ポーコンサートへ行ってきました!!

ついに最後の日が来てしまいました。
エドガーアラン・ポー」のコンサート、無事に終わりました

エドガーアランポー
【エドガーアランポー twitterより】

会場はヘソンやジニがコンサートをやったブルースクエア。
隣のホールではマイケルさんが出演中の「ノートルダム・ド・パリ」が。
出演者に名前はありませんが、6人揃ううことを期待して

1部はまさにポーを音楽で振り返る公演でした
演技の部分を除いてストーリーに合わせて歌が披露され、
トリプルキャストの部分は順に人が変わって歌っていきます。

ドンワンは事前に歌う曲のセトリが出ていて、
演技なしの歌に集中って感じでしたけど、
そのシーン、シーンを想像させてうれうので、色々浮かんできますね。
クリスウォルドはひとりで歌う歌は多くなくて、
ポーやアンサンブルとの曲はドンワンが一緒に演じたり、
ミュージカルまんまな部分もあって、楽しかったです

特に圧巻だったのがドンワンとジェリムさん
ふたりのポーでデュエットした名曲「영원(永遠)」でした
ドンワンがメインのラインを歌って、ジェリムさんがハモる。
そんな流れも心地よくて、鳥肌立ちました

2部は出演者のトークとスペシャルステージでした
初めに女性出演者たちが登場、思い出にエピソードも披露
クリスウォルドがお酒におぼれるポーをソファに押し倒す場面で、
一番力強いのがサンユンさんなんですけど、その時になんとソファが壊れ(笑)
次に登場するキム・ジウちゃんが笑いが止まらなくて困ったとか

バージニア役のチョン・ウナさんがマッコンでセリフを間違えてしまって、
(死の直前にポーと歌うシーンの時に)
そのことがすごく心残りで、マッコンのあと、
朝起きると思い出して、お詫びしたかったと話していて。
あのシーンではセリフが急にいくつか飛んじゃって。
ドンワンもどこから戻っていいのか困って、
ウナさんがドンワンに耳打ちする声も聞こえてっていう。
見ていた方がはっきり覚えてるんだから、
本人はもっと、もっと気になっていたんだろうな。
昨日、その話をしたことで少しでも気持ちが楽になればと思います

女性陣のトークの後は、スペシャルなステージ
アンサンブルの俳優さんがポーとバージニアの歌を歌ったり、
(お気に入りのスンヨルさんの歌を聞けて良かった
レイノルズ君とバージニアでポーとエルマイラの曲歌ったり、
クリスウォルドのカバーで実際は出番がなく、エルマイラのアッパを務めた、
チャ・ジョンウさんが「ネガ シンパネ」を披露してくれたり

続いて登場したのは2人のポーと3人のリスウォルド
ジェポーが進行を務めたんですが、心配でドンワンに相談したとか(笑)
全く心配いらないくらい、自由なヒョンたちの中、ちゃんと進めてました

もともとジェポーとデンポーが隣に座るはずだったんですけど、
ドンワンが気を聞かせて端っこのヒョンリョルさんと交代。
ポーでクリスウォルドを挟むような座席配置になって、
ジェポーが左で進行して、右でデンポーが突っ込むという体制(笑)
ポーふたりによる、サングリへの逆襲とでも言いましょうか。

ここではポーがサングリをいじる感じになったんですけど、
ポーの曲で歌いたい曲は?の質問にサンユンさんが
매의 날게(鷹の翼)」を上げて、理由が「自分の名前が出てくる」と(笑)
ちょさんゆんそんべ」って歌詞が出てくるんですよね、確かに
そこを高いキーで披露したもんだから会場爆笑

ジェポーがサングリに質問した時にスヒョンさんからって言ったら、
ドンワンが「一番最初って言われると思ってないから、後にしてあげよう」と言い、
結局ふたりのあとに答えるってなると、「ふたりの話とおなじで」ってなって(笑)
レイノルズ君が公演の中でクリスウォルドにほっぺ叩かれたり、
おでこをペチーンてされたりする話になり、レイノルズ君も舞台に出てきて、
ヒョンリョルさん、ひとつ開けてサンユンさんにだけバックハグしたから、
ドンワンに「なんでスヒョンにはしないの」て突っ込まれて(笑)
俺もヒュンリョルの次だって期待してたのに」って笑いを誘ってました

