エリック、インタビュー記事がいっぱい!!

また、オ・ヘヨン」を終えた出演者たちのインタビューが上がる中、
満を持して今日、エリインタビューが上がってます
すご~~いたくさんあるので、E&Jオススメの記事を紹介します

‘また、オ・ヘヨン’ エリック"人生作探して …ヘヨンがもっと泣かなかったら"

エリック

"成功の確信はなかった … 'ムササビ抱っこシーン' 撮りながら亡びた考え"

"どこかで焦げる臭いがしませんか?" という一言のセリフで記憶されたエリック(37)が俳優人生の転機に出会った。

グループ神話でデビューして、2004年MBC TV‘火の鳥’で演技者としてのイメージを押し堅めたエリックに、tvN ドラマ ‘また、オ・ヘヨン’は熱情を取り戻させてくれたありがたいドラマだ。

30日午後ソウル江南区清潭洞で会ったエリックは“‘また、オ・ヘヨン’は私の人生作”と力をこめて言った。

彼は“多くの方が憶えてくださる‘火の鳥’のそ・ジョンミンは私が深く共感することができず、それで演技力に論難もあったキャラクター"と回顧した。

エリック

彼は"今度は私が主人公として事故なく良い雰囲気で、撮った私たちも視聴者も満足することができる作品を作ったという点で、私には‘火の鳥’を飛び越える作品"と言った。

エリックは‘また、オ・ヘヨン’で結婚式当日に消えてしまったガールフレンドと同じ名前のオ・ヘヨン(ソ・ヒョンジン)に会って新しい愛を始めるパク・ドギョン役を引き受けた。

急に未来が見える能力が生じて、自分の死を繰り返し目撃するパク・ドギョンにオ・ヘヨンは混乱を起こす張本人であると同時に、混乱を解く鍵だった。

オ・ヘヨンは既存のロマンスドラマの女主人公と違い、自分の感情を抑えずに表現して、トラウマで閉じこもったパク・ドギョンを現実に引っ張り出した。

エリックは一緒に呼吸を合わせたソ・ヒョンジンについて "下手をすれば憎まれるかも知れないキャラクターを本人の魅力でいかした"と "初盤 2~3回放送がされた戦、出演者とスタッフが '私たちは'宝物のような俳優' ヒョンジンだけ補助しながら行けばいい'と言うほどだった"と紹介した。

"私の導く場面は既存のロマンスドラマと違わなかったが、ソ・ヒョンジンの導く場面は新鮮だったし響いた。"と言うエリックの姿で劇中でドギョンがヘヨンを惜しむようにソ・ヒョンジンを大事にする彼の心が現われた。

エリック

"ハッピーエンドなのかサッドエンディングなのか知らない時から私もドギョンが生きてうまくいけばいいなと思いました。ヨンは1話から最終回まで休まず泣いたのに、ドギョンが死ねばまたどんなに泣くでしょう。 最後は皆で笑いながら終わって本当に良かったです。"

2%台の視聴率で出発して最終回10%を突破し、ケーブルチャンネル月火ドラマの新歴史を書いた‘また、オ・ヘヨン’だが、エリックは意外にこのドラマが上手くいくという確信はなかったと言った。

男女主人公が隣の部屋に住むとか、未来を見えるとか、同姓同名という設定などさまざまな興味要素が、下手をするとやや散漫だという考えのためだった。 '上手くすれば上手くいくかもしれない'というのがシノプシスを受けとった彼の感じだった。

エリックは"ところでヘヨンの家族の話が大好きで、周辺の人物の中で誰もひどく扱われない内容が良かったよ。 うちのご両親が見ても面白いという考えに出演するようになった"と打ち明けた。

彼が‘また、オ・ヘヨン’がともすれば事故を起こすことができると思ったのは4話の 'ムササビ抱っこ’を見た後だった。

"撮影しながらは事実 '亡びた'と思いました。 急にワイヤが投入されてリハーサルもなしに午後7時からそのワンシーンを撮るまで、その場面を撮るのに画面がまあまあなんです。 放送日も撮影待機している途中に音なしに携帯電話で見たけど、良くないと思ったんですよ。 (笑) ところが家に行って背景の音楽とともに見たら違うんですよ。 音楽がパズルを完成させるんですね、こんなのが 'すべてのものがぴったりと合って落ちる' という状況だなと思いました。"

エリック

生きて呼吸するキャラクターで多くの人の共感を引き出したドラマなだけにに名セリフも多かった。

彼は一番記憶に残るセリフに、やはり4回のムササビ抱っこから出た"不幸はやめて一緒になろう"を挙げながら"このドラマのはじめから最後まで貫くメッセージと思う"と言った。

"俳優同士は一週間に一話ずつ放送しながら、ずっと続いたらいいねという話もしました。 それだけ、この作品が終わったのが惜しいです。 この前は作品が終わってからはすべて乗せてしまった感じで呆然としてい動くことさえ嫌だったが、今回はヒョンジン、イェ・ジウォン先輩を含めた俳優を見ながら刺激をたくさん受けました。 キャラクターの研究をしたい気がします。情熱を取り戻しましたか?(笑)"

【連合ニュース 2016.7.1】

エリのかっこいい写真も他にもあるんですけど、
記事が多くてちょっと捕獲しきれません(笑)

シナの下半期についても答えてくれてるので、また上げられたら。
今日からソウルへ行きますので、時間見つけてやりますね


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト
[ 2016/07/01 13:56 ] また!オヘヨン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/6325-bb3e3c23