FC2ブログ








「会社に行きたくない」第2話(ネタバレ)

昨日の「会社に行きたくない」第2話は、
ふたりの神経戦が面白かったので、その記事をご紹介

[RE:テレビ]‘会社に行きたくない’キャリアウーマンのハン·スヨン、キム·ドンワンと"殺伐とした神経戦"

会社に行きたくない

‘会社に行きたくない’キャリアウーマン、ハン・スヨンが登場した。

この16日午後放送されたKBS 2TVの火曜ドラマ‘会社に行きたくない’ではM文庫ユン・ヒス(ハン・スヨン)がハンダースを訪れた。 次長のカン·ベコ(キムドンワン)とプロジェクトを共にすることになったが、殺伐とした神経戦が繰り広げられた。

ユン・ヒスはトレンドをリードする並外れた感覚と優れた業務能力を持つ人物。 彼女はハンダースの事務室に現われ、雰囲気を落とした。 “新しいプロジェクトがあって提案のためハンダースに来るようになった。 雰囲気は月並み。この表目からノーマルで特に大したことも”と第一印象を語っている。

ユン・ヒスは強いキャリアウーマンだった。過去、同僚の不当解雇には、上司の前でジャケットを脱ぎ捨てた。 “すぐに復職させて。そうでなければここで寝泊りし、全部ここでする”と言って横になった。 飲み会で最後まで生き残ることでも有名だった。

彼女はハンダースに“ブランドランチン"という大きなプロジェクトを提案した。 カン·ベコとの神経戦が目を引いた。意見の食い違いが続くと、ユン·ヒスは“否定的で熱情的な人だと聞いたが、合っているよう”とし“チャンスをつかむか、それともチャレンジしないのか、あきらめるか決めなさい”と余裕を持って話した。

これに対しカン·ベコは役員の言葉を思い出した。 彼は“ユン・ヒスチーム長がキーマンだ。すべてその女性次第だ。 何とかしてユンチーム長を取り込みなさい。とりあえず、プロジェクトを成功させて、残りの問題はその次に考えよう”と語ったのだ。

しかしカン·ベコは不便さを露にした。 “正直、ここまで関与されると負担になる。後から陰口が出る可能性もある”と述べた。

にもかかわらず、会議はユン・ヒスの主導で行われた。 彼女はイ·ユジンの企画案を見て“本当に几帳面に整理が上手。 整理が上手なのに、何でこんなことになったのか。 フォーマットに埋もれる。ハンダースのフォーマットではないか"と訪ねた。 続いて“ハンダースが見えない。人々が考えるハンダースのイメージが企画案を展開した瞬間、すぐ飛び出すべきなのに、そうじゃない”と指摘した。

ノ・ジウォンの企画案には満足していた。 “これで行こう”と直ちに決定を下した。 するとカン·ベコは“まだ整理できていない。 形式に合わせてやり直す”と述べた。 ユン・ヒスは“それを待っていたら仕事ができない”と反論した。

カン・ベコは“こんなに自分勝手に運べば私も仕事ができない”と答えた。 するとユン・·ヒスは“ローマに来たらローマの法に従えというのか。 法が低質でも?わかった”と笑った。また、“ハンダースはいつもこうやっているようだ。 硬直した組織文化の中で輝く人材も光を失いかねない”と述べ、カン·ベコを刺激した。

実は二人は‘初対面’ではなく、先輩・後輩の間柄だった。 ユン・ヒスがカン・ベコに“ブルドーザーのように推し進めることも良いがたまには周囲の人々にも気を配らなければならないのではないか”と本音を明かし、これからの二人の関係にも注目が集まっている。 ‘会社に行きたくない’は毎週火曜日午後11時10分放送される。
【news1 201904.17】

このやり取りのシーンが緊張感あってよかったです
ハンダースの営業企画部で、カン次長がどんな風に
この問題を乗り越えて、職員をまとめて進んでいくのか、
リアルオフィスドラマなので、夢のような解決じゃなく、
現実的なラストへ向かっていくのか、楽しみです


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2019/04/17 16:12 ] 会社に行きたくない | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/8725-e7b3577d