「Song For You」コンサートへ行ってきました!!

昨日からの1泊の弾丸でドンワンを見に行ってきました

ドンワンは昨日、「エドガー・アラン・ポー」でご一緒した、
キム・ソンス音楽監督のコンサートにゲストで出演しました

コンサートはキム・ソンス監督とつながりの深い俳優さんが出演、
昼も夜もとっても豪華なコンサートとなりました

コンサートは梨大女子大のサムソンホールで行われました。
とってもいい天気で気持ちよかったです。
アニバコンの時も、さわやかな天気だといいなぁ。

song for you

9年前にドンワンが初ソロコンをやった大講堂もきれいに見えて、
その時のことを思い出しながら感傷にしたったりしつつ、
会場へ行くとソンス監督の後ろ姿のポスターがありました。

song for you

会場は大きくも小さくもない感じで、傾斜がかなりあるので、
席は後ろでしたが、全体がよく見えてよかったです。

コンサートはミュージシャン・キムソンスから始まって、
ミュージカルの音楽監督キム・ソンスのコーナーへ移っていきました。
ゲストがたくさんいる中、お目当てはやはりポーのチームですね。
昼、夜通してスヒョンさん、ヒョンリョルさん、ジェリムさんが出演。
マイケルさんが昼のみ、ドンワンが夜のみで、3ポー、2グリが揃います。
残念ながら、サンユンさんはご自身の公演があって欠席。
最後に動画メッセージが紹介されて、笑いを誘ってました

ミュージカル曲、一番最初に登場したのが
ソンス監督をお互いをソウルメイトと話すヒョンリョルさん
聞いてみたいと思っていたミュージカルの曲を歌ってくれた上に
なんとポーの歌「ヨンウォン」を歌ってくれました
今年の11月からの再演もきまっているので、
もしやヒョンリョルさんのポーもあるのではと期待しちゃいます

続けて、ジェリムさんがあのソーダ色のシャツで登場
前髪あるほうが絶対いい~~て話を友達としてたので、
前髪があって、おお~~かっこいい~~ってなりました。
ジェリムさんはポーのナンバー「鷹の翼」を歌ってくれて、
アンサンブルのメンバーも数人一緒の出てくれて、
ポーだよ ポー と、あの感動がよみがえります。
そのあとは、パワフルな舞台で観客を盛り上げてくれました

ポーの名曲「カルカマギ」はミュージカル俳優のホギュさんが歌いました。
ホギュさんって覚えてます?もうかなり前ですけど、
ヘソンが出た赤坂BRITZでやったライブ。
その時の映画「国家代表」のOSTを披露したのがホギュさんでしたよね。
ホギュさんもソンス監督とはとても仲良しだそうで、
もしかしたら新生ポーに加わるかもしれませんね。

そして、グリスウォルドになり切ったステージを見せたのがスヒョンさんです
グリスウィルドの曲を1曲披露して、完全にポーの舞台になりました。
スヒョンさんはただいま、まもなく放送がはじまる、
MBCのドラマの撮影をしてるんですよね。
次のスケジュールがあって先に出なきゃならなくなって、
コンサートの途中でドンワンがVappしてくれてました

他にもさすがの実力の俳優さんたちが次々登場し、
昼のトリではマイケル・リーさんが登場しました
とっても人懐っこい優しいイメージの方なんですが、
舞台で歌を歌うと人が変わるというか、オーラがすごいです

夜の部はドンワンが出演ということが発表されチケット完売で、
昼よりもたくさんの人が入っていたんですが、
ミュージカル俳優さんたちのファンの方がほとんどだし、
アウェイ感が半端なかったらどうしようかななんて心配したんですけど、
ほんと、そんな心配ドンワンに失礼ってくれい、最高でしたよ

ソンス監督に紹介されてスタンドマイクを自分でもって登場。
その姿がちょっと可愛くて、会場に笑いが。
しかし、歌いだしたら凄かったです。セクシードンワン

ドンワンはポーのナンバー「함정과 전지」を歌ったんですが、
もともと、薬で朦朧としながら、妖艶は女性と絡むシーンの歌で、
もちろん妖艶な女性もいなかったんですが、
ドンワンの色気だけで、その場が完全にあのポーのシーンのようで。
小さな仕草、表情、吐息、全部がセクシーピアスも素敵で
鳥肌立っちゃいましたよ、ドンワンの歌声もよかった

2曲目は「ヘドウィグ」から「Origin of Love」うぃ披露
前奏部分でもセリフも声を変えて再現してくれて、
一気にヘドウィグの世界へ連れていかれます。
サビの部分で手を天に掲げるシーンもしてくれて、
指の先までセクシーでした。ほんと、色気がすごい

ドンワンの歌のあとにソンス監督にインタビューがあって、
出演者全員でのトークになるんですけど、
ドンワンはこのままトークと勘違いして、
MCのいったん退場するように促されたり、
歌ってる時は違う可愛い姿もドンワンらしかったです。

ソンス監督がドンワンについて、一番出演交渉が難しかったと。
直接出てくれとは言えなくて「コンサーとの準備が大変で~」と
さりげなく話たら、「なんで言ってくれないんですか~」と
自分から出ると言ってくれたんだそうで、ドンワンの義理堅さ
改めて、感動するエピソードでした

気になるドンワンのお膝のほうですが、
まだ曲げられまいのか、用心してるのか、
右足をつぱってあるいてるので、引きずって見えました。
速足は復活してましたけどね
舞台の上で客席をバックに写真を撮ろうってなったときに、
座らなきゃならなくて、大丈夫かなと思ったけど、
前列の移動してうまく足を延ばして座ってました。
日本コンでは無理せずにやって欲しいと思います。
今無理して、これから先に影響すると大変ですもんね。

コンサートにアンコールがあったんですけど、
ドンワンはそこまでは出ませんでしたが、とっても感動的だったんです。
去年、公演初日の前日に中止が決まったミュージカル「ロッキー」。
そのアンサンブルの皆さんがステージを披露したんです。
たくさん練習したのに、披露することがなかったそのステージを、
アンコールで披露できることになった喜びと感動が伝わってきて、
チームポーのアンサンブルからも3人入っていたこともあり、
思わず、ウルウルしてしまいました
夜の部ではスタンディングオベーションで、観客の反応も素敵で、
ミュージカルを愛するひとたちの大きな愛情を見せてもらった気がします

長々と書いちゃいましたね、すいません。
ドンワンにパワーをもらってきたので、
日本コン、ソウルコン、ミュージカルと続く、
サポートの準備にも拍車をかけていきたいと思います
よろしくお願いします。


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト
[ 2017/05/15 16:40 ] Dongwan | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/7087-f468e951