「また、オ・ヘヨン」視聴率上昇の秘訣はエリック!!

シナペンとしても誇らしい記事がありました
私たちのリーダーは、頼れるリーダーでした


‘また、ヘヤング’、視聴率上昇の秘訣は“エリックリーのダーシップ”

また、オヘヨン

放送3週の間で毎回最高視聴率を更新している tvN 月火劇‘また、オ・ヘヨン’(シナリオ 、演出ソン・ヒョヌク)の人気の秘訣は主人公を引き受けたエリックのリーダーシップのおかげだった。

オ・ヘヨンという名を持った同姓同名の二人の女とひとりの男のロマンスを描いた‘また、オ・ヘヨン’でエリックは近い未来を見る、既視感の能力を持った映画音響監パク・ドギョン役を引き受けて熱演を広げている。 ドラマ ‘火の鳥’(2004)の 時から ‘ケ・セラ・セラ’(2007)、‘恋愛の発見’(2014)まできちんと積んで来たメロの感覚を放出している。 見る人々さえも彼のラブラインを応援しながら見守らせる力がある。

実際にエリックはますます暑くなる気候の中で、先輩、後輩俳優をかいがいしく面倒をみて、撮影現場にいいエネルギーを伝えている。 またスタッフに気配りして、毎日のように進行される現場に暖かい雰囲気を伝えていると。 人気ドラマになるしかなかった理由が俳優のチームワークだったことが分かる。

また、オヘヨン

‘また、オ・ヘヨン’に出演中のキム・ギドゥの所属社側の関係者は最近OSENに“エリックと一緒のシーンが多いが、撮影の前から何度も合わせて見て、最上のチームワークを発揮している”と “エリックが撮影場で弟たちをよくめんどうを見て、最強のシナジー効果を出すことができるようにリーダーシップを発揮している”と伝えた。 キム・キドゥはパク・ドギョンの音響録音室の後輩のキテ役を引き受けて甘草の役をしっかりしている。

実は16部作のミニシリーズは、短い話数の間にたくさんの話を盛りこまなければならないから、製作陣の負担が大きいが、俳優の疎通がよくできればもう少し楽な雰囲気の中で進行することができる。

また他の所属社側のある関係者も “笑いが絶えないくらい、撮影現場の雰囲気がとても良いと聞いた”と “俳優のチームワークがドラマの視聴率上昇に良い機運を持って来てくれたようだ”と仄めかした。

エリックを中心に睦まじい撮影現場の雰囲気と俳優のあうんの呼吸が今後展開される‘また、オ・ヘヨン’にどんなに大きい影響を及ぼすか期待を集める。

【OSEN 2016.5.18】

シナの頼れるリーダーなのはもちろんだけど、
撮影現場でもリーダーシップを発揮してるんですね
シナでも、個人の仕事でもエリが今まで経験してきた、
たくさんのことがひとつひとつの仕事に生きてて、
それがまた、いい方向に向かってるって、素晴らしです

多くの人が俳優ムン・ジョンヒョクの魅力にメロメロですね


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト
[ 2016/05/18 23:31 ] また!オヘヨン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/6175-1015fbde