FC2ブログ








ドンワン、パンソリ時代劇「歌い手」出演確定!

先日ニュースが出た映画出演、確定記事が出ました
ドンワンは朝鮮時代後期のパンソリ時代劇に挑みます。

神話のキムドンワン、パンソリ時代劇映画‘歌い手’出演…イ・ユリと呼吸[公式立場]

ドンワン

歌手兼俳優のキムドンワンが朝鮮後期を背景とするパンソリ時代劇映画‘歌い手’に出演を確定して注目を集めている。

キムドンワンが出演を確定した映画‘歌い手’は朝鮮時代を背景にしたパンソリ時代劇映画で賤民の身分を持った歌い手たちが朝鮮八道を歩き回りながら、味わわされる悲しさと痛みを描いた映画だ。

映画‘歌い手’でキムドンワンはパンソリ組一団役演じ、歌い手が朝鮮で暮らし経験した恨みを解消する過程とともに、収奪によって疲弊した民たちを慰労し、道の上で会った仲間と一つになる様子を盛り込む予定だ。

2004年、映画‘回し蹴り’としてスクリーンにデビューしたキムドンワンはこれまで‘ヨンガシ’、‘グローリーデー’など、多数の作品を消化しながらキャラクターの魅力を完璧に溶かして出し、着実に活動をしてきただけに映画‘歌い手’を通じて見せてくれる時代劇の演技に対する観客たちの期待感が高まっている。

それだけでなく、ドラマ‘天国の子供たち’を皮切りに、‘悲しみよ、さようなら’、‘愛する人よ’、‘頑張れ、ミスターキム’、‘会社に行きたくない’などに出演し、果てしない演技スペクトルを築いてきたキムドンワンは2011年時代劇‘絶頂’で詩人、名文家、独立運動家の役割を完璧に消化したことがあり、‘歌い手’ではまたどのような魅力で観客らの耳目を集めるか、その帰趨が注目される。

これにキムドンワンは“チョ・ジョンレ監督の意味のある作品を一緒にできて非常に光栄だ”そして“劇中の歌い手たちとの演技の和に向けて個人的に音と鼓法(パンソリの太鼓の打方)だけでなく、書道を学びながら真正性のある演技をお見しようと努力している。多くの期待と関心をお願いする”と伝えた。

映画‘歌い手’は今年9月クランクインし、来年上半期に公開される予定だ。

【エクスポーツ 2019.08.13】

ドンワンのスケジュールが確定しましたね
9月にクランクインと言うことで、
これから本格的な準備と撮影に入っていきますね。
まだまた暑い日が続くと思うので、まずは体調管理
ドンワンのことですから大丈夫と思いますが、
入り込みすぎて体ボロボロってこともよくあるし、
健康第一で頑張ってください


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2019/08/13 12:14 ] Dongwan | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/9045-3edeb76f