FC2ブログ








愉快な「没落両班」キムドンワン

映画「ソリクン」で没落の両班を演じたドンワン
愉快な演技の一方でドンワンらしいストイックさ

「ソリクン」、愉快なキムドンワンの新しい顔

ソリクン

ソリクン

ミュージカル映画「ソリクン」(チョ・ジョンレ監督)がキムドンワンのコミカルな姿のスチールを公開した。

「ソリクン」では久しぶりにスクリーンに戻ってきたキムドンワンの愉快な姿が見られる。 歌手神話でデビューし、芸能界で23年目のキムドンワンは、「視線の間」、「グローリーデイ」などの映画に出演し、活動領域を広げてきた。 キムドンワンは今回の作品「ソリクン」で両班の身なりをしているが一文無しで、妻を探しているハッキュ(イ・ボングン)に出会い、一緒に八道をさ迷うようになる人物を演じる。 パンソリ一座と調和した没落両班がどんな楽しみとカタルシスを提供するのか気になる。

一緒に演技したハッキュ役のイ・ボングンは「キムドンワンは緻密な計算の下で演技をする俳優のようだ」と表現した。 パンソリ一座の長短ジェムのデボンを演じるパク・チョルミンは、「没落両班とキムドンワンのキャラクターがよく調和し、人生のキャラクターになるのではないか」と期待を膨らませた。

キムドンワンは、映画の中のチュイムセを入れるワンシーンのためにパンソリを学び、手紙を残す筆を取るシーンのために書道を学ぶなど、キャラクター消化のために努力を惜しまなかったという。

「ソリクン」は7月1日に観客に会う予定だ。

【日刊スポーツ 2020.06.16】

このハチから逃げる姿が、ドンワンなのか両班なのか(笑)
この演技は普段からハチと鬼ごっこしてないとできません

パンソリを学んで、書道も学んで、
役に対してストイックなドンワンらしいお話も
新しいことに興味を持って楽しめるドンワンを見習いたいです


さらんはぬん Dongwan
スポンサーサイト



[ 2020/06/16 22:57 ] ソリクン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dongwan1121.blog69.fc2.com/tb.php/9993-e44a2138