サンユンさんがサングリマンネ、ヒョンリョルさんはひとりサングリだと言い出し、
サンユンのユン、スヒョンのヒョン、ヒョンリョルのリョルでユン・ヒョンリョル
客席はおお~ってなったものの、ヒョンリョルさんはクールな反応(笑)
ヒョンリョルさんのサンユンさんへの対応が、まるでシナのマンネのようで、
と~っても親近感を覚えるシーンでもありました
3人は共演が多いから、ほんとに仲良しなんですよね。
昨日はスヒョンさんがあまり体調がよくなかったそうで、
気遣ってるのかなと思えるようなお膝タッチもしてたし。
スヒョンさんとサンユンさんは次回作もその次の作品も一緒に出るし、
その作品はジェリムさんも出るので、ちょっと見たくなりますね

続いてのスペシャルステージはジウちゃんとウナさん。
そのあとにはキム・ソンス音楽監督の新作をジェリムさんが歌い、
アンコールではもう一度ドンワン&ジェリムさんの「永遠
ミュージカルの演出と同じように最後に全員がステージに上がりました。
ここで公演を終えたマイケルさんが登場サンポーがそろいました

サンポーが揃ったところで「매의 날게」をみんなで熱唱
客席もみんなで一緒に歌ったですけど、トークの時に話が合った、
ちょんさんゆんそんべ」の部分を
サンユンさんンが熱唱し、会場の笑いを誘ってました
サンポーで歌う貴重な「매의 날게」、高音部分はドンワンが担当
大好きな曲でもあるので、うれしい限りでした

それでも、まだ終わりたくない客席のアンコールにこたえて、
最後に「サリンサッコン(殺人事件)」を一緒に熱唱
この曲はアンサンブルとポーのセリフによって構成されてて、
サリンサッコン」という歌詞のリフレインが多いので、
つい口ずさんじゃうんですけど、「殺人事件」って意味ですからね、
その辺で口ずさまないよに気を付けないと(笑)
実際のポーの作品をモチーフの作られたシーンで
殺人犯がオラウータンという?奇抜な発想なので、
毎回アンサンブルの子がオラウータンをやってたんですけど、
昨日はドンワンのご指名?でサンユンさんがやることに(笑)
人一倍照れ屋さんなサンユンさんのオラウータンに
会場以上に舞台上の人たちが大爆笑してました
恥ずかしくなって舞台で体育座りしちゃったサンユンさんを
手を引いて元の場所へと連れ帰るドンワンも可愛かったです

最後は舞台と客席がひとつになって盛り上がったポーコンサート
素敵な作品の出会わせてくれたドンワンに感謝です

今回、ポーコンサートに行って一番感じたことは、
みんな気持ちは切り替わって前に進んでる」ってことでした
ドンワンはシナの準備が始まってるし、
他の俳優さんたちもすでに次の作品に出てたり、すぐに始まるし。
いい作品に出会い、いい仲間に出会えたことを財産にして、
次の作品、次の活動に向かっていく姿を見て
私も気持ちを切り替えることができそうです

もう少し書きたいこともあるので、少しお付き合いお願いしますが、
ドンワンのペンミ、シナの13集へ向かっていきますので、
どうぞ、皆様よろしくお願いします


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト
[ 2016/08/14 23:39 ] エドガー・アラン・ポー | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/08/15 08:08 ] [ 編集 ]

sさんへ

こんにちは。コンサートへ行ってきました。
私もどんななのかな~って思っていったんですけど、
1部はポーの世界観を壊さない演出で、
2部はポーの出演者のスポットを当てた演出で。
両方楽しめたのでよかったですよ。
サンユンワールドが気になる方は(笑)、
スヒョンさんも出ているミージカル「ゴレゴレ」をどうぞ。
二人は同じ役にキャスティングされることが多いので、
同じ舞台に一緒に上がるから面白そうですよ。
コンサートでもスヒョンさんがサンユンさんを
役名のミヌと呼んで盛り上がってました(笑)

気持ち切り替えて日本ペンミへ向かいます。
またご一緒下さいませ。よろしくお願いします!!
[ 2016/08/15 15:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/6395-9926ce1c