三者三様の「三食ごはん」

初回放送を終えた「三食ごはん」の話題が
一夜明けた今日も検索語に入るくらいですよ


[TVズームイン] ‘三食ごはん’ソジニ、シェフ、質問bot、三人の男の入門ガイド

三食ごはん

‘三食ごはん’ 六番目のシーズンの幕が上がった。

14日tvN ‘三食ごはん-漁村編3’が初放送された。 背景が得糧島に変わり、新しい家族もできた。 エリックとユン・ギュンサンが主人公である

‘三食ごはん’はこれと言った仕込みもなしに自然な日常の流れと、出演者の個人のキャラクターで完成される放送だ。 いつのまにか六番目のシーズン。 新たに登場した出演者の個性はいつもより顕著に現われた。

◆ 都会の男イ・ソジンの暖かい反転

‘三食ごはん’の永遠のホスト、イ・ソジンが今度のシーズンも共にした。 ソジニ号を乗りまわし弟たちを導いたイ・ソジンは‘三食ごはん’3年目の貫禄が何なのかを自ら見せてくれた。 最初の食事と最後の食事の時間を予想することは基本。 浮き足立った末っ子ユン・ギュンサンをなぐさめることもイ・ソジンの役割だった。 釣りを控えて “三匹だけ捕れたら良い”と願いを現わすユン・ギュンサンに “私が‘三食ごはん’を 3年して見てわかったけど、そんなに運は良くない”と一蹴した。

‘三食ごはん’でのイ・ソジンは‘暖かい男’だ。 ユン・ギュンサンがゴム手袋をはめて蟹をむやみに掴もうとするとイ・ソジンが止めた。 万が一、彼がケガをするんじゃないかとハサミを利用して蟹を捕ってあげた。 エリックによって隠れた努力も公開された。 エリックは “(イ・ソジンが) TVで見たよりも仕事をたくさんする。人々は兄さんが何もしないと思う。仕事の半分はヒョンがするようだ”と言いながら惜しがった(?)りした。 ここにイ・ソジンは “編集ですべてなくなる”と不満を言って笑いを誘った。

◆ エリック、考えるシェフ

満載島にチャ・スンウォンがいたなら、得糧島にはエリックがいる。 別名考えるシェフの登場。穏やかな口調のエリックが料理においては敏捷さを発揮した。 上手に初めての食事であるスジェビを作り出したのに続き、夜のテンジャンチゲとキスの焼き物で、すてきな夕食を調えた。

特にエリックのテンジャンチゲに対する三食男たちの反応は熱かった。 カニ肉を殻を取って、濃いめに沸かしたチゲの味に “こんなチゲは初めてだ。‘三食ごはん’で食べたチゲの中で一番おいしい。1等だ”とほめたてた。 それだけでなく、イ・ソジンは “エリックがずぼらそうに見えるのに、料理するのを見るととても几帳面だ”と言いながら彼の反転の魅力をおだてた。

◆ ユン・ギュンサン、末っ子は質問ボット

この日‘三食ごはん’ の中でユン・ギュンサンは無邪気な末っ子そのものだった。 簡単な注文に不安を誘発する常。 醤油を探して来てというエリックの頼みにユン・ギュンサンはツボの中にあるジャンをすべて味わう無茶な行動で笑いをそそった。 ユン・ギュンサンが “しょっぱいものばかり食べたからもっとわからない”と打ち明けると見るに耐えないエリックが出たくらい。

ユン・ギュンサンのまた別の名前はまさに‘質問bot’だ。 細かい事を一つ一つユン・ギュンサンは問い続けた。 初めての食事を作る時は “大きいお玉を持って来なければならないか?” “鍋を丸ごと置かなければならないか?” などの質問をこぼし、イ・ソジンから “何でそんなことまで聞くのか。やりたいようにやりなさい”と言う声を聞いたほどだ。

ユン・ギュンサンと言えば欠かせないのが、まさに彼の愛猫のクンとモンだ。 ミンキーとサンチェ山体、ポルとキョウルに続き、動物スターで生まれかわる準備を終えた。 クンとモンとユン・ギュンサン、エリックのケミ、ここに猫に大きく関心を示さなかったイ・ソジンの変化もあって、多様な物語が予告されて期待を高めた。

【TVレポート 2016.12.15】

ついエリ目線でばかり見てしまうんですけど、
この3人、まったく違う性格みたいなので、
もっと色んな化学反応を見せてくれそうですよね

にゃんこと戯れるエリとか、釣りに励むエリとか、
長い指から作り出されるお料理とか、
相変わらずのエリ目線ですが、来週も楽しみです


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト
[ 2016/10/15 13:46 ] 三食ごはん | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/6539-42f3c217