ドンワンもキャ~な「また、オ・ヘヨン」

ドンワンも昨日の「また、オ・ヘヨン」にキャ~ってなってます


[キムドンワン] OSEN - [Oh!セン焦点] ‘また、オ・ヘヨン’、tvN月火劇に新しい歴史刻んだ…最高の視聴率

*DW SAYS,
"キャア~"


【CI ENT 公式twitterより】

[Oh!セン焦点] ‘また、オ・ヘヨンヤング’、tvN月火劇に新しい歴史刻んだ … 最高の視聴率

また、オヘヨン

tvN 月火ドラマ ‘また、オ・ヘヨン’がもう一度視聴率の上昇曲線を描く中、今までtvN 月火劇の視聴率1位を守った‘チーズ・イン・ザ・トラップ’まで追い越して新しい記録を立てた。

25日、視聴率専門調査機関ニールセンコリアの集計結果によれば、 24日午後放送された tvN 月火ドラマ ‘また、オ・ヘヨン’ 8話は7.798%の視聴率(以下ケーブルプラットホーム加入世帯基準)を記録した。 ‘チーズ・イン・ザ・トラップが 9話(2016年 2月1日放送分)で記録した 7.102%を越した。

また、オヘヨン

視聴率の新しい風を駆けて来たtvN月火劇‘また、オ・ヘヨン’ は自分と同じ名前の完璧な友達がいて、常に比較の対象になった普通オ・ヘヨン(ソ・ヒョンジン)の仕事と愛を扱った作品である。 そのロマンスの相手は音響監督パク・ドギョン(エリック)で彼はきれいなオ・ヘヨン(チョン・ヘビン)と結婚を失敗した経験がある傷を持った男だ。

‘また、オ・ヘヨン’の熱い人気、粘り強い視聴率の上昇の秘訣は、極めて平凡な30代初盤の女性を主人公で設定したという点だ。 男が投げた一言に胸がどきどきして、よどみなく壊れて他の人達より、ちょっと不運なオ・ヘヨンの姿は視聴者の共感を形成する。

また、オヘヨン

同時にオ・ヘヨンの前に現われたパク・ドギョンと言う非現実的な存在はオ・ヘヨンと自分をシンクロさせて弱弱しさを感じた‘普通の女たちにロマンスに対する」希望を抱かせる。

オ・ヘヨンのラブストーリーの外にも、それぞれの事情を抱いている周りの人も‘また、オ・ヘヨン’が持った武器だ。 娘への愛が涙ぐましいお母さんファントク(キム・ミギョン)から、分かってみたら痛い愛を胸に抱いたドギョンのお姉さんパク・スギョン(イェ・ジウォン礼) などが、作品全般に細やかな笑いと感動を抱かせて、物語を退屈にならないよう導いて行く。

また、オヘヨン

‘また、オ・ヘヨン’が劇の中盤を駆け抜けている中、 ‘チーズ・イン・ザ・トラップ’を越えて二桁の視聴率まで握りしめることができるのか、視聴者の目と耳が集中されている。

【OSEN 2016.5.25】

月火ドラマの歴代視聴率を更新したって、すごいですね
ソウル地域での視聴率は10%に届こうとしてます

この記録、どこまで伸びるのか楽しみですね


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト
[ 2016/05/25 14:07 ] Dongwan | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/6210-a92f5055