ドンワンには、好青年のイメージは負担?!

韓国の雑誌「SINGLES」の記事が上がっています
38歳のドンワンには、「好青年」のイメージは負担だそうです


キムドンワン、“正しい青年?”38歳に負担になるほどの誤解[画譜]

ドンワン

ドンワン

堂々としたシングルのための楽しいファッションマガジン<シングルス>がキム・ドンワンと共に6月号のグラビアを公開し​​た。

今回のグラビアではキム・ドンワンはエレベーターという狭い空間の中で、パジャマルックで外出した無職、ライダージャケットをプレイボーイ、スーツを着たジェントルマンなど、様々なコンセプトを完璧に消化した。実際に彼はソロ歌手としての活動はもちろん神話の活動、ドラマや映画、ミュージカルに出演すると同時に、多くの趣味を楽しみながら忙しく生きることで有名だ。

最近キム・ドンワンは、ミュージカル<エドガー・アラン・ポー」で一生を貧困と神経衰弱に苦しみ路上で寂しく死を迎えた悲運の天才作家役を引き受けた。 「私に似たキャラクターだけ演技することはできません。もしかしたら<私はひとりで暮らす>で作られた自分の姿もただのイメージに過ぎないないかもしれない。理解しにくいところがある人物だが、エドガー・アラン・ポーが経験したことを、私も同様に体験するために努力します。」

<私はひとりで暮らす>に出演して以来、「正しい青年」のイメージで見る人たちの視線について聞くと、キム・ドンワンは「負担になるほど大きな誤解」と答えた。 「今、私の年が三十八なのに、純粋なことだけですか?フフフ。」 「私は勤勉なのではなく、単に忙しい人だ。はじめは遅いスロースターターに見えるけれど、終盤には忙しさしかないですね。それが忠実に見えるんじゃないしょうか。」

忙しい渦中にもより良い世界を作るために悩むことをやめることはない、彼は毎年慰安婦たちのために着実に寄付をしている。 「ニュースを見て感じた怒りを表に出するのは難しいことではない。時には積極的に乗り出してみようかと思うこともあるが、神話の活動や他のメンバーを考えると、それは簡単なことではないんですよ。」キム・ドンワンは今後も世界を変えるために努力する人々を応援したいと付け加えた。

ミュージカル<エドガー・アラン・ポー>を一緒に練習している俳優のチェ・ジェリム、マイケル・リー、チョン・サンユンと一緒にキム・ドンワンの写真は<シングルス> 6月号で堂々としたシングルのための楽しいオンラインの遊び場<シングルス>モバイル(m.thesingle.co.kr )で会うことができる。

【スポーツ朝鮮 2016.5.20】

安心してください。ファンは知ってますから(笑)
いや、ドンワンが正しい青年じゃないってことではなく、
色んな面があるってこと、知ってますから

飲みすぎてベッドから落ちて流血してお顔縫ったり、
お部屋が散らかってたり、ものをポイポイ投げたり(笑)
弱者のために声をあげたり、世の中の出来事に敏感に反応したり、
それもまた、キムドンワンですからね

38歳の等身大のキムドンワンで生きてください
負担に思わず、ドンワンらしく


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト
[ 2016/05/20 10:06 ] Dongwan | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/6181-e251fc4a