。‘標的’をきいて雄大壮厳でそんな感じがして、各自のキャラクターを付与したかったんです。 導入部の口笛の音が出る時、武林固守の竹林で戦うように影が行ったり来たりしながら見えたり見えなかったりする演出しようと思いました。 ドンワン兄さんの初めのパートでは実は兄さんのキャラクターがサイコパスだったんです。 全体的に話を付けたんです。ミヌ兄さんは猫のように敵陣で侵入する姿、ヘソン兄さんはスナイパー。 狙ってそんな動作をします。 エンディ兄さんは捕虜だったんです。 エンディ兄さんが閉じこめられたことをミヌ兄さんが救い出します。ジン兄さんは行動隊長です。 強い火力で攻撃する姿です。 エリック兄さんはラスボスですよ。 話を直接することはできないですが、話を見たような感じを作りたかったです。 たかっこよくて派手な踊りではなく、見ながら一緒に感じることができます。 ‘映画を見てもう二時間たったかな?’ と思うようにパフォーマンスもそれくらい広げたかったんです。

10. ‘標的’で神話にそれぞれのキャラクターを付与したが、実際の神話メンバーそれぞれの魅力はどうですか?
チェ・ヨンジュン: ドンワン兄さんはいつも明るいです。かんしゃくもなくて、横にいれば気分が良いです。 初め、神話の兄さんたちと親しくない時、いつもドンワン兄さんが先に声ををかけてくれました。 いつも笑いながら話します。 物質的にもよく面倒見てくれます。 (笑)
ヘソン兄さんは完壁主義者。 完璧ではなければ出しません。 実は初め‘標的’もヘソン兄さんがそれほど上手にやるとは思わなかったんです。 サビに振付が難しい方だからメインボーカルのヘソン兄さんががよくサポートするかと思ったけど、結局一番よく消化しました。 踊りの線が本当に良いです。 しかしそんな風に熱心に努力する姿を見せないようにします。 自ら内攻を積む方です。
エンディ兄さんは兄さんたちへの愛嬌が多いです。 見ればいつも兄さんたちに蝉のようにのっかっています。 (笑) 神話の中でジン兄さんがムードメーカーと言うけど、エンディ兄さんが本当のムードメーカーではないかと思います。
ジン兄さんは本当に笑わせてくれます。 それ以外に他に説明できないです。 24時間が芸能で、5分間笑わないでいると、ぎこちないくらいです。 真面目な雰囲気のときにも笑わせて、踊りへの欲心が多いです。
エリック兄さんはリーダーとしての力があります。 他の兄さんたちは振付の演習をする時、しばしば話し合って意見が分かれるにに、エリック兄さんはじっとしています。最後まであって本当に解決しないものがあると来て解決してしまいます。 整理を確実にしてしまいます。 兄さんたちもエリック兄さんがそのように言えばすべて聞きます。
ミヌ兄さんは‘1+1’が‘2’ではなくて‘5’になる人です。 少しのフレームだけ作って差し上げても肉を付けます。 本当にすごいです。 感覚が生れつきです。 私は踊りを長く研究して分析してそうして来たのにもかかわらず、ミヌ兄さんと話をすればいつも新しいものを感じます。 天才的です。 私のようなダンサーは悔しいです。 (笑) 私がむしろ学ぶことが多いです。

10. 神話を担当する前と後でチェ・ヨンジュン振付師も変わったようです。
チェ・ヨンジュン: 振付を考える方式が変わりました。 既存の他のグループをした時はその友達が無条件かっこよく見えるに振付を組みました。 神話を引き受けてから、それぞれのキャラクターを見せてることができる雰囲気に焦点を合わせました。 またセブンティーンとアップテンションの振付も引き受けているが、私が神話をしたからこれらの振り付けがもっと上手くできました。 特にセブンティーンは実力が本当に良いです。 振付を作る時、制限なしに作ることができます。 作った振り付けをセブンティーンに着せれば自分だけの魅力を入れます。 実力に穴がなくて活溌です。 ホシと一緒に作業をします。

10. 今年‘少年24’というプロジェクトとも一緒にします。 パフォーマンスはどのように計画している?
チェ・ヨンジュン:既存には放送振付を作るんですが、それは公演振付です。 放送振付は角度によってきれいに見せるのが重要で、公演は明快に見えるのが重要です。 少年 24は既存に見た放送振付に対するものなどより、公演を主に振付をたくさんするんです。 動線やポジションがその公演で表現されるようです。 舞台の外の他の部分も使い果たしたいです。

