FC2ブログ








「ユビョルナ!ムンシェフ」第12話

昨日放送の「ユビョルナ!ムンシェフ」第12話。
イム代表が怖すぎる ムンシェフ、頑張って





























イム代表が怖すぎるの一言につきる第12話です。
ベラの名をとるか、ソハ村をとるか脅されたユジン(ベラ)は
村を守るためのインタビューで自分はベラではないと嘘を。
カン代表のオモニはイム代表の悪事を世間に知らせる、
最大のチャンスを失ったことの怒りくるい、
ユジンはチャンマダムに元も去ります。

ユジンは自分の父親でもある、カン代表のお父さんの
遺骨の会いに行き、カン代表と別れの挨拶を。
それを知ったスンムが旅立とうとするユジンを捕まえて。
スンモの告白に心動かされたユジンは一緒にソハ村に。
そこにはユジンを心配し、待っている人たちがいました。

イム代表にすべてを奪われたカン代表のオンマ。
息子の身を案じて、イム代表から手を引くようにと、
20年前にカン代表の父親とユジンの母親が死んだ事故は
事故に見せかけて、イム代表が殺したと告白。
カン代表はチャンマダムと組んでイム代表の
悪事の証拠を手に入れて復讐に乗り出す。

ソハ村で新たな生活を始めようとした矢先、
スンモの店にイム代表が訪ねてきて・・・

まさか、このタイミングでイム代表がソハ村に来るとは。
もう、恐怖でしかないです、この人。
欲心のためなら何でもできちゃう人、怖すぎる。
スンモにも危険が及ぶんじゃんないかと心配。
そこまでして会長になりたいのかな。。。

スンモとユジン(ベラ)、やっと一緒に
空港でパスポートをがばって掴むシーンとか、
小指にしてた指輪をユジンに返すシーンとか、
ソハ村に向かう途中、不安そうなユジンの手を握るシーンとか。
スンモの手から、ユジンへの思いが伝わるようで、
手だけのワンカットがとっても印象に残りました

カン代表がユジンのことを「ヌナ」と呼ぶシーンも、
親同士のわだかまりを引きずらないふたりが
とってもいい姉弟に見えましたね。

残りが4話となった「ユビョルナ!ムンシェフ
ヒーリングラブコメディと思ってましたが、
緊張感のあるシリアスな感じになってきました
悪い奴をやっつけて、みんなが笑顔で終われる、
そんな最後になることを熱望します


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2020/05/03 23:23 ] ユビョルナ・ムンシェフ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/9834-818bbebe