FC2ブログ








エリック、新ドラマ台本読み現場!!

水面下では色々と現場の写真など上げってましたが、
オープンになったのは、これが初めてですかね?
エリックの新ドラマユビョルナ・ムンシェフ」の
台本読みの現場が公開されました

「ユビョルナ・ムンシェフ」エリック、コ・ウォニの台本リーディング現場公開、「甘辛いロマンス」が来る

エリック

「ユビョルナ・ムンシェフ」台本リーディング現場が公開された。

来る3月に放送されるチャンネルAの新しいミニシリーズ癒しのロマンス「ユビョルナ・ムンシェフ」((脚本チョン・ユリ、キム・ギョンス/演出チェ・ドフン、チョン・ホンス/制作ストーリーネットワークス、グロービックエンターテインメント)は星が多くて月が明るいソハ村で記憶を失い、とんでもないトラブルメーカーに転落した世界的なファッションデザイナーのユ・ベラが、スターシェフのムン・スンモと出会い、成長と愛、成功をなしていくヒーリングロマンチックコメディドラマだ。

この日の台本リーディング現場には「ユビョルナ・ムンシェフ」を引っ張っていく主役たちが一堂に会した。 チェ・ドフン監督とチョン・ユリ、キム・ギョンス作家をはじめ、劇の中心軸を成すエリック(ムン・スンモ役)、コ・ウォニ(ユ・ベラ役)はもちろん、チャ・ジョンウォン(イム・ヒョナ役)、チャン・ジェホ(カン・ジュンス役)、アン・ネサン(イム・チョルヨン役)、キル・ヘヨン(チャン・ソンヨン役)、チェ・グァンジェ(パン・ダフン役)、チュ・ジョンヒョク(チェ・ゴヌ役)、イ・スンヨン(ハン・ミヨン役)、チャ・チョンファ(ピ・ゴンソク役)、ソン・ヨンジェ(ポンドゥハルベ役)、コ・ドヨン(ソラ役)などが出席し、愉快で和気あいあいとした雰囲気を演出した。

まず、あいさつに立ったチェ・ドフン監督は、「このように良い方々と共にする作品の演出を担当できて光栄だ。 普通、ドラマが題名についていくという話があるように、甘辛いロマンス『ユビョルナ・ムンシェフ』というタイトル通り、甘辛く、また星のように月のように明るく輝くドラマになるよう努力する」と伝え、現場の雰囲気を盛り上げた。

以後、本格的にシナリオリーディングが始まると、俳優たちはこれまでの練習過程を証明するかのように、それぞれのキャラクターに完璧に溶け込み、驚くべきシンクロ率を見せた。 また、初呼吸にもかかわらず、リーディングだけでも愉快で目を引くケミを醸し出し、作品への期待感を一層高めた。

劇中、韓国料理のポップアップレストランのスターシェフ、ムン・スンモ役を演じるエリックは、期待を裏切らないキャラクターの消化力と演技力で注目を集めた。 特に繊細な感情表現で‘ロコ職人’らしさを遺憾なく発揮し現場の拍手を受けた。

‘ベラ’という活動名の世界的なファッションデザイナーであり、事故後、ソハ村のトラブルに巻き込まれるユ・ユジンに変身したコ・ウォニは、立体的なキャラクターを完ぺきに描き感嘆を誘った。 シニカルなデザイナーととんでもないトラブルメーカーを行き来する卓越したセリフのトーンと表情演技で、多彩な彼女ならではの魅力を現わした。

また、チャ・ジョンウォンは欲望に捕らわれたデザイナーであり、 ‘ベラ’に対する憧れと劣等感を持ったイム・ヒョナ役を演じ、キャラクターが丸見えの台詞を美味しく演じ視線を捕らえた。 チャン・ジェホは自信に満ちているが胸の片隅に長い間復讐心を持っている会社代表のカン・ジュンス役で安定的な演技力を思う存分披露した。 ここにアン・ネサン、キル・ヘヨンなど‘名品演技’という修飾語が似合うベテラン俳優の演技が加わり、シナリオリーディングだけでも作品に対する期待を高まらせた。 来る3月に初放送。

【Newsen 2020.01.13】

「짭쪼ロマンス」と言う言葉が何度か出てくるんですが、
どう訳していいのか、私の頭では・・・
翻訳記事など出たら、もっといい言葉に変更したいと思います。

いい写真ですね~、いい顔してますね~
エリックの得意分野、ロコドラマです
またオ・ヘヨン」の後はバラエティで活躍して、
久しぶりに俳優エリックに会えるのはすごく楽しみ
3月の初放送、楽しみに待ってます


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2020/01/13 11:45 ] ユビョルナ・ムンシェフ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/9489-cf5757d9