「また、オ・ヘヨン」第1話、ロコの始まり(ネタバレ注意)

ネット記事、訳してみました。ネタバレと思うので、ご注意を

‘また オ・ヘヨン’ エリック×ソ・ヒョンジン、‘ロコ男女’の人生作 更新記

またオヘヨン

月火は‘また、オ・ヘヨン’で伝えた。 徹底的に壊れることと卓越な演技変身コラボで成り立った期待以上の‘超面白い’がエリックとソ・ヒョンジンの人生作更新を知らせた。

去る2日に放送されたtvN‘また、オ・ヘヨン’1回‘泣いてもいいですか’では、偶然のように、悪縁のように初めて出会いったドギョン(エリック)とヘヨン(ソ・ヒョンジン)の姿が描かれた。 コミックにロマンス、少しのファンタジーまで加わったストーリー展開に目をはなすことができなかった。

キャスティング段階から話題を集めたエリックとソ・ヒョンジンの活躍はやっぱり期待以上であった。 特にソ・ヒョンジンはオ・ヘヨンで完璧に分析、徹底的に壊れる姿で大きな笑いをプレゼントした。前作‘식샤를 합시다 2’とイメージが重なるのではないかという恐れもあったが、これは初放送で消え去った。

結婚式前日、ボーイフレンドのテジン(イ・ジェユン)に振られたヘヨンは家族の背中をけられることはもちろん、上司と町内の人々のひそひそと話に苦しんだ。 それをものとせず、上司の後談話をするとか合コンに出て “一週間ぶりに落としてやる”と広言するなど障りないヘヨンの姿は、確かにそのほかドラマの女主人公とは確かに違う姿であった。

1話だけでもヘヨンのお酒を飲む場面が何回も登場したせいで、画面の外にまでお酒の臭いがするような錯覚を覚えるほど。 とは言え、前のボーイフレンドを思い出して悲しく泣く姿は見る人々をじいんと熱くなるようにする演技力を誇った。

これはエリックも同じ。‘恋愛の発見’以後、約 2年ぶりにブラウン管に復帰したエリックはざらざらしてつやがなく、鋭敏な音響監督パク・ドギョン役を引き受けて変身をはかった。 特にパク・ドギョンのキャラクターが印象的なことはヘヨンと関わる近い未来を見られるという点である。

自分が未来を見られるということを悟って荒てたドギョンが、ちょうど未来の中の彼女ヘヨンと偶然に出会うようになる場面はtvN特有の映像美と二人の俳優の熱演が加わって、名場面を予告したりした。

エンディング場面も強烈なインパクトを残した。ヘヨンが道路の上に落ちたドギョンの財布を拾って “私は死なない”という意味の分からない台詞を投げて気がかりにさせた。 初回から早く進行される展開に時間が経つことも分からないほどであった。

‘また、オヘヨン’が期待以上のことは主人公の活躍だけではなく、助演の区分なく穴のない演技力と予測することができない話の展開、たくさん笑えるギャグコードが自然に一団となったため。 順調な出発を知らせた‘またオヘヨン’は今後もこの勢いを引き続くことができるか成り行きが注目される。

【OSEN 2016.5.3】

最後のドギョンとヘヨンのシーンの動画もありましたが、
映像がとってもきれいなんですよね。
tvNらしい映像美という事で、そこも注目ですね

早めに撮影が始まっているように感じるので、
あまりカツカツではないスケジュールで進んでいたらいいなと思います。
エリは昨日、足首にサポーターを付けてたようだし、
歩き方が少しおかしかったようにも見えたし。
最後まで無事に撮り終えることを祈るばかりです。

全16話ですが、韓国は週に2話を放送するので、
16話と言っても2か月弱で放送は終わってしまいます。
俳優ムンジョンヒョクの素敵な姿をしっかり焼き付けましょう


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト
[ 2016/05/03 09:31 ] また!オヘヨン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/6074-81570e2a