FC2ブログ








ジャケット撮影現場写真を公開!!

ドンワンのミニアルバム「TRACE OF EMOTION
そのジャケット撮影現場の写真が公開されました

[イベント]〈TRACE OF EMOTION〉で帰って来たキムドンワンのカバー撮影現場独占公開!

別れの終わり。消すことのできない痕跡と向かい合う。
キムドンワン。〈TRACE OF EMOTION〉

Album|キムドンワン〈TRACE OF EMOTION〉

ドンワンソロ

消し去ることのできない終わってしまった愛の痕跡。
キムドンワンのミニアルバム〈TRACE OF EMOTION〉

今回のアルバムは〈TRACE OF EMOTION〉とはミニアルバムのタイトルでもわかるように、愛が終わった後に感じなければならなイ、感じるしかないある男の‘感情の痕跡’たちを話した。
別れの後に幸せだった全ての時間たちを後にしたまま、終わりなく感じる‘憂鬱さ(GLOOMY)’と多くの感情の中で寂しく‘ひとりでいる感情(SOLITARY)’をキムドンワンだけの色でうまく表現された正統バラードで全曲を構成した。

加えてこれらの感情の質感を十分に表現するため“GLOOMY”と“SOLITARY”ふたつのバージョンで発売された今回のアルバムは、カバーと内示すべてフィルムカメラで撮影しされ、アナログ方式で投影し解釈するキムドンワンだけのおぼろげさと寂しさをいっぱいに感じることができる。

また、“さようなら、しばらく”、“狂ったように”など別れの後に終わりなく感じ感情の残像の中で閉じ込められた空虚さと喪失感をさらに深く感じられる収録曲たちがいっぱいに詰め込まれた今回のアルバムは‘完璧な悲しさ’に陥りたいリスナーにさらに特別に近づくだろう。

歌手だけではなくミュージカル、ドラマ、芸能など多彩な活動で積み重ねてきたキムドンワンだけの老練美、そして舞台の上で一瞬もおろそかにせず積み重ねてきたボーカル的能力を最大化させた今回のアルバムはそのどのときより引き立つ音楽的成熟したキムドンワンを感じるのに十分だろう。

Special|キムドンワン〈TRACE OF EMOTION〉カバー撮影現場独占公開!

ドンワンソロ

こんにちは!
過ぎた2015年、秋と冬の間に発売したキムドンワンミニアルバム“W”を最後に2年の空白を破り別れた男に狂ったような悲しみを盛ったミニアルバム〈TRACE OF EMOTION〉で‘歌手キムドンワン’が帰ってきた。

ドンワンソロ

ドンワンソロ

今回のアルバムのコンンセプトは‘感情の痕跡’。すなわち別れの後に向かい合う過ぎた感情に対する痕跡たちうを話しています。‘憂鬱さ(GLOOMY)’と‘孤独さ(SOLITARY)’の感情を別のコンセプトと表情で表現した今回のジャケット写真はフォルムカメラで撮影され、アナログで投影し解釈したキムドンワンのGLOOMY(憂鬱さ)とSOLITARY(孤独さ)を感じらることができる!深い感情の表現を違う色で解釈したコンセプトで進行したジャケット撮影現場のビハインドを独占公開する!

ドンワンソロ

魅惑的な雰囲気を威張っているこの男は、まさに2年ぶりに帰って来た歌手キム、ドン、ワン
ミニアルバム〈TRACE OF EMOTION〉の最初のティザーで公開されたGLOOMYコンセプトの撮影から始まりました。古風な感じと重量感がある小物たちでキムドンワンの深いところにある感情を表現する撮影現場です! すでに心臓の打つ音が聞こえてくる。ドキドキ
ドンワンソロ

軽い笑顔の中に感じられる空虚さがおぼろげに感じられるカットです。
全てが完璧に整えられた雰囲気の中ですべてを失った寂しさがいっぱいににじみ出ていますね。

“別れの後に向かい合う感情は‘悲しさ’や‘寂しさ’という単語で表現できないくらい胸が痛い時間の連続でしょう。恋人との別れだけじゃなく愛する人との別れを経験した多くの方々とこのアルバムを一緒に分け合いたいです。”-キムドンワン

ドンワンソロ

撮影小物で使用した赤い花をいじいじ。
いたずらしていても感じられる暖かさ。この雰囲気、実話...?

ドンワンソロ

今回は別れの痛みに疲れた感情を表現するモノクロコンセプト撮影でした。
実際アルバムに掲載された写真たちは後の補正作業でモノクロ効果をつけたといいますね!
ビハインドポストで特別にこうするカラーバージョンです!#雰囲気+日差し_調和_キムドンワン

ドンワンソロ

暖かい日差しも出迎えてくれた撮影現場!
葉と空の青い色が見えモノロで会う写真とはまた違った感じで近づきますね。
清涼感プンプン!

ドンワンソロ

愛する人の空席を感じ瞬間的に憂鬱な感情に陥るまなざしに盛られた真摯な姿に見守っていたスタッフたちも親指を上げます。黒い衣装を着キムドンワンの姿とクラシカルな木の質感が暖かさと交わる場面ですね。

ドンワンソロ

ドンワンソロ

今度はSOLITARYコンセプトの撮影が始まりました!
別れの痛みを忘れるための派手なパーティー。輝く光と騒がし音楽の中でも隠すことができない寂しさを表現するキムドンワン!ユニークではつらつとした小物たちとひとり残された姿が寂しく見えます。

ドンワンソロ

パーティーと別れの組み合わせ。異質なふたつの状況を違う色に解いたSOLITARYのメインコンセプト。
なんとなく可愛い感じが出るの気のせいでしょうか?#デンボタンの時間は逆に行く

ドンワンソロ

ワンシーン、ワンシーン、繊細な表情と眼差しに女心が溶け出します。
どんな小物もなしに美しく純粋な感じで一人の男の孤独を見せてくれる場面ですね。
白いシャツとおぼろげな雰囲気まで。目の浄化♡

ドンワンソロ

リンゴを向いているワラビのような手。なぜかオンマミソ^_^

ドンワンソロ

〈TRACE OF EMOTION〉のタイトル曲‘別れたのだろうか’の音楽が流れる撮影現場で、さらに言うまでもなく完璧な感情移入を見せてくれたキムドンワン。眼差しと表情、指先ひとつひとつ、見逃せない瞬間の連続でした。

今回のアルバムを準備しながらそれぞれの曲ごとに含まれる意味とストーリーをジャケット写真に込め、繊細な表情のために心血を傾けたジャケット撮影!キムドンワンの真剣さと重みを感じる撮影現場でした!

2年ぶりに帰って来た‘ソロ歌手キムドンワン’のミニアルバム〈TRACE OF EMOTION〉。たくさん愛してください♡

【Naver ポスト】

*かなり意訳が含まれます。ご了承ください。

とにかく写真が素敵すぎますね
屈託のない笑顔も大好きですけど、憂いの表情とか、
ドンワンにしか出せない色があるとすごく感じる写真ですね

アルバムのジャケット見るのが楽しみです


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2017/11/16 16:32 ] Dongwan | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/7541-bb902951