「エドガー・アラン・ポー」ドンワンのインタビュー

ミュージカル「エドガー・アラン・ポー」の出演の関して、
ドンワンがインタビューで秘話を語ってくれてます


[MDインタビュー] ‘エドガー・アラン・ポー’ キムドンワン"鬱病にかかるんじゃないかと心配で出演をためらった"

エドガーアランポー

俳優にとってメソッド演技は喜びをを与えたりもするが、危ない状況を持って来たりもする。劇中の人物と自分を同一視してみると、その中から来る喜びもあるが痛みと傷も物々しい。

それでキムドンワンはミュージカル ‘エドガー・アラン・ポー’が恐ろしかった。 世紀を先に進んだ天才詩人でありと同時に小説家だったエドガー・アラン・ポーのドラマチックな生涯を描いて、彼にどっぷり陥るのが恐ろしかった。 天性の才能を持っていたが、暗鬱な生涯を生きなければならなかった天才作家エドガー・アラン・ポーの狂気、歓喜、熱情、苦悩などの心理的変化と葛藤を向き合いにくかった。

キムドンワンは“初め、鬱病にかかるのが恐ろしくてためらわれたりした”と告白した。 “お酒をたくさん飲んで、麻薬に手を出すキャラクターだが、麻薬はしないつもりだが、確かにお酒をたくさん飲むようになった”と口を割った。

エドガーアランポー

“あまりにもためらわれました。 とにかく出演するようになったが、個人的にそんな風にひどくなるんじゃいかと心配で気を付けている。 実は作品に没入して同期化してしまう、そんなスタイルではないと思っていましたが、いつの間にかそうなりますね。始めればちょっと恐ろしいくらいにそうなります。 自分の催眠をちょっと削り始めて、今回もも少しずつポーになって行っています。 作品もまだしてないのに、生活だけそうするから。. (笑)”

芸術家という職業の共通点があるエドガー・アラン・ポーの生涯がもっと近く感じたのかも知れない。 特にナンバーの中で ‘観客席そのどこか’は舞台に立つ人であるからもっと感じられる。

キムドンワンは“舞台の上でみじめに感じて‘私が舞台を離れなければならないのではないか’と強く感じる時がある”と “‘観客席そのどこか’を歌う時、私の人生が想い浮びんでしきりにぐっとくる時がある”と打ち明けた。

エドガーアランポー

“最大限、私の人生を排除して詩人ポーとして考えようと思います。 去った恋人を思いながら歌おうと思います。 ナンバーの ‘日を照らすね’ の中で ‘あなたが私を生かして’という歌詞があるけれど、ポーが羨ましい点です。 羨ましがる芸術家の中のひとりですよ。 芸術家、芸能人を見れば愛のバランスを与える人がいる一方、愛がないと、シングルであるからと仕事をもっと上手にする私のような人もいるんですよ。 ところでポーを見れば自分の愛、妻に影響を受けた人だから、いつもどうすればそうすることができるかわからないです。”

エドガー・アラン・ポ-の人生が明るくさえなかったから、ちょっと暗い作品に対する周囲抜の懸念もある。 これは俳優も認識している部分。 キムドンワンもやっぱり “周囲で引き止めたられたという話をたくさん聞いた”と認めた。

彼は “コメディーが好きな人が多いのに ‘エドガー・アラン・ポー’は実際にそういう部分が調和できない。ハッピーエンドでもなく暗い”と言いながらも、“しかしいったんは面白いと感じられる最大の要素がある。音楽である”と言った。

エドガーアランポー

“俳優には大きな挑戦です。 ドラマ的な部分が重くはあるが、音楽のおかげで没頭しにくくはならないですね。 見られたくない姿をどうやってもっと引っ張り出そうかと考えています。このごろ、ミュージカルを見る方々は、とても暗いからといって嫌やがらないと思います。 むしろ色がはっきりしていると思うようです。”

色がはっきりしているミュージカルなだけに、キムドンワンの既存イメージも壊れる見込みだ。 アイドルグループ神話、TVや映画を通じて見せてくれたイメージではない、ミュージカル俳優キムドンワンで観客に向い合うようになった。

“まっすぐな印象だから良いこともあります。 実は私はまっすぐな人ではないです。 そんな人がまっすぐではない姿を見せた時、どれだけ努力して演じたのだろうかと思いませんか? (笑) 率直に言えば、あまり疲れてこのくらいの思考は一度打たないといけないと思ったりもしました。 ところで私がたくさんのことを享受しているということを知って、人々の期待を忘れるのは間違った考えだと思ってそいしなかったんです。 既存のまっすぐなイメージに対してはは心配していないです。 今回、エドガー・アラン・ポーを演じながら暴力的で気むずかしい部分などのちょっと他の面もお見せできるようです。”

キムドンワンはミュージカル‘ヘドウィグ’‘壁抜け男’に続き、三度目のミュージカルに挑戦するようになった。 長寿アイドルグループ神話で愛されているキムドンワンだが、ミュージカルの舞台は彼には難しくて、恐ろしい所である。

エドガーアランポー

“ミュージカルは私に鉄人3種競技級のジャンルだったんです。 非常にすごく見えたし、美しく見えたんです。 実は今度の‘エドガー・アラン・ポー’をすると言った時に悪口を言われるのではないかと心配もしたし覚悟もしましたが、まだ舞台をしなくて、それで憂慮の声が聞けなくてもっと憂慮になります。 苦痛も楽しむスタイルだから、勝ち抜けるつもりだと言ったけれど今は少し心配している状態です。 観客がもっと厳格になっているんじゃないか。 アイドルファンダムくらい、ミュージカルファンダムも強くて、作品自らのファンも多くて。 簡単に考えてはいけないと思っています。 私は常に‘なせばなる’精神があるが、 ‘だめな時はしてはいけない’という考えもしながら熱心に努力しています。”

【マイデイリー 2016.5.18】

ドンワンの真摯な姿勢が伝わってきますね
ドンワンが悩んで決めたと言っていたし、
実際にやることになって、練習をするようになっても
多くの不安も抱えながらがんばっているんだなと。

ドンワンが身を削る思いで挑戦している「エドガー・アラン・ポー
新しい魅力をさらに備えたドンワンに会える日が楽しみです


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト
[ 2016/05/19 10:38 ] エドガー・アラン・ポー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/6176-4211f658