「シラノ」ドンワンインタビュー日本語訳

ドンワンのかっこいいインタビュー動画が上がり、
聞き取りの苦手な私ですが、字幕テロップが入っていたので、
NAVER辞書とGoogle翻訳を駆使して(笑)、
かなり意訳になりますが、日本語に訳してみました
正確には違うかもですが、雰囲気が伝わればいいなと思います。

シラノ

ミュージカル〈シラノ〉でシラノ役を演じるキムドンワンです。

〈シラノ〉というミュージカルが上がってきたと聞いて、私がやりたいと思って積極的に入ってきました。
‘シラノ’というキャラクターがとても良いし、古典をもとに作られたものですが、退屈ではなく洗練されたお話です。
やりたいと漠然と思っていたんですが、リュ・ジョンハンさん、ホン・ガンホさんがなさると聞いて、非常に躊躇しました。
私が一緒にしてもいいのか、たくさん心配したんですが、リュ・ジョンハン先輩が快く、私の挑戦を受けて下さました。

「シラノ」
‘シラノ’は非常にユーモラスというか、おおくの人たちを客観性をもとに嘲笑ったりするけれど、骨があって、
決闘を楽しんだりもするが弱い心を持っていて、正しく進む人物です。
前作の‘ポー’は非常に鋭敏で暗い人だったけれど、‘シラノ’という人は暗い人ではないです。明るく、男らしく、遊び人で。
漢南洞に国家代表のフェンシング選手がスタジオをオープンしました。
そこでフェンシングの練習をしています。

「音楽」
正直を言えば、その音楽が‘フランク・ワイルドホーン’作ったとは知りませんでした。
彼が有名なのは知っていたし、彼が作った音楽も知っていたけれど。
音楽はとても良いんですが難しいと思って聞いて、作曲家を調べたら、やはりその方がこんな風に作り出して。
覚悟して準備しなければならないようです。
‘Bring me Giants’こんな歌も好きですが、‘Alone’と言う曲、今も口ずさんでいます。
個人的には‘Gascons’と言う曲がとても好きです。
群舞と群唱が連想されて、その雰囲気が男らしくパワーがあって。そんな風に描かれると思います。

「片思い」
多くの方が片思いで片思いで始まる恋をするんじゃないですか。
これほどの片思いはしたことがないですが、共感できる部分のたくさんあります。
若干変わっていますが、やらなければならない、その人が幸せであればいいという気持ちが心のどこかにあって。
心の深いところではその人が幸せなまま私のところに戻ってくればいいと考えることもできる。
私は‘シラノ’が理解できるし、それで哀れに感じることもある。
クリスチャンとロクサーヌの恋が叶うのを見ながら応援して、頑張れと引き立ててあげながら、笑ってみるけど、
そのシーンを3人の立場で見れば、苦しくて、悲しくて。

「覚悟」
非常に大きな挑戦だと思います。
観客の方々も私が挑戦するんだと思われることでしょう。
期待してくださいという言葉は怖くて言えません。できなければ叱ってください。
しかし、叱られないように一生懸命準備します。

2017年7月7日 LGアートセンターで
真の愛の結晶‘シラノ’でお会いしましょう。


字幕よりもドンワンのインタビューベースで訳しています。
字幕は補足も加えて整理して入れてあるので、
ドンワンの言葉とは順序も違ったりしています。
聞き取りがうまくできない部分は字幕に沿って訳してみたので、
そんなに大きくは異ならないと思いますが、
辞書と格闘すること数時間の人間が訳してますのでご容赦を(笑)

期待してくださいとは怖くて言えません。できなければ叱ってください。
と言うところ、謙虚なドンワンらしいなあと思います

音楽もすごくいい感じで、ドンワンの殺陣も見られるし、
ケガだけは気を付けてほしいけど、めちゃくちゃ楽しみです

繊細なデンポーとは違う、明るく男らしいデンラノ
7月の出会いが楽しみです


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト
[ 2017/04/27 22:00 ] シラノ | TB(0) | CM(2)

シラノ

こんにちは~、ドンワンの言葉を訳してくださって、ありがとうございます。
挑戦者、ドンワン、すごくステキです。 でも、無理はして欲しくないですね。昔、知り合いがフェンシングをやっていたんですが、めちゃくちゃ足を使うんですよ、「ダン」って感じで、踏み込みが必要なので、足にすごい負担です。まあ、きっとプロの人が見ててくれるだろうから、大丈夫だとは思いますが、それでも、ハンデが大きいですね。

あと、「片思い」についての、ドンワンの言葉、この動画がいつ作られたのか、わかりませんが、エリを思うファンの気持ちを代弁しているようにも聞こえます。「心の深いところではその人が幸せなまま私のところに戻ってくればいいと考えることもできる」「私は‘シラノ’が理解できるし、それで哀れに感じることもある。」 自分の立場はどうであれ、好きな人の幸せを願う心は美しい。シラノの愛と結城をドンワンの演技を通して、一人でも多くのファンが共有できると良いですね。
[ 2017/04/28 04:10 ] [ 編集 ]

ダザシャンさんへ

つたない訳でお恥ずかしい限りですが、
自分のドンワンの言葉を理解したかったので、
調子に乗って訳してみちゃいました。
以前は雑誌記事も頑張ってみたりしたんですが、
またミュージカル雑誌に出るようなら頑張りたいと思います!!
「シラノ」がどんな舞台になるのか、ドンワンがどんな風にシラノを演じるのか、
早く「シラノ」を見たいなと期待が膨らむ日々ですね^-^
[ 2017/04/28 23:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/7046-30e4ada1