FC2ブログ








ドンワン、コロナ19感染予防の参考に!!

今日のドンワンのインスタもお役立ち情

ドンワンインスタ
ドンワンインスタ
ドンワンインスタ
蔚山医学部のチュ·チョルヒョン教授の文章です。

ウイルスを理解し予防法を探すのに
助けになりそうで共有します。
原文が字数制限にかかって
一部抜粋した内容を載せます。
原文は検索で簡単に見つけることができます。

#蔚山医科大学 #チュ・チョンヒョル教授 #微生物学教室

【キムドンワン instagramより】

*本文訳
「迅速かつ広範囲に検査を実施している我が国の資料を見ると、致死率は約1%以下になるものとみられ、統制がうまくいく場合は0.5%以下になると予測されます。インフルエンザの致死率より少し高い水準でしょ。SARSの場合死亡率7%、MARSの場合34%だったことを見ればとても低い致死率です。このように感染率と致死率が反比例関係にあるのは宿主間の直接伝染のみ可能と言ウイルスの特徴のせいです。AMRSの場合は致死率が非常に高かったがそれだけ感染者の日常生活に制限が加わるため伝染りにくいです。しかし今度もCOVID-19の場合、一般的な風邪のように過ごす人も多いせいで感染が容易という特性を持つようになります。
確診(確定診断)はいま大部分のウイルスたちのようにRT-PCRを基盤でしています。この技法は早くて正確ですが、あまりにも敏感でウイルスの増殖がなくなっても、一定期間、遺伝子の欠片は残っている可能性があるため、陰性判定には時間がかかることを考慮しなければなりません。つまりRT-RCR陽性だからと言ってすべて感染が可能な状況ではないと言うことです。臨床的には画像医学的様相の確認が予後を決定する重要な要因であり、診断的価値が高いと評価されています。
マスクだけを考える場合が多いですがコロナの場合、手を通じた分泌物の接触がもっと重要です。特に病院ではトイレなどの取っ手が主な感染源となります。手を洗っても出るときに汚染された取っ手を触ったら意味がないでしょう。したがって病院のトイレは智取っ手がない押す形のドアが良いし、構造的に可能ならば初めからドアがないんはもっといいです。感染力が高い飛沫が一番大きな特徴な今度のCOVID-19の場合はお互い向かい合って話したり食事や会食をすることは危険です。手で顔を触らない習慣と共に手を随時洗ってあげることも重要で、リン脂質の殻を持つウイルスなので、特別な手指の消毒剤を使わなくても、界面活性剤の石鹸だけで十分効果的です。」

手からの感染を防ぐことが重要だと言う話ですね。
日本のニュースを見ていても、マスクはもちろん、
手をしっかり洗うことで感染リスクを下げるという話は
毎日聞きますが、病院のトイレのドアとは思いませんでしたね。

例年この時期になるとインフルエンザ
ウイルス性胃腸炎なんかが流行るから、
毎年、特にた手洗いうがいに気を使う時期でもありますね。
今年は新型コロナウィルスの感染予防のおかげで、
例年今がピークのインフルエンザが少ない傾向にあるそうです。
感染予防、みんなやればできる子ですね

自分にできる予防をしっかりして、
少しでも感染のリスクを抑えたいと思います。


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2020/02/29 00:08 ] ドンワンinstagram | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/9640-e0f7a4b8