FC2ブログ








神話が作った、本物の神話!

シナの20周年まで、あと2日と迫りました
20周年関連の記事が上がってきています

[イシュー+]‘20周年’神話が作った本物の神話

シナ
今年でデビュー20周年迎えた神話

グループ神話が20周年を迎えた。国内で現存するアイドル歌手では唯一、着実にチームの活動を広げて現役で20周年を送ることになった。数多くの後輩アイドルグループのロールモデルとして数えられ、その名の通り神話は国内歌謡界で「神話」を作った。

神話が歌謡界に登場した1998年。アイドル企画会社の名家に挙げられるSMエンターテイメントでH.O.T.とS.E.Sに続き、企画したグループとデビューの時から大きな注目を浴びた。当時のアイドルは、社会問題を語り「悪童」コンセプトである場合が多かった。神話も人間性を失って貧困に苦しむ社会に問題提起をする「解決士」でデビューし、このようなストーリーテリングは、2集の「Yo!(悪童報告書)」につながった。同じ事務所のH.O.T.が解体するまで、着実に社会問題を扱った歌をタイトルに掲げたのとは異なり、神話は2集 「T.O.P」から愛を歌う成熟した男に画像メイキングをした。 3集「オンリーワン」では、ジャケットを軽く下ろす動作を振り付けに加味したが、この時から神話は成熟してセクシーな男性美を代表するグループになった。

デビューをすれば誰でも10周年、20周年、30周年になる。それでも神話に特に拍手を送ってあげたい理由は、軍服務のほか明確な空白のない活動をして20周年を迎えたからだ。デビュー以来ほぼ毎年新しいアルバムを出し、SMエンターテイメントを離れた後も、神話カンパニーを設立して別にまた一緒に活動を続けてきた。このように神話を守ろうとするメンバーたちの努力のおかげで、ファンと神話の間には強い信頼が積もって、熱愛や結婚などメンバーたちの問題にも大きく揺れず活動を続けることができるようになった。

もちろん神話をめぐる否定的な問題が全くなかったわけではない。 2001年、メンバーのエンディが個人的な事情で4集 「Hey Come On」の活動から抜け神話は一度危機を迎えた。次のアルバムから再びエンディが合流したものの、その1年余りの時間は神話とファンの両方に大変な時期だった。以後エンディはある放送に出演して「神話4集活動当時、私は一人1年余りの間の空白期を持った」とし「メンバーたちがあまりにも忙しく連絡をとるのも苦労し、悩んだ末に私は神話から抜けようと決心した。最後だと思って神話のファンミーティングの席に立ったが、メンバーたちが泣きながら離れるなと捕獲された」と告白した。

神話は歌謡界はもちろん、いち早く芸能界で定着したグループでもある。神話の活動初期だけでも多くのアイドルグループは「神秘主義」を固守し、アルバムとアルバムの間に1年以上の空白期を持ったが、神話はいち早く芸能界に足を踏み入れ大衆との距離を縮めた。メンバーチョンジンは、2008年から2009年までの約1年間、MBC芸能番組「無限に挑戦」で固定的に活躍したほど芸能で頭角を見せた。他のメンバーたちの芸能感覚ももれなく良く、過去2013年からJTBCで「神話放送 - 神話が見つかった小さな神話」というグループ名を掲げた芸能プログラムを進行した。神話の活動のほか、演技者としても着実にフィルモグラフィーを積んでいるエリックもtvN「三食ごはん」編に出演して芸能でも新しいキャラクターを作った。

シナ
神話20周年記念ファンパーティーポスター

神話が大きな浮き沈みなく長生きすることができたのは、このようにメンバーそれぞれが自分だけの活動の領域を持ち、これを神話の活動と並行したからだ。いくら気が合う仲であっても、チームとして団結して活動していると、お互いの意見が異なり衝突することもあり、神話は演技、芸能、ソロなど、自分だけの領域をお互い認めて、お互いの利害関係が衝突することが少なかった。最近、多くのアイドルグループがしようとする「別にまた一緒に」戦略は、このような神話の成功事例があったから可能だった言っても過言ではない。

神話は24日からの二日間、ソウルオリンピック公園SKハンドボール競技場でデビュー20周年を記念するファンパーティー「SHINHWA TWENTY FANPARTY‘All Your Dreams’」を開催する。 2000年当時、神話メンバー全員が出演したドラマタイズ形式の「All Your Dreams」のミュージックビデオをそのまま再演したリメイク版が現場で公開され、パフォーマンスも初公開される。毎年デビュー記念日である3月24日にコンサートでファンと会った神話は、今年は「ファンパーティー」というタイトルを掲げ、ファンとより近くで疎通すると覚悟を決めている。

【韓国スポーツ経済 2018.3.22】

ファンはわかっている、感じていることだけど、
活字にしてもらって、ファンではない方々にも知ってもらえるって、
ありがたいなぁと思います。

なんでこんな記事書くの!とワナワナすることもあるけど、
20周年なので良い記事、たくさんお願いしますね
スポンサーサイト



[ 2018/03/22 12:09 ] SHINHWA | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/7854-4124e0a9