10. 振付を組む時どのようにインスピレーションを受けて出発するんですか?
チェ・ヨンジュン: 例えば、今私がヘソン兄さんの振付を作るんじゃないか。 そういうときは私がヘソン兄さんになったように演技します。 纎細に演技するためにヘソン兄さんの関連資料をすべて見ます。 この人の特性と長所などキャラクターを把握します。 その次に振付を作り出しながら一番目に思うのがヘソン兄さんに‘こんな振付が似合う’です。 二番目でヘソン兄さんに合わせた振付が歌によく合うのか、三番目はファンや大衆が見た時の二つを区分します。 ファンが見た時はヘソン兄さんがセクシーだった甘い感じが好きで、大衆は新鮮なことがほしいんです。 その二つをとかし合わせるのが本当に難しいです。 振付を一つ作る時で、およそ2週は資料だけ見て音楽だけ聞くようです。

10. 振付を組む時必ず守る基準があるそうですね。
チェ・ヨンジュン: 私は常に‘起承転結’があります。 終わってすっきりと‘あ~’ こんな風にすることができる、そんな振付師になりたいです。 ある歌に会ったら、ミュージカルのような振付をして見たいです。 退屈ではなくて目をはなすことができなくなる構成のものなどです。 歌で話をしたいです。 歌に付け加えるのではなく歌と一緒に呼吸する振付を作りたいです。

ヨンジュン

10. どのように振付師の道に行くようになりましたか?
チェ・ヨンジュン:わずか8年しかならなかったです。私は20代には毎晩ライブ DJをたくさんしました。 全羅道光州出身でただ地方で踊った学生だったんです。 ショッピングモールの小さな舞台で踊った子供でした。 地方でダンスをしていたけど、何か満たされませんでした。 当時だけでもyou tubeやこういうものなどが多くなくて、直接行って踊りを学ばなければならなかったんでですが、喉の渇きを解決することができたことにがソウルだったんです。 家では反対されましたが、わずかばかりのお金を持ってソウルの考試院で暮しながら、プロの振付チームに通いました。 お金がなくて踊りながら金儲けする方法がないか悩んで、二十歳になるタイミングでナイトDJとナイトでダンスをする仕事をするようになりました。ひと月にやっと75万ウォンをもらいました。 あの時、私には本当に大金だったんです。 20歳で始めて29歳の時までしました。 昼にはまめに放送活動をしながら、夜にはライブ DJをして、 しかしダンサー生活を昼にだけしていたので遅れたタイミングに振付師になったようです。 人々もよく分からなくて人脈もなくて、いくら熱心に演習をしても上手だということを見てくれる人がいないから。 そんな私をミヌ兄さんが見てくれました。ミヌ兄さんが見てくれて。その間研究をして来たことを見せることができるようになりました。 神話を通じて、神話ひとりひとりのアルバムを通じて、今はきついじぇぢパックセだが、お腹がすいて眠れなくても大丈夫です。

10. 前よりもっと幸せという感じがします。
チェ・ヨンジュン: 前より確かに幸せです。 3年前でもほしい物も買う事ができなかったが、今はほしいものも買って、食べたいものも食べます。少しは堂々と自信感は生じました。 もっとよくできたらと思います。

10. 一番やりがいある時はいつでしょうか?
チェ・ヨンジュン : すべての振付師がそうですが、1位になる時です。 ダンサーや振付師の方々も1位になる時の気持ちは涙がぐいと溢れるようです。 もちろん人々が私を見て歓呼してはくれないですが、その舞台に私のサポートが少しでも入ったという思いで胸がいっぱいです。 演習生のような場合は、実力がたくさんついたのを見れば、私が説明したのが無駄ではなかったとやりがいあります。 演習生の子たちがデビューしてよくできる時、もっと胸がいっぱいです。

10. 舞台の前に立って自分のダンスをしたい欲求はないの?
チェ・ヨンジュン: 幼い頃はその欲求がありましたが、今は全然ないです。ヘソン兄さんの舞台で私が横からのこういう動きでヘソン兄さんが輝けばそれがもっと幸せです。 私が輝けばそれはもっと照れくさいです。 ヘソン兄さんを輝かせるサポートすることが私の仕事です。 助演の幸せです。 はじめから歌手は考えなかったです。 踊りが本当に好きです。 いつもTVを見ても歌手ではなくダンサーを見ました。 その舞台は誰が作っただろうか。 その舞台は歌手ではなくダンサーが作ってトレーニングをすることが分かるようになり、私の道は振付師だと思いました。

10. 神話以外に好きなチームがある?。
チェ・ヨンジュン : EXOです。 私はEXOのカイ、SHINeeのテミン、BIG BANGのテヤンが好きです。 その3人の友達は踊りの基準で見た時、表現することができるすべての基準のマキシマムが上がった状態のようです。 いつも注目して見ています。 SMのパフォーマンスが好きな方です。 またKeone MadridとGOT7‘お前がすれば’と B1A4を担当した外国の振付師、またトニーテスターの振付が好きです。 その外にも好きなK-POPの振付師も本当に多いです。 海外の振付師は派手なスキルが良くても、結局大衆の好きな振付はK-POPの振付師が作ります。 国内の振付師が海外の振付師の試案を修正して、大衆が好きな魅力を抜き出します。

10. 振付師以外に自分の領域を広げる計画がある?
チェ・ヨンジュン : まだ振付師になってから日が浅いので深く考えをなかったですが、未来を考えています。 それが公演の演出側です。 後で時間にあれば真剣に勉強をしたいです。

10. 振付師を夢見る人々に一言。.
チェ・ヨンジュン: ひとつのジャンルに偏らなければと思います。 振付師として一番重要なことは我執を捨てることです。 それがうまくいかないです。 自分の考えを捨てて、ジャンルを区分しないこと。 生計が大変でやめた人が多いのに、多くのダンサーの中で振付師で成功する人は極少数です。 その振付師になろうと研究をたくさんしました。

ヨンジュン

10. 踊りの魅力が何でしょうか?
チェ・ヨンジュン : 歌をきく時一番よく聞こえるのが浮かぶメロディーライン、歌詞と人の声です。 ところで踊りは小さな拍子とビートを表現しながらその細心な部分を立ち寄るようにしてくれて、もっとディテールするように音楽を楽しむようにしてくれます。

10. ダンサーの道をやめないでずっと行くようにした原動力は何でしょうか?
チェ・ヨンジュン : ‘踊りを絶対あきらめない!!’ こんなことはなかったです。 踊りが他のことより上手であった私だけの才だったんです。 これが生計も大変で、ビジョンもないから当時にあきらめた事がありました。 1年くらいでしたがあきらめた時にこれをしながら私が幸せでだったということをその時知りました。 あきらめて何か月が生きて悟りました。 やめた時は私らしく生きられませんでした。 ダンスをするから私になるんです。

10. 2016年の目標は何でしょうか?
チェ・ヨンジュン : ‘少年24’に一旦オールインします。 パフォーマンスの中では本当にたくさん研究して努力するはずです。 多様な振付師の方々との共同作業を通じて海外でも見られない本当に特別な、人々がその公演を見て行けば必ず見なければならないという、そんな公演を作っています。 実はアイドルの公演だと言えば、一般大衆は軽く見える部分があります。 ミュージカル ‘キャッツ’、‘グリース’と ‘少年24’を見た時 ‘少年24’は彼らだけの世界のような感じがしたり、アイドルに対する先入観もあります。 一旦一度接すればそんな考えをしないようにさせたいです、踊ることで。 そうするために多くの努力をするはずです。

10. チェ・ヨンジュン振付師だけが持った武器は何でしょうか?
チェ・ヨンジュン : 私が自分のダンスをする時はかっこよくて派手にするのに、歌手の振付を作る時はその各自のメンバーになろうと努力をします。 それで少しはセブンティーン、アップテンション、神話の振付をもう少し認めてくれたんではないでしょうか … ? (笑) もしヘソン兄さんの歌がチョンジン兄さんの歌だったら、他の方法で解釈しました。 私はいつも歌によく似合うことを二番目に、その歌手によく似合うかどうかを考えます。

10. 最後に神話に一言と覚悟をお願いします。
チェ・ヨンジュン : どんなに未完成な私を見知ってくれて、少しでも完成に近づくことができる機会を与えてくださって、本当にありがとうございます。 それによって他の活動もよくできて、実は振付師として分野の専門家としてこんな話が自尊心を傷つけることもできます。 ライブDJをしたことも、今の私の席にいることにたくさんの影響を与えました。 遅く始めましたが、軽くない振付師になれたら思います。
【10asia 2016.02.03】

ヨンジュンさん自身の話も新鮮ですが、やっぱりシナの話が面白い
普段のシナを知る人だからこその話が面白いですよね。
標的のキャラクター設定もわかるようになると、
もっと面白く、そして深く「標的」のステージを見るようになりそうです


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト
[ 2016/02/05 21:28 ] SHINHWA | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/5872-bf36